月別アーカイブ: 2019年7月

Ⅶ-39 続「KIMONO」騒動(その4)

日本に限らず自国の文化を海外に紹介し広める事にはどのような意味があるのだろう。また、どのような結果をもたらすのだろうか。

日本の文化である「着物」をはじめ、「茶道」や「華道」、「柔道」や「剣道」など、また「寿司」や「天ぷら」などの料理が世界中でもてはやされていると言うニュースを聞くと、我々日本人は何故か嬉しい、誇らしい気持ちになる。自国の文化が世界中の人達に受け入れられたと言う自尊心をくすぐるのかもしれない。

しかし、私はそれらの文化が世界中に浸透すればする程、一抹の寂しさと不安がこみあげてくる。
世界の「柔道」のシーンを見てどう思われるだろうか。私は柔道の専門家ではない。専門家どころか、中学の柔道部員と対戦しても簡単に一本取られてしまうだろう。しかし、そんな私の目から見てもテレビで見る世界の柔道は果たして柔道なのかと疑問を抱いてしまう。

私が柔道を肌で感じたのは、中学高校の体育の授業である。柔道の授業は何故か寒い時期に行う。素肌に柔道着を着て寒さに堪えながらも次第に汗が出てくる。とは言え、冷たいスタイロ畳に擦られる裸足の辛さは今も覚えている。

授業では乱取りが行われ対戦する。お互いに袖と衿を掴んで、先生の「始め!」の合図で技を掛けあう。技を掛けようとする力と掛けさせまいとする力がぶつかり合い、次第にエキサイトして行く。場外に出れば、また中央で組み合った。

しかし、オリンピックで見られる現代の「JUDO」はお互い組み合わない。まるでプロレスの様ににらみ合って相手に袖や襟を掴ませまいとしている。そして、相手の僅かなミスを誘って「YUKO」や「SHIDO」を採れば、後は体よく逃げ回って時間を稼ぐ(ように私には見える)。

柔道は正々堂々と技を掛けあい一本採るもの、と習った私には、これが柔道なのかプロレスなのか、はてまた他の格闘技なのか分からない。

柔道着も大分以前からカラー柔道着が取り入れられている。競技者を識別するうえで有用なのかも知れないが、私は違和感を覚える。元々柔道の色と言えば白と黒である。白の柔道着に白帯と黒帯。柔道は体力だけでなく精神的な鍛練も包含する意味で白と黒の無彩色の世界は相応しいと理解していた私にとってカラー柔道着はいただけない。

何故柔道は変わってしまったのだろうか。現代の「JUDO」は既に日本人の手を離れてしまっている。

国際大会を仕切る国際柔道連盟の会長はルーマニア出身のマリウス・ビゼール氏。名誉会長はロシアのプーチン大統領である。国際化した組織には世界中から人選されるのは当たり前だけれども、本来の日本の柔道とは形式的にも精神的にも次第に離れている様に思えるのは私だけだろうか。

つづく

Ⅶ-39 続「KIMONO」騒動(その3)

外国人にとって日本の文化の象徴的なものに、「Kimono」「Geisha」「Fugiyama」「Tenpura」「Soba」等がある。これらは、まだ日本が現代の様に世界中に知れ渡る一昔前の事かもしれない。最近はもっと様々な日本の文化が海外に紹介されているようである。

来日する外国人の数はうなぎのぼりである。2003年には500万人足らずであった訪日客数は今年3000万人を超えようとしている。訪日客が増えた要因は、観光庁の政策にもよるけれども、何よりも世界中が豊かに成り多くの人が海外旅行を楽しめるようになったからだろう。確実に世界は狭くなり、人や文化の交流は盛んになっている。

今、日本の観光地は外国人であふれている。京都や東京、大阪はもちろん、余り日本人が通わない様な観光地にまで外国人は足を延ばしている。来日した外国人が、
「ああ、日本は良かった。また来てみたい。」
そう思ってくれれば、政府の観光政策は上手くいったと言える。しかし私は、外国人がいったい日本をどのように感じて行ったのかが気になる。果たして本当の日本の姿をどのくらい感じて理解してもらえたのかである。

