カテゴリー別アーカイブ: 今日の逸品

Ⅶ-ⅻ 着物との本当の付き合い方とは

着物を取り巻く環境は日に日に厳しくなっている。着物の需要が減少し、業界が急激に萎んでいる、と言った我々の商売上の話だけではない。「日本の着物」が我々日本人から日に日に遠ざかっていると感じているのは私だけだろうか。

私の店のお客様に限らず着物が話題になると皆口をそろえたように、「着物は高いから」「一人で着られないから」「着るのが大変で」「いちいち髪もセットアップしなければならないから」「メンテナンスが大変でしょ」等々、着物を敬遠する言葉がゾロゾロと出てくる。

毎日のように着物を着ている人はほとんどいなくなった。私の母も女房も毎日着物を着ているが、「呉服屋さんだからでしょ」の一言で片づけられ特別な存在に見られてしまう。呉服屋や旅館の女将さんなど、必然的に着物を着る人以外の言わば一般人が毎日着物を着ていると、変人扱いされるか、または着物の業界で英雄視されるといった現象まで見受けられる。

着物は日本人にとって全く特別な衣装となってしまった感がある。日本人は昔から皆が着物を着てきた。江戸時代や室町時代とは言わずとも、ほぼ現代の着物の形ができた明治から大正、昭和の初めにかけて日本人は、ほぼ全員が着物を着ていた。

次第に洋服が着られるようになったが、初めは洋装の人をモボ、やモガと言ってむしろ特別視していた。戦後、急速に洋装化が進み現在に至っている。洋装と和装の立場が逆転したのである。

衣装に限らず西洋化は日本の一つの方向性として明治以後勧められてきた。

料理も洋食が生活の中に次第に入り込んできた。とは言っても戦前までは洋食を出す店は少なく洋食を食べるのは庶民の憧れだったという話も聞く。しかし、戦後急速に洋食は日本の食卓に入ってくる。食糧不足の日本にGHQがパン食を勧めたのは、アメリカが後々小麦を日本に輸出する為の地政学的政策だったともいわれているが、それが真実かどうかにかかわらずパン食は日本人の生活に溶け込んでいる。

更に、スパゲッティーやハンバーガーなど昔は日本人が口にしなかった食べ物が幅を利かせるようになっている。料理、食品も着物と同じように西洋化が進んでいるとも解されるけれども、両者は根本的なところで違っている。

確かに現代日本の食品事情を見るに、和食の占める割合は少なくなっている。しかし、いくら和食が少なくなっていると言えども、決して和食は否定されてはいない。否定されるどころか、高級な料亭や料理店は繁盛している。進んで和食を学ぼうとする人もいる。

ハンバーガーが好きだ、イタ飯が好きだ、ステーキが好きだと言っても和食を食べない人はいないだろう。現代日本において和食と洋食、また中華料理やその他の料理も見事に共存していると言える。これから先、ハンバーガーチェーンがいかに売り上げを伸ばそうとも和食がなくなることはあり得ない。

日本人は和食の他にも様々な料理を食べ、幸せな食生活を享受している。

しかるに、翻って着物の世界を見ると、日本の着物は洋服に一方的に駆逐されている。何故こうなってしまったのだろう。和食も洋食も食べるように、着物も洋服も両方のファッションを楽む、と言う事にならなかったのはなぜなのか。一体何が違うのだろう。

ちょっと割り込み

 いつも「ゆうきくんの言いたい放題」をお読みいただきましてありがとうございます。「古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その3)」をお読みいただいている途中ですが、お知らせがあり割り込ませていただきます。
 当ホームぺージは、「全日本きもの研究会」として2001年に立ち上げ、途中改変しながら今日に至っています。たくさんの方にお読みいただき、「ゆうきくんの質問箱」は520回を数えました。
 当初、商品の販売を目的として開設しましたが、「きもの春秋」「きもの博物館」をはじめとしたコラムの充実を図った事と、諸条件によりWEB上での商品の販売を停止しておりました。
 諸条件と言いますのは、WEB上でのきものの販売が乱立し、掲載した商品が正当な判断の基に委ねられるのかの疑問が生じたからです。
 全国の着物のサイトには沢山の商品が掲載されています。価格も様々です。着物の価格決定が不透明なことは既に述べたところですが、当社では仕入れにより(浮き貸しではなく)安く仕入れ、消費者にも適正な安い価格での提供に努めています。ほとんどの着物は、見ればだいたい原価がいくら位かは見分けがつきますが、WEB上には「何故こんなに安く」と思われる商品から、「こんな高い価格でよくWEBで販売できるものだ」と思わせるものまであります。
安い商品は、バッタ商品であったりオークションでの投げ売りだったりします。高い商品は、高価に見せる演出で売っているようです。どちらにしましても、当社の商品が不当に安く、または不当に高く思われたりする場合もありました。
安いと思われる方の中には、「何故そんなに安いのですか」「正絹ですか」と聞かれる場合もあり、高いと思われる方からは、バッタ商品やオークションの商品と比べて「そんなのインターネットなら〇〇円で買えるよ」と言われたりもします。
「加賀友禅訪問着25,000円」と言うのもWEB上で見かけたことがあります。どんな商品かは分かりませんが、白生地、加工代を含めて25,000円では絶対にできないのですが、消費者の中には「加賀友禅なんて、本当は23万円」と思う人もいるかもしれません。
そんな訳でお客様には目の前で商品をお目にかけ、ご説明しながら納得のいただけるよう商品の販売は店頭に特化していたのですが、わざわざ遠くから店を訪ねてきてくれる方もあり、また「商品はどのページで見られるのですか」と言うメールも度々頂戴しております。
そう言った声を受けて、この度「結城屋セレクション」を掲載することになりました。当社が責任を持って仕入れた商品を順次掲載いたします。商品についてのお問い合わせはメールにてお受けいたします。
以上、よろしくお願いいたします。

古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その4)」は来週掲載いたします。御了承願います。

平成2941

お知らせと「今日の逸品」

お知らせ

「ゆうきくん」こと結城屋の結城康三です。

この度は、HPを一新することになりました。それに先駆けて一言皆様にお詫び申しあげなくてはなりません。

多くの方にアクセスいただき、また質問コーナーもご利用いただいておりましたが、諸事情により更新、返信が滞っておりました。

諸事情と言いますのは、私が市街地再開発に携わったこともありますが、それについては私の怠慢以外のなにものでもありません。申し訳ありません。

もう一つは、20年間きもの業界が正常に成るようにとHPを続けて参りましたが、此処にきて考えさせることも多々あり、続けることに疑問が生じてきた事です。

このことについては、このブログにて次回より語って参りたいと思います。

という訳で、HPを改変するに当たり、小さなHPへと移行いたします。

新しいブログのコーナーを設けて着物についての情報の発信を続けながら、商品も紹介します。従来の販売のページは終了させていただきます。(この辺の事情についても後日ブログにてお知らせいたします。)

「全日本きもの研究会」http://www.ykya.co.jp/の質問コーナーは、創設以来四百余のご質問を頂戴しお答えしてまいりましたが、終了させていただきます。

今後とも宜しくお願いいたします。

 

[今日の逸品]

染の北川 塩瀬染名古屋帯「紅葉」

大胆な柄と塗り絵のような染は、一見稚拙な柄ののように思えるかも知れません。染色作品は絵画と異なり、細密な絵柄はかえって柄をぼけさせてしまいます。

柄の細かい小紋やコントラストの弱い柄の小紋に合わせてみてください。誰の目にも秋の紅葉が手に取るように感じられることでしょう。

※商品に対するお問い合わせは、shop@kimono-yukiya.com