Ⅶ-30 今年も成人式

今年も成人式を迎える。今年は1月14日である。「今年は」と言うのは、成人式が曜日で決められているので毎年日付が違う。昔は1月15日と決まっていた。連休を考慮して月曜日にしているのだろうが、その前日の行うところも多い。我山形市も今年の成人式は1月13日日曜日である。

「成人式は1月15日」と決めた方が何かありがたみがある様に思えるのだが、それは年寄りの昔を懐かしむ保守的なノスタルジーなのだろう。

さて、この成人式を迎えると私は様々な事を考える。もちろん着物の事、呉服業界の事である。
「成人式で振袖を着るようになったのはいつからか」
「何故、成人式で振袖を着るのだろう。着なければならないのだろう。」

これらの疑問は、私のような業界の人間ではなく振袖を着る当事者の問題なのだけれども、果たして新成人達はどのように感じているのだろう。

私の成人式は四十数年前である。人生の区切り目としてはっきりと覚えている。県外に出ていた私は帰省して山形市の成人式に出席した。同年代、すなわち同級生が多く出席して同窓会さながらだった。

中学までの同級生、高校の同級生、また県外で知り合った同郷の人もいた。すでに静粛な成人式ではなくなっていたが、今と比べればまだ荘厳であった。

多くの女性が振袖を着ていたが、洋服の女性もいた。私は呉服屋の息子であるが、またでそのような意識はなくみんなと同じスーツ姿だった。まだ学生だった私は、スーツを着る機会などなく、スーツでも十分に晴の気分だった。

式が終われば数人のグループで街に繰り出して喫茶店などでのミニ同窓会だった。
成人式が始まったのは戦後の事で、初めは振袖を着る人はいなかったと言う。当時の映像では、姿勢を正して成人式に望む姿が映されている。我々の代と比べても、「これが同じ二十歳?」と思わせる。

成人式の振袖は、呉服業界が仕掛けたとも言われている。おそらくそうだろう。戦後の貧しい時代を越えて豊かに成り、若い女性が振袖を着たいと言う欲求と呉服業界の仕掛けが一致したのだろう。

若い女性が着物に関心を持ってもらう切っ掛けとして真に良い処に目を付けたものである。業界の先輩には感謝しなければならないと思っている。

しかしながら、その後今日に至る成人式と振袖の関係を私は余り感心しない。「何故、成人式に振袖を着るのか?」それはないがしろにされているように思える。

現代の振袖と成人式の関係を見て見よう。

二十歳になる数年前から振袖販売のDMが送られてくる。とても分厚いカタログであったり、DVDが送られてくることもあると言う。それが何社からも競うように送られてくる。そして、電話勧誘が頻繁に掛かってくるようになる。展示会の案内である。

展示会に出向いて振袖を見れば購入を勧められる。当人としては、もっといろいろな店で振袖を見て選びたいと思うのだろうが、店の人からは「早く約定しないと、着付けの良い時間が採れません」と言う殺し文句を言われるらしい。

かくして振袖を購入して、まずは前撮りである。振袖を着つけてもらい写真屋さんで前撮りをする。そして、本番の成人式である。

朝早くから着付けをしてもらい成人式会場に向かう。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です