来日した外国人が良く集まるところ、空港や浅草などには外国人向けの土産が並んでいる。そこには日本の文化を極端に誇張した、と言うよりも歪曲した物を見る事がある。

「KIMONO」と言うPOPの下に並んでいるのは、光沢のある化繊の生地で作られたバスローブのような衣装に、「芸者」や「富士山」「龍」などの絵が毒々しく描いてある。日本人にはとても「着物」には見えない、日本人は着ない物が「KIMONO」として売られている。

「芸者」は外国人に人気があるらしく「KIMONO」の他にも「芸者」を題材にした商品が並んでいる。風呂敷や扇子からTシャツまで。しかし、そこに描かれている「GEISHA」は「芸者」ではなく「花魁」である。「芸者」と「花魁」は全く違う。生業とする物も違えば、相手にする客も違う職業である。にもかかわらず「花魁」を「GEISHA」として商品が店頭に並び、外国人に売られている。本当の芸者さんはそれを見て、さぞ苦々しく思っているだろう。

日本の土産物は日本人が創っている。製造は中国や海外かもしれないが、企画制作は日本人である。何故このように日本人がわざわざ外国に日本の文化を曲げて紹介しなければならないのだろう。そして、それがどういう結果をもたらすのかをもっと真剣に考えなければならない。

キム・カーダシアンさんは日本の「着物」をどのように理解していたのだろうか。正しく理解していなかったとすれば、ひょっとしてその責任の一端は日本人にあるような気もする。

外国人に日本の着物を紹介するのであれば、着物の伝統を正しく伝えなければならないと私は思っている。

海外で日本を紹介するイベントで着物を用いる事が多い。美しい着物姿を海外の人の目に触れてもらい、その良さを知ってもらおうと言う訳である。しかし、そう言った場で往々にして見られるのは、年配者の振袖姿であったり、晴の場での浴衣姿であったりする。

60歳も過ぎた女性が振袖姿で登場する。その振袖の美しさに皆拍手を送る、と言った場面があるが、外国人は振袖がどのような着物なのか、つまりTPOを知らない。「振袖は御年寄が着る着物」と思うだろう。

現地で開かれたパーティーで皆ドレスを着ている中、浴衣を着て参加すれば、「浴衣はフォーマル着」と誤解されかねない。

そう言った誤解が「着物」に限らず日本文化への誤解を生み、トラブルの原因になりかねないと思うのである。

つづく

Ⅶ-39 続「KIMONO」騒動(その2)

前述の如く、「KIMONO」と言う言葉は世界の多くの人達に認知されている。しかし、多くの人と言っても、それは全員ではなく、世界中全体から見れば少数の人達だろう。

そして、その理解度と言えば、とても日本人とは比べ物にならない。外国人でも「着物」の良さを十分に理解している人達がいる事は間違いないが、視覚的に「KIMONOはきれいだ」と思っている人、「KIMONOは日本の衣装だ」と知識で覚えている人などが多数派である。

日本人が「世界中の人達が日本の着物を理解し、着物は世界中で一番美しい衣装の一つだと思っている。」と思い込んでいるとしたら、それは日本人の片思いと言わざるを得ない。

パリコレクションやミラノコレクションの情報は瞬時に日本に伝わる。そして、それを評論する人も着て見たいと思う人も日本には沢山いる。現代の日本人は洋装が主体となっているのでそれは当然の事と受け止められる。しかし、その裏返しが日本の着物では決してない。

世界中のあらゆる国の文化は相互に伝えあっている現代だが、その伝搬の密度はそれぞれである。名前だけが伝わる。形骸が伝わる。神髄が伝わる等伝わり方はバラバラである。

洋服の文化は、日本にはほぼ神髄が伝わっていると言ってよい。それは世界に冠たるデザイナーが日本からも生まれていることからも分かる。数から言って少数かもしれないが世界のレベルで評価されるデザイナーを生み出すことは洋服の文化を十分に理解しなければできない事である。

