月別アーカイブ: 2019年1月

Ⅶ-30 今年も成人式

今年も成人式を迎える。今年は1月14日である。「今年は」と言うのは、成人式が曜日で決められているので毎年日付が違う。昔は1月15日と決まっていた。連休を考慮して月曜日にしているのだろうが、その前日の行うところも多い。我山形市も今年の成人式は1月13日日曜日である。

「成人式は1月15日」と決めた方が何かありがたみがある様に思えるのだが、それは年寄りの昔を懐かしむ保守的なノスタルジーなのだろう。

さて、この成人式を迎えると私は様々な事を考える。もちろん着物の事、呉服業界の事である。
「成人式で振袖を着るようになったのはいつからか」
「何故、成人式で振袖を着るのだろう。着なければならないのだろう。」

これらの疑問は、私のような業界の人間ではなく振袖を着る当事者の問題なのだけれども、果たして新成人達はどのように感じているのだろう。

私の成人式は四十数年前である。人生の区切り目としてはっきりと覚えている。県外に出ていた私は帰省して山形市の成人式に出席した。同年代、すなわち同級生が多く出席して同窓会さながらだった。

中学までの同級生、高校の同級生、また県外で知り合った同郷の人もいた。すでに静粛な成人式ではなくなっていたが、今と比べればまだ荘厳であった。

多くの女性が振袖を着ていたが、洋服の女性もいた。私は呉服屋の息子であるが、またでそのような意識はなくみんなと同じスーツ姿だった。まだ学生だった私は、スーツを着る機会などなく、スーツでも十分に晴の気分だった。

式が終われば数人のグループで街に繰り出して喫茶店などでのミニ同窓会だった。
成人式が始まったのは戦後の事で、初めは振袖を着る人はいなかったと言う。当時の映像では、姿勢を正して成人式に望む姿が映されている。我々の代と比べても、「これが同じ二十歳?」と思わせる。

成人式の振袖は、呉服業界が仕掛けたとも言われている。おそらくそうだろう。戦後の貧しい時代を越えて豊かに成り、若い女性が振袖を着たいと言う欲求と呉服業界の仕掛けが一致したのだろう。

若い女性が着物に関心を持ってもらう切っ掛けとして真に良い処に目を付けたものである。業界の先輩には感謝しなければならないと思っている。

しかしながら、その後今日に至る成人式と振袖の関係を私は余り感心しない。「何故、成人式に振袖を着るのか?」それはないがしろにされているように思える。

現代の振袖と成人式の関係を見て見よう。

二十歳になる数年前から振袖販売のDMが送られてくる。とても分厚いカタログであったり、DVDが送られてくることもあると言う。それが何社からも競うように送られてくる。そして、電話勧誘が頻繁に掛かってくるようになる。展示会の案内である。

展示会に出向いて振袖を見れば購入を勧められる。当人としては、もっといろいろな店で振袖を見て選びたいと思うのだろうが、店の人からは「早く約定しないと、着付けの良い時間が採れません」と言う殺し文句を言われるらしい。

かくして振袖を購入して、まずは前撮りである。振袖を着つけてもらい写真屋さんで前撮りをする。そして、本番の成人式である。

朝早くから着付けをしてもらい成人式会場に向かう。

つづく

Ⅶ-29 正月によせて

今年もまた新しい年を迎えた。生まれて此の方、もう60回以上正月を迎えていることになる。年の暮には掃除をしたり正月の準備をしたりで慌ただしいのは今も昔も変わらない。

「また年を越して正月がくる」と、毎年同じことをしている様に思えるけれども、昔の正月と比べると最近の正月は大分変ったように思える。

子どもの頃、冬休みに入り、クリスマスから正月に掛けてはとても楽しかった。一年の中では特別な期間だった。普段食べられない美味しい物を食べ、テレビでは特別番組が流された。大晦日は夜遅くまで家族と起きて、零時を過ぎると初詣に行った。普段午後9時過ぎには寝ていた子供にとってはとても不思議な時間だった。

