月別アーカイブ: 2018年1月

Ⅶ-ⅻ 着物との本当の付き合い方とは(その8)

現代の、着物に向き合う人(着る人も売る人も含めて)の着物との付き合い方は余りにも偏っている。昔は、高価な着物から普段に泥だらけになって着る着物まであったはずなのだけれども、今は着物と言えば宝石の如く扱われている。

何故そうなってしまったかと言えば、着物を着る人が少なくなってしまったのが大きな理由である。普段着は洋服が取って代わり、着物と言えば振袖をはじめとして晴れ着が主流となった。普段着である紬や綿反、ウールは、生産単数が減り、本当の普段着として織られていたそれらの反物は採算が取れずに姿を消していった。今織られている紬は、付加価値の高い紬ばかりが多くなってきている。

そう言った事情で着物は特殊なものとして扱われ、着物の付き合い方も昔とは変わってきたのである。

しかし、実はそればかりではない。着物が特殊なものになってしまった原因は、我々呉服業界にある。それは、相当な責任である。

呉服業界が斜陽産業となり需要が減り続けた時、業界はどのように振舞ったのか。どんな産業でも売り上げが減ればそれを阻止しようとする。それは当然の対策である。目的は需要の喚起と利益の確保である。しかし、その方向が誤っていた。

需要の喚起の為、あらゆる手段を用いた。過度な勧誘の展示会商法、招待旅行、二重価格による値引き商法、多大な景品など。そして、お客を取り囲んで着物を買わせる、といった犯罪的商法にまで至っている。

そして、利益を確保するために価格のつり上げ、経費の上乗せが行われ、着物の価格は高騰し普段に着る紬でさえも消費者の目には高価な着物と映るようになってしまった。

更に、着物を利益を生む手段としか考えない業者が現れ、普段に着物を着たいと思っている人達の芽を摘んでしまった。

普段に着るような着物、安価な紬や綿反、ウールなどを扱っている呉服屋はどれだけあるだろうか。メリンスの着尺や襦袢、ネルやセルは手に入りにくくなっている。あることはあるのだが、柄数が極端に少なくなっている。扱う問屋も減ってきている。

呉服屋の販売員で仕立て替えや仕立て直しの知識を持っている人はどれだけいるだろうか。古い着物をできるだけ難が目立たないように、いわば巧く仕立てる術をお客様に的確にアドバイスできる呉服屋はどれだけあるだろうか。

仕立替えや仕立て直しなど儲からない。それよりも高価な着物を売ることに精を出している呉服屋が多くはないだろうか。もっとも私は、そのような呉服屋は呉服屋の名に値しないと思っている。

着物は特殊なものではない。本当の呉服屋は晴れ着から普段着まで、どのようなメンテナンスにも応じてくれるはずである。そして、そのような呉服屋はまだ全国にたくさん残っていると信じている。

着物との付き合い方を根本から見直し、いや本当の姿に戻し、それを支えてくれる呉服屋を育ててはもらえないだろうか。呉服屋からの消費者へのお願いである。

Ⅶ-ⅻ 着物との本当の付き合い方とは(その7)

第三に、着物の取り扱い方である。

着物は高価でデリケートで、取扱い、メンテナンスが難しい、というのが今の人達の着物に対する認識ではなかろうか。

私たち呉服屋も着物を壊れやすい宝石の様に扱い、シミを付けぬ様、キズを付けぬ様最新の注意を以て扱っている。特に一越縮緬の友禅の訪問着や塩瀬の染帯は汚さぬように、折傷を付けない様気を付けている。唐織や浮き糸のある帯は糸を引っかけぬ様気を遣う。

また、仕立は正確な寸法で仕立てることはもちろん、絵羽であれば柄がぴたりと合うように、小紋であっても柄付けによっては全体的に柄がどこかに寄ってしまわない様に考えながら仕立てている。

高価な着物は取扱いや仕立てに気を使わなければならないのは、それを売る呉服屋では当たり前に求められる姿勢であり、高価な着物を購入するお客様にとってはそれを求めるのも当然である。

しかし、昔は日本人皆が着物を着ていた。貴族から庶民にいたるまで。また、普段でも晴れの場でも着物を着ていた。庶民が普段に来ていた着物はどのような着物だろう。そして、その着物はどのように扱われていただろうか。

その基準から言えば、今呉服屋で売られている着物の大半が貴族が来ていたような、又は庶民が晴れの場で着ていた着物と言える。加えて、昔庶民が来ていた着物、例えば結城紬や大島紬等は、その希少性や人件費の高騰による価格の上昇により、普段着ではあるけれども貴族が着る着物あるいはそれ以上高価な着物になっている。

そういう意味で、昔庶民が普段に来ていた着物と言えるものは、今ほとんど呉服屋の店頭からは消え去ってしまった。私の店ではネルやセル、メリンス、綿反など扱っているが需要は非常に少ない。中でも庶民の着物であっただろう会津木綿などの一万円以下で買えるような綿反の仕立てはほとんど注文がない。

