カテゴリー別アーカイブ: 日記

平織カラー麻襦袢

山形では朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだ汗ばむ陽気が続いています。
10月からは袷の季節となりますが実際にはまだ暑すぎて、錦紗の長襦袢なども
着られそうにありません。
そんな中、今の時期麻は麻でも平織の色物襦袢が人気を集めています。


夏用の絽や紋紗の麻襦袢のように真っ白ではないことから、チラリと見えた時の違和感がありません。そして麻ですから簡単に洗濯機で洗うことができます。
私も今回は薄い藤色を誂えようかと考えています。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

鈴虫

山形では朝晩涼しくなってきました。
さてこのたび七日町御殿堰のお蔵の前、シラカシの木の周りに鈴虫が1000匹ほど放されました。

「リーン」「リーン」という大合唱!楽しめるのは今の時期だけです。
鈴虫の澄んだ鳴き声を聞きに七日町御殿堰にいらっしゃいませんか?

 

山形の夏

連日の猛暑。皆さまいかがお過ごしですか?
6月にご紹介した七日町御殿堰のライブドローイングの第二弾が、昨日から3日間行われています。照り返しもある暑さの中での作業。作家さんは汗だくで大変ですが、せせらぎと四季の移り変わりが感じられる夢のある空間を多くの方に楽しんでいただきたいと思います。


今日はサマーフェスティバル。そして明日からは花笠まつりで多くの方が七日町を訪れます。山形の夏をどうぞお楽しみください。

 

御殿堰ライブドローイング

山形はさくらんぼと紅花の季節になりました。


七日町御殿堰の南側は、現在再開発事業に伴う建設工事が行われていて白い大きな
仮囲いが設置されています。
この仮囲いにせせらぎと四季の移り変わりを表現するライブドローイング。
小国町在住の画家吉田真理さんが、御殿堰を街行く人々の憩える空間にすべく
これから10月まで制作していく予定です。
どんな素敵な空間が出来上がるのか楽しみです。

 

 

 

夏に向けて

皆さま、長い連休はいかがお過ごしでしたか?
七日町御殿堰は開業9周年のイベントもあり、連日大にぎわいでした。
お客様に書いていただいた短冊の鯉のぼり。日に日に増えて200匹!
堰の上で気持ちよさそうに泳いでいました。

さて気温も上がってきて、そろそろ単衣の季節ですね。
新作のゆかたも入荷済です。
一足早く、夏物・ゆかたを見にいらっしゃいませんか?

 

御殿堰九周年

いつのまにか桜から新緑の季節へと進んでいます。
どうやら今回が平成最後のブログとなりそうです。
ちょうど今月末で水の町屋七日町御殿堰は開街九周年を迎えます。

 




この連休中は楽しい企画を用意して皆様のお越しをお待ちしております。
願い事を書いた200匹の鯉を堰に泳がせましょう!

春よ来い

年が明けて最初のブログになります。
今年はもう少し頻繁に更新できたらいいなと思っております。
どうぞよろしくお願いいたします。
2日から初売。そして10日には山形市恒例の初市とずっと営業を続けておりましたが、昨日は久しぶりの定休日で映画を観てちょっとリフレッシュいたしました。
一日休んで店に出てみると、一週間前に固い蕾だった啓翁桜が満開になっていました。
暖冬とはいえこのように寒い時期に健気に咲く桜を眺めていると、春を待ちわびる気持ちが募っていきます。暖かい春が待ち遠しいですね。

年の瀬


早いもので今年も残りわずかとなりました。
暖冬で雪のない師走でしたが、ここにきて寒波が押しよせてきたようです。
七日町御殿堰は柳の葉も刈り落され、堰の水も少なくなり、ちょっと寂しい冬景色となっています。
おまけに先月からは南側に隣接するビルの解体工事も始まり、いつもの風情がなくなっているのが残念です。南側の開発の完成は2年後の春。マンションと商業施設が出来る予定です。
御殿堰周辺がさらに賑わうようになってくれると嬉しいものです。

 


 

本年も結城屋のHPをお読みくださりありがとうございました。
また来年もよろしくお願い申し上げます。

 

 

実りの秋

そろそろ新米の季節ですね。
昨日七日町御殿堰では新米の天日干しが行われ、
山形市柏倉地区で刈り取った稲が、町屋二階の手すりに並べられました。
秋らしい風景ですね。
20日(土)にはここで脱穀・籾摺り・精米をいたします。
参加無料ですので、よろしかったら新米づくりを体験してみませんか?
できたお米は水の町屋のお店で使われる他、こども食堂にも
提供されるということです。
皆様のご参加をお待ちしております。