そういう意味では、日本の着物は世界にまだほんの形骸を紹介しているに過ぎない。この度の「KIMONO」騒動はそのような状況で起こった出来事と解さなければならない。キム・カーダシアンさんは果たしてどれだけ「着物」を理解していただろうか。

着物を着ない日本人程度であっても着物を理解し「あれほど素晴らしい日本の文化である着物の名称を自分の下着ブランド名に使いたい」と思ったのだろうか。そうであれば「KIMONO」のブランド名は用いなかっただろう。

「日本の着物ってきれいだと聞くじゃない。それにKIMとKIMONOは音通になるから私のブランド名にぴったりだわ。」と言う簡単な気持で命名したのではないかと思う。

その動機は非難されるべきものではないかもしれないが、結果的に文化の伝搬の未熟さが生んだ結末と言える。

日本の着物が海外に紹介され称賛されることは、着物を扱う者としてとてもうれしい事である。しかし、私は着物に限らず日本の文化が海外に紹介され広まることに何か一抹の不安を感じていた。これについては以前にも何度か書いてきたけれども、日本の文化が果たして正しく伝わり、海外の人達が正しく受け止めてくれるのだろうかと言う疑問である。

つづく

Ⅶ-39 続「KIMONO」騒動

キム・カーダシアンさんの下着ブランド「KIMONO」は、名称が変更されると言う。正式に新しいブランド名が発表されていないので、どのように決着がつくかはまだ分からない。

「KIMONO」の商標登録云々の法的な事について私は良く分からないが、何故このような問題が起こるのかを考えて見よう。

まず事実関係を見て見ると、

➀日本には「着物」と言う衣装があり、それは日本独自の衣装として発達し、他の衣装とは区別して「着物」と言う名称で呼ばれてきた。

➁日本が諸外国と触れ合うようになると、外国人は日本の衣装である「着物」を「KIMONO」と称するようになった。それが何時からかは分からないが、文明開化が起きた明治時代には「KIMONO」と呼ばれていたかもしれない。ただし当時、日本の文化に接する事ができる外国人は極少数だっただろう。

➂更に時代が下ると、国同士の交流が活発になる。交通や通信の発達がそれに拍車を掛け、世界の必要な情報は居ながらにして手に入るようになった。日本では昭和30年代の高度経済成長期から加速度的に進んだ。

➃而して日本の情報は世界中に伝わるようになり、日本の衣装である「着物」も「KIMONO」として世界中から認知されるようになった。

このようにして「着物」は「KIMONO」として世界に伝わったのだけれども、上記の過程はあくまでも日本人の目を通した過程である。日本人は「KIMONO」と言う言葉が世界中に正しく認知されていると思っているかもしれないが、諸外国では「着物」をどう受け止めているのだろう。

世界が狭くなり、昔に比べれば文化の交流が遥かに活発になったのは確かである。日本の文物が世界中に伝わり、世界中の文物が日本に溢れかえっている。あたかも世界は一つになってしまったかのように錯覚するけれども現実はそうではない。

「着物」をはじめとして日本の文化は世界のどれだけの人達にどれだけ理解されているだろうか。最近着物を着ない日本人も増えたけれども、日本人の着物に対する理解は十分と言っても良い。着物が着れない人でも、着物の詳しい事を知らない人でも日本人は着物に対してそれ相応の意識を持っている。

日本人で「着物」または「KIMONO」の商標登録をしようとする人はいるだろうか。(私はそれが認められるものかどうかは知らない。)法的に認められるとしても日本の社会では「それをやっては・・・」と言う抑止力が働き現実にはできないだろう。それは「着物」と言う存在が日本人の誰しもが認めているからである。

さて、外国人の目に「着物」はどう映っているのだろう。

つづく