月別アーカイブ: 2018年8月

Ⅶ-23 呉服業界分析

「かつて2兆円あった呉服業界の規模は3000億円を下回ってしまった。」とは幾度か書いてきた。七分の一以下になってしまった呉服業界だけれども、実際どのような状態なのだろうか。

「店の売り上げが七分の一になってしまった」と言えば大事である。大事を通り越して普通なら倒産、廃業になってしまうだろう。呉服業界は大変な状態になったと誰しも思う。では、現在の呉服業界は、日本の経済の中において、どのような位置を占めて、どのような状態なのだろうか。

業界別の売上を見てみると、日本の花形産業である自動車業界の規模は68兆円である。続いて、家電業界が67兆円、情報通信が45兆円、建設16兆円、鉄鋼15兆円という数字が並んでいる。呉服業界の隣にあるアパレル業界は5兆3,750億円である。日本の衣装である呉服が3,000億円。西洋の衣装である洋服がその18倍である。

日本の衣装が西洋の衣装に完全に駆逐されている、と言った少々右寄りの意見が聞こえそうだけれども、現代の生活様式が西洋化したことは否めない。この数字は真摯に受け止めなければならない。それにしてもいくら30年前でも、呉服業界は2兆円あったと言う数字の方が驚かされる。アパレルとの差がそれ程開いていなかったのはどういうことなのかと不思議に思われる数字である。

もっと細かく業界を見てみると、百貨店は7兆7,511億円、出版業界は1兆1,112億円、映画業界が7,377億円である。更に、呉服業界と肩を並べそうな業界では、靴が5,600億円、スポーツ用品が5,209億円、ジュエリーが3,144億円、メガネが1.265億円である。

この辺まで来ると、呉服業界の3,000億円弱という数字はそれ程見劣りはしない。靴やスポーツ用品、ジュエリー、メガネと言った商品は数字の浮き沈みはそれ程大きくないように思える。
靴は洋服を着る以上必ず履くものである。メーカーによっては浮き沈みもあるだろうけれども、全体として急激に増えたり減ったりはしそうにない。

スポーツ用品も、新しいスポーツが次々に現れ、それに対応した商品が創られている。人口が激減しない限り総量はそれ程変わらないように思える。

そうしてみると、かつての呉服業界2兆円は益々奇異に思えてくる。

ジュエリー業界は決してマイナーな業界とは受け止められていない。それは商品に対する印象がそうさせるのかもしれないが、世界中で商いされている言わば全世界のジュエリー業界の一部として機能している日本のジュエリー業界である。

メガネ業界も決してマイナーな業界ではない。メガネ屋さんはどこの街にもある。生活必需品を売る店として市民権を得ている。

果たして呉服業界の3,000億円という規模は現況では適切且つ健全な数字なのだろうか。私は決してそうは思わない。

つづく

Ⅶ-22 絹の動向(その5)

これまでの経緯を見てみると、日本の絹は需要の減と価格の高騰によって生産数量が減少した。そこに価格的に安い海外の絹が入りそのシェアを広げてきた。それによって益々日本の絹は減少していった。

絹全体の供給は、安定が保たれている様に見える。中国の絹が八割を占め、日本の需要に応えて安い絹を供給してきた。

しかし、ここに来てそれが揺らいできている。ここ2~3年前から「絹が上がります」の声が聞こえてきている。中国の絹が上がってきているのである。

中国の絹の生産量は頭打ちになってきてはいるが、世界の7~⒏割を生産していることに変わりはない。生産量の不足による値上がりではなく、中国国内事情による値上がりが起きている。

一つには、中国における人件費の高騰である。

中国に進出した工場の従業員の人件費高騰の為、工場を日本に移す(戻す)と言ったニュースも聞かれる。今回入手した資料によると、1997年と比較して2012年の年平均賃金は、国有企業で7.24倍、集団企業で7.48倍、その他の企業で5.1倍である。2012年から今年2018年までは更に高騰しているだろう。賃金の高騰が絹の価格を押し上げている。

もう一つは中国国内における需要の多様化である。

改革開放の初期には外貨を稼ぐためにせっせと海外に絹を輸出していた。輸出するために絹を生産していたのだろう。しかし、今日輸出先も多様化してインド、ルーマニア、ベトナム、イタリア、韓国など中国にとっては売り先に困らない、いわば売り手市場になってきている。

そして、中国国内では生活の向上と共に国内での絹の需要が増えているらしい。白生地屋さんの話だと、中国の生産者は生糸の生産から真綿の生産に切り替えていると言う。中国国内での真綿の需要が増えたために、生糸で日本に輸出するよりも国内に真綿で販売する方が利があると言う事らしい。そのおかげで、今年の生糸の価格は昨年の1.3倍になっている。

輸入品の値上がりは生糸に限らない。

珈琲が値上がりしている。現地の人達も高級品を飲むようになったのが背景にある。お香が値上がりしている。現地の人が高価な香木を消費するようになったのが背景にある。

日本はこれまで消費国としてそれらの原材料を生産国から輸入していたが、これからは同じ消費国目線での取引を余儀なくされる。

世界の生糸の主導権を握った中国が日本に対して、これまでのような安定供給を続けるかどうかは分からない。

かつて中国が政策的にレアメタルの輸出を絞り、一時日本の半導体業界を震撼させたことがあった。その時日本をはじめ世界の技術先進国では、技術力で他の素材への代替利用を進め乗り越え、かえって中国が打撃を被った。しかし、生糸の場合はそうはいかないだろう。化学繊維が絹糸に取って代わることはないだろうから。