本当の意味での「普段着の着物」と言うのは、もはや絶滅したと言っても良い。従って「普段着の取り扱い、仕立て」と言うのはなくなり、全ての着物が宝石を扱うような姿勢を求められている。

さて、このお客様には晴れ着を納めたこともあるが、その時はもちろん他のお客様同様に大切に納めさせていただいている。しかし、このご主人の普段着の場合、私は昔の呉服屋になったような気がしてしまう。

蔵の隅に眠っている反物を持ってきては仕立てを頼んでゆく。長年蔵の隅に眠っていた反物は汚れやヤケ、たまには引っかけたキズがあったりする。長年着古した普段着の仕立て替えを頼まれれば、擦り切れやキズ、古いシミなどいくらでもある。

余りに古い反物は洗って汚れを落とし、時にはカビを払ったりする。仕立て替えの時には洗い張りをして仕立てる。それらの生地は、まともな反物から見れば明らかに難物である。もちろん新品として売ることはできないし、宝石のような着物ばかりを見ている人には着るに値しない着物かもしれない。しかし、昔はこういった着物を大切に仕立てを繰り返して着ていたのである。

仕立てる前にはこのご主人に、キズやヤケ、取れないシミがあれば説明する。そして、「難のある場所は下前の目立たないところに」とか「裏側の方がきれいなので裏返しに仕立てます」とか「袖口が擦り切れていますので左右逆にします」「身丈が足りないので別布を帯で隠れる部分に継ぎます」と仕立て方を説明します。

これらの仕立ての技は、宝石のような着物達にとっては屈辱的かもしれない。あるいは「呉服屋がごまかして仕立てた」と言われるかもしれない手法である。しかし、そのご主人は、「ああ、結城さんの思うとおりにやってください。普段に着られれば良いですから。」と、一向に気にしない。

私は普段着だからと言って仕立てに手を抜く気はさらさら無いし、如何に難を目立たせないか、むしろ正反よりも仕立てには気を遣う。実際にこのような仕立てでも難が目につくことはほとんどない。下前に汚れがあっても捲くって見なければ分からない。やむを得ず剥がなければならない時でも外から見える場所には剥がない。着物の機能として何ら問題はないのである。

本人にしてみれば、機能的には仕立て替えによって新品同様となり、また何年も着る事になる。おそらく洋服よりも安いだろう。いや、本人は安いとか高いとかの感覚ではなく、自分が着たい着物をごく当たり前に仕立てや仕立て返しただけなのだろう。着物と実に自然に付き合っているように思える。

私は、このようなお客様に出会うと呉服屋の原点に戻ったような気がする。

つづく

Ⅶ-ⅻ 着物との本当の付き合い方とは(その6)

第一に、この家庭では、着物と縁を切ってはいない。おかしな言い方かもしれないが、現代の日本の家庭を見ると「着物と縁を切っている」と思われる家庭が多い。

着物は一枚も持たず、冠婚葬祭は着物を着るという感覚は全くなく、常に洋服。一生着物を着ない人もいるかもしれない。日本人である限り、冠婚葬祭をはじめ、着るべき時には着物を着る、または選択肢として考えていただきたいのだが実際はそうはなっていない。

この家庭では着物を排除していない。主人以外は普段着物を着る事も無いし、度々着物を仕立てるわけではない。しかし、必要な時には着物を着るし、適切な着物がなければ仕立てもする。

今時、全ての日本人が普段に着物を着るべきだ、などと原理主義を振りかざす気はないし、振りかざしたとてなびく人はいないだろう。ただ日本人として生活の片隅に着物の居場所を創っておいていただきたいのである。

第二に、この家庭では着物を特別なものとは見ていない。

日本の現代の衣装は、まちがいなく主流は洋服である。着物と縁を切っていない人でも「着物」と聞くと特別な衣装、と身構える人が多いように思える。着物が好きでしょっちゅう呉服屋に出入りしている人は極一部で特殊な人と思われている節がある。

たまにしか着物を着ない人は呉服屋に入るのは勇気がいるらしい。そして、着物を仕立てることは特別なことと思われている。たしかに普通の人にとって着物を作るのは稀だしお金もかかる。特別なことと思われても仕方がないかもしれない。

しかし、考えて見れば、洋服も同じである。お洒落に興味のある人は、給料日毎にブティックに出入りするかもしれない。それは着物を好きな人が呉服屋に出入りするのと同じである。普通の人はそれ程ブティック、洋服屋に通っているわけではない。

私は25年前にコートを買って、それ以来コートは買っていない。今度買うとしたら30年ぶりかもしれないが格別緊張はしない。25年は長すぎるが、スーツやコートは10年に一度しか買わない人もいるだろう。しかし、スーツやコートを10年ぶりに買いに行っても緊張したり特別な思いはないだろう。

確かに洋服と着物は価格も着付けもメンテナンスも違うので、洋服ばかり着ている人には違和感を覚えるかもしれない。しかし、「衣装」と言う大きな目で見れば、どちらも同じであり特別な感慨を抱く必要もないのであるがなかなかそうもいかない。

この家庭では着物に対して特別な思いは感じられない。ごく普通に「着るべき物」「衣装」として付き合っている。

つづく