okami のすべての投稿

御殿堰ライブドローイング 完成!!

御殿堰の南側で行われている工事現場を囲う白い塀に、小国町在住の画家吉田真理さんが絵を描くライブドローイング。


6月から行われてきましたが、その第三弾。春~夏~秋~冬の四季の情景が見事に描かれ完成しました。水が流れ、植物が咲き、自然豊かな四季の移ろいが明るいタッチで描かれれいます。

 

 

 
見ていてとても気持ちのいい絵です。
工事が終わるまで1年半の間、この四季の絵が眺められます。
写真スポットとしてもオススメです。

平織カラー麻襦袢

山形では朝晩は涼しくなりましたが、日中はまだ汗ばむ陽気が続いています。
10月からは袷の季節となりますが実際にはまだ暑すぎて、錦紗の長襦袢なども
着られそうにありません。
そんな中、今の時期麻は麻でも平織の色物襦袢が人気を集めています。


夏用の絽や紋紗の麻襦袢のように真っ白ではないことから、チラリと見えた時の違和感がありません。そして麻ですから簡単に洗濯機で洗うことができます。
私も今回は薄い藤色を誂えようかと考えています。
ご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。

鈴虫

山形では朝晩涼しくなってきました。
さてこのたび七日町御殿堰のお蔵の前、シラカシの木の周りに鈴虫が1000匹ほど放されました。

「リーン」「リーン」という大合唱!楽しめるのは今の時期だけです。
鈴虫の澄んだ鳴き声を聞きに七日町御殿堰にいらっしゃいませんか?

 

山形の夏

連日の猛暑。皆さまいかがお過ごしですか?
6月にご紹介した七日町御殿堰のライブドローイングの第二弾が、昨日から3日間行われています。照り返しもある暑さの中での作業。作家さんは汗だくで大変ですが、せせらぎと四季の移り変わりが感じられる夢のある空間を多くの方に楽しんでいただきたいと思います。


今日はサマーフェスティバル。そして明日からは花笠まつりで多くの方が七日町を訪れます。山形の夏をどうぞお楽しみください。

 

7月1日付 山形新聞

「これぞ老舗」のコーナーに結城屋が掲載されました。
その後、連日多くの方々からお電話やお葉書を頂戴いたしました。
ありがとうございました。
これからも頑張って呉服の伝統を守って行きたいと思っておりますのでよろしくお願い致します。

御殿堰ライブドローイング

山形はさくらんぼと紅花の季節になりました。


七日町御殿堰の南側は、現在再開発事業に伴う建設工事が行われていて白い大きな
仮囲いが設置されています。
この仮囲いにせせらぎと四季の移り変わりを表現するライブドローイング。
小国町在住の画家吉田真理さんが、御殿堰を街行く人々の憩える空間にすべく
これから10月まで制作していく予定です。
どんな素敵な空間が出来上がるのか楽しみです。

 

 

 

夏に向けて

皆さま、長い連休はいかがお過ごしでしたか?
七日町御殿堰は開業9周年のイベントもあり、連日大にぎわいでした。
お客様に書いていただいた短冊の鯉のぼり。日に日に増えて200匹!
堰の上で気持ちよさそうに泳いでいました。

さて気温も上がってきて、そろそろ単衣の季節ですね。
新作のゆかたも入荷済です。
一足早く、夏物・ゆかたを見にいらっしゃいませんか?

 

御殿堰九周年

いつのまにか桜から新緑の季節へと進んでいます。
どうやら今回が平成最後のブログとなりそうです。
ちょうど今月末で水の町屋七日町御殿堰は開街九周年を迎えます。

 




この連休中は楽しい企画を用意して皆様のお越しをお待ちしております。
願い事を書いた200匹の鯉を堰に泳がせましょう!

「江戸小紋展」開催のお知らせ

幅広い着こなしが楽しめる江戸小紋。
今回結城屋には捺染ではなく、伊勢型紙を用いて職人が丁寧に染めた江戸小紋の
逸品が揃いました。
「鮫」「行儀」「通し」など江戸小紋三役のほかにも、「菊に桐」「宝尽くし」などの
古典柄。「厄おろし」など機知に富んだしゃれ柄なども展示いたします。
ほのぼのとした温かみと味わいのある江戸小紋。帯合わせがしやすいので、
さまざまなシーンで着用ができコーディネイトがお楽しみいただけます。
25日まで展示中です。江戸小紋の魅力をご堪能ください。