Ⅶ-18 着物との本当の付き合い方とは・続編

『Ⅶ-ⅻ 着物との本当の付き合い方とは』で紹介した御主人が来店された。

「先輩、ようやく蔵の片づけが終わりました。先代の着物が沢山出てきたのですが、見てもらえませんか。着られるものがあったら、私も息子も着たいと思いますので。」

前回紹介したように、この親子は着物を着る。新しい着物やしゃれた着物を着たいのではなく、ただ生活の中で着物を着ているのである。折角出てきた先代(祖父)の着物が着られるのかどうかを見てもらいたいと言う事だった。

「先代は背が低かったので着られるのかどうか分からないのですが。」
先代の方は、私も生前お会いしたことがあるが、背が低かった。

「昔の人は着物を大切に着ていたので、おそらく内揚がしてあると思います。見て見ないと分かりませんが、内揚があれば仕立て替えはできると思います。裄は、相当昔の着物でなければ反物幅はあるはずですので伸ばすこともできます。とりあえず見て見ないと分かりませんが。」

呉服屋の仕事は、反物を売る事ばかりではない。着物に関するお客様の相談に乗ることも仕事である。まして、丸洗いや仕立て替え、寸法直しも商売である。

「ちなみに明日の二時に来ていただけますか。」

私はもちろん承諾して翌日の二時に、物差し三本(鯨、曲、メートル)と本人と息子さんの寸法表を携えて自宅に伺った。

自宅に上がると、
「着物は居間に並べてあります。」
と今に通された。

タンスの引き出し六つ程、中には着物が山積みされている。

「すごい量ですね。」
と言うと、
「我が家は贅沢をしないので、お宝はないと思いますが、とりあえず見てください。」
そして、
「私は冬場の着物はあるのですが、夏の着物を欲しいと思っています。しかし、どれが夏物なのかもわからなくて。」

その言葉に、私はとりあえず並べてある着物を袷、単衣、薄物の三つに分類した。全部で三十着くらいだろうか。袷も単衣も夏物もある。私は夏物から一着ずつ見て行った。

身丈を計り、内揚があるのかどうかを確かめた。全ての着物の中で、内揚がされていなかったのはたった一着だった。昔の人が後々の事を考え、如何に着物を大切にしていたかが伝わってくるようであった。

麻の着物があったのでご主人に羽織って見てもらった。何故か身丈はそう短くはなかった。まして夏に着る着物である。身巾は問題ない。裄が少々短いくらいだった。

「この着物は内揚があるので、解いて仕立て替えれば、寸法通りに仕立てられます。しかし、解いて仕立て替えとなると加工代がかさみます。丈が気にならないようでしたら、丸洗いして裄だけ直す手もあります。」
私は大体の見積もりを提示してそう言った。

「それじゃ、洗って裄だけ直してください。」

他の着物も一着一着点検しながら見て行った。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です