とは言っても、今と比べれば何という事はない。「美味しい物」といっても今よりもずっと貧しかった。昭和30年代には、冬アイスクリームは販売されなかった。「アイスクリームは夏の食べ物」と言うのが常識だった。しかし、クリスマスの時だけ特別なアイスクリームが売られていた。アイスクリームを食べることすら稀な時代に、冬場にはないはずのアイスクリームを食べて年末の特別な時間を感じていた。

食事も今とは比べものにならない。クリスマスは鳥のもも肉がごちそうだった。正月は雑煮とおせち料理だった。おせち料理は子供にとってそう美味しい物ではない。それでも、子どもながらに「正月が来た」と感じる食事だった。

テレビは山形では当時民放は一局しかなく、普段子供向けの番組は少なかった。しかし、年末年始になると子供向け番組が放映され、子どもにとっては至福のひと時だった。

考えて見れば、言うまでもなく現代の方が遥かに豊かになっている。食べ物は昭和30年代では考えられないほど豊かである。テレビや映画は言うに及ばず、テレビゲームやスマホなど子供にとって遊び道具には事欠かない。

当時、正月はせいぜい家の周りで遊んでいたが、今は交通手段が発達し、遠出や旅行をしたり、また正月から開いている郊外のショッピングセンターの初売りに行ったりもする。

何もかにもが豊かで便利になった今日だけれども私は昔の正月の方がずっと楽しかったように思う。

何故か?、と考えて見ると、昔正月は特別な日だった。今でも一年の最初の日と言う特別な日に違いはないが、現代人の意識の上で正月は特別な日ではなくなっている。一年の最初の日を荘厳な気持で迎えると言う意識が失われている様に思われる。

何もかもが便利になり物も豊富な今日、特別な日と言う意識は埋もれてしまっている。

私が直近で「特別な日」と感じたのは、昭和天皇の御大葬の日だった。もう30年も前の事になるが、その日はほとんどの商店が店を閉めていた。国民誰しもが「特別な日」と感じただろう。

今年は今上天皇が退位され元号が変わる。ゴールデンウィークは10連休となりプラチナウィークになると物議をかもしている。商売をしている我々は一日も休みの採れないプラチナウィークとなるが、果たして御退位、御即位の日はどのような特別な日になるのだろうか。

着物の世界でも同じことが言える。昔は、着物は正月につきものだった。しかし、今日「正月に着物を着る」と言うのは死語になってしまったようだ。

私の母は、年末になるといつも同じことを言う。
「昔は年末になると忙しくて、除夜の鐘が聞こえる頃まで仕立てた正月の着物をお客様にお届けしたものだった。」
時代は変わり、またノスタルジーにうなされた分を差し引いて考えれば、「だからどうする」事でもないが、昔は正月に多くの人が着物を着ていた。正月は特別な日、と言う意識がそうさせたのだろう。

更に昔、皆が普段に着物を着ていた時代でも正月には普段の着物とは違った着物を着ていた。新調した着物や振袖など。その当時の正月の風景はいかばかりだっただろう。

若い女性が振袖を始めとして着物を着て歩いている。どれも普段は着ない着物である。着ている人も見ている人も「今日は特別な日」を感じただろう。

では、今は何故正月に着物を着なくなってしまったのだろう。

衣服が洋風化したと言うのが最も大きな理由であることは否めない。しかし、皆が洋服を着るようになったからだと言っても、正月に特別な洋服を着る人はいない。正月の為に洋服を新調する人はまずいないだろう。

やはり、正月が特別な日ではなくなったことが、着物にせよ洋服にせよ普段と変わらなくなった原因である。正月と普段の起伏がなくなったのは、世の中が豊かに成った事、経済的に豊かに成った事が関係している。それは良い事だけれども、それによって失ったものも多いように思える。

正月に着物を着て初詣に行く。着物で親戚に挨拶に行く。そう言った正月が懐かしく思える。