生糸の将来を、あれこれ考えても結局珈琲や香木と同じように、なるようにしかならないのだろう。しかし、それにつけても最高の品質を誇る日本の絹が、経済原則に押しつぶされ消えてしまうのはやるせないと思うのは私だけだろうか。

Ⅶ-22 絹の動向(その4)

今回入手した資料によれば、2003年に比べた2014年の縮緬類(生糸を原料とする呉服の素材)の生産数量は16.5%、即ち83.5%の減少である。それに対して同じ年の比較で、中国からの生糸の輸入量は28.8%(71.2%減)、ブラジル産は15.5%(84.5%減)である。国内で生産される生糸は2003年には4,800俵あったものが2014年には僅か400俵、8.3%(91.7%減)である。

日本の絹の需要が減る以上に日本の生糸の生産は減少し、その穴埋めに中国、ブラジルの生糸が入ってきている。そして、特に中国の生糸の割合が増えているのが分かる。

中国産の生糸とブラジル産の生糸の輸入量は、2008年には2.64対1であったのが、2013年には、6.31対1になっている。数量から言えば、中国は横ばい、ブラジルが減少している。

ここで疑問に思えるのは、中国やブラジルの生糸が果たして日本の生糸に取って代わることができるのかと言うことである。高品質の日本の生糸で織られた縮緬が、中国やブラジル産で織った場合どうなるのか。

実は、正直言って直感できるほどの差は感じないかもしれない。既に相当数の海外の生糸、と言うよりもほとんどの縮緬が海外の生糸で織られている。生糸は海外であっても、製織、精錬を日本で行えば生地に「日本」の文字が押印されるので見た目には区別がつかない。知らず知らずのうちに海外の生糸は呉服地の多くを占めるようになっている。日本の絹が何時海外の絹に取って代わったのかは分からないまま海外の絹は国内に入り込んでいる。

それでも、純日本製、即ち製繭、製糸、製織、精錬全てを国内で行った反物を触れてみると、サラサラとしたその感覚の違いに驚かされる。純国産の白生地をお客様に触ってもらうと、その違いに驚いていた。呉服業界自体が国産の縮緬の感覚を忘れ海外の生糸に慣らされていると言う事だろう。

しかし、今更「日本の絹を」と叫んでみてもどうにもならない。日本の養蚕農家の数は1994年には19,040軒あったものが、2014年には僅か393軒である。パーセンテージにすれば2%である。

今更国内で増産を叫んでもたかが知れている。そして価格的にはとても太刀打ちできない製品を増産して売れるかどうかも分からない。そう考えれば、国産品は超高級品として標本の如く存続させ、汎用の絹は全て海外品と言う事になって行くのだろう。

しかし、これから先がまた問題である。海外からの絹はこの先安定して日本に供給されるのだろうか。

ブラジルの繭、生糸の生産量は1993年1994年をピークとして減少している。それに合わせたように日本への輸出も減っている。中国は2007年をピークとして繭、生糸共に減少しているが、世界の生産量の70~80%を占めている。中国が世界のシルク生産センターと言っても過言出来ない。

それでは中国の生糸は日本に今後とも安定供給されるのだろうか

つづく

Ⅶ-22 絹の動向(その3)

原料、製糸、製織、精錬、染織など着物を創る工程に海外からの参入が増えていることは否めない。まず原料の大元である繭に目を向けてみよう。

かつて繭を作る(養蚕)のは全国各地で行われていた。江戸時代には中国から輸入する量の方が多かったが、本格的に増産されたのは明治以降である。

明治政府は富国強兵のための殖産興業として富岡製糸場をはじめとして外貨獲得の手段として盛んに養蚕を奨励していた。私の家にも蔵があるが、その昔蚕を飼っていた蔵だと言う。また、私が小学校の頃まで山形にも養蚕試験場があった。国を挙げて全国各地で養蚕が行われていたのだろう。

国の政策は功を奏し、1930年(昭和5年)にはピークとなり40万トン生産されたという。終戦後5万トンまで減少したが、その後12万トンまで回復している。1955年から1970年ごろまではその水準を維持しているが、その後更に減少し2014年の収繭量は僅か149トンである。1930年のピーク時に比べて0.04%である。

生産される繭の量は、海外への輸出用に生産された時代とは異なり、内需とりわけ呉服の需要をそのまま反映しているわけではない。海外から大量の生糸絹糸が輸入され国内における需要供給の構図は全く変わってきている。

海外からの絹の輸入はどうなっているのか。

国内で生産される絹は減少するが、昭和40年頃から需要が増え、中国や韓国などの海外から絹が輸入され始める。ここ20年の絹の輸入先は中国、ブラジル、ベトナムであるが、生糸に限って言えば、ベトナムは殆どなく(生糸ではなく絹糸として輸入される)中国とブラジルの二か国がほとんどを占めている。輸入の総量は減っているが、相対的にブラジルが減少し中国が増えている。

海外の絹の輸入は、ただ単に数量の確保の意味だけではない。国産との価格差はいかんともしがたいほど大きい。安い外国の絹が入ってきたことで国産の絹が駆逐されたのか、国産の絹の生産が減少したので海外から絹が入ってきたのか、ニワトリと卵の関係かもしれない。しかし、結果的に国際相場との余りにも大きな価格差は、日本の絹を追い込んでいった。

日本の絹が高価なのは、蚕糸農家やそれに関わる産業が不当に儲けていたと言う事ではない。日本の絹の品質はどこの国でも真似ができないほど高い。その品質が評価されずに価格のみの評価で海外の絹に駆逐されていったと言うのが真相ではなかろうか。私は大変残念に思う。

そうは言っても、現実に海外、中国やブラジルの絹が入ってきている。実態はどうなのだろうか。

つづく