月別アーカイブ: 2017年8月

Ⅶ-ⅷ 呉服屋がなくなる時(その2)

 その昔(30年前)までは、月に何度も来店されるお客様が何人かいらした。月に何度とは言わなくても、時々顔を見せるお客様もたくさんいらした。しかし、最近はそのようなお客様はとんと少なくなってしまった。そのようなお客様は、着物が好きで新着の着物を見に来たり、着物の話をしたくていらっしゃるお客様だった。着物を着る機会も興味もあったのだろう。

 来店客の減少は店の売り上げに直結している。それに耐えられずに店を閉める呉服屋も多い。しかし、このような、云わば自然減とも言える呉服の需要の減少に業界はまだまだ耐えられると私は思っている。

 私の店も売上はピーク時の半分以下になったけれどもまだまだ続けている。お客様の来店頻度は落ちているけれども私の店が見捨てられたわけではない。古くからのお客様や以前買っていただいたお客様など、多くのお客様が頻度は減ったと言えども来店していただいている。

 それまで月に一度来店されていた方は半年に一度、年に一度来店されてた方は三年に一度、と言うように必要な時には私の店を頼っていただいている。中には十年に一度、二十年に一度のお客様もいる。来店の動機は、「娘が嫁入りするので」「昔仕立てた訪問着が若くなったので」「結婚式に出るので」など。また、「嫁入りの時に仕立てた着物を娘の寸法に仕立て替える。」「丸洗いしてください」などのメンテナンスの場合もある。

 いずれも、着物を着る頻度が少なくなり来店の頻度も減ったけれども、必然的な需要で来店されるお客様ばかりである。

 着物の需要は減っても確実に必然的な需要は残っている。需要の減少に耐えられずに閉めた店のお客様が行き場を失い来店される場合もある。需要の減少を世の流れと捉え、それでも間違いのないサービスを続けていれば、間口を狭くしながらも十分に生き残る余地はある。

 着物の需要の減少は残念なことではあるけれども、少ないながらもお客様が求めているサービスを如何に守れるかが呉服屋に求められている事だと思う。

 着物の需要の減少以外に呉服屋が店を閉めなければならなくなる原因に、着物の一部アイテムの消滅がある。簡単に言えば、呉服屋は続けていても売るべき商品がなくなってしまう、と言うことである。

 織屋や染屋、その他メーカーが次々に倒産や廃業で店を閉め、商品の供給事情は変化している。需要の減少に伴ってメーカーの数が減っているので、需要に対する供給の量にそう問題はないのかもしれないが、問題はその中身である。

                                          つづく

Ⅶ-ⅷ 呉服屋がなくなる時

「呉服屋がなくなる時」と言う表題は、呉服業を生業とする私にとって嫌悪すべき問題である。しかし、それを近未来の現実として受け止めなければならないところまで来ているように思われる。

「呉服屋がなくなる」と言っても、きもの、呉服、呉服屋、着物を着る人がこの世から全てなくなってしまう、と言うのは考え難い。しかし、細々と続いていても、「あの業界は死んだ」と言われる業界が多い様に、呉服業界が死を宣告される日も近いかもしれない。

 呉服業界は確実に萎んでいる。30年前には二兆円と言われた市場規模も二千億円を切ったらしい、とも言われている。織屋染屋も倒産、廃業が続き、問屋の数も減っている。業界は確実に0に収束しているようにも思える。全く0にはならないにしても、その刹那に何が起こるのか、業界に残っている人達はどのような心情なのだろうか。

 今日に限らず、一軒の呉服屋が姿を消すというのは珍しくはない。しかし、個々の呉服屋が姿を消すのは倒産、廃業と言われるもので、経営の不振や後継者難によるものである。
 どんな業種でも放漫経営による倒産はあるし、不況業種であれば努力の甲斐なく倒産と言う場合もあろう。しかし、このようなケースは、今回の考察には含めない。呉服儀容会の行く末を、産業としてではなく日本の伝統文化を担う生業として捉えてみたい。

 まず最初に考えられるのは、需要の減少による呉服屋の消滅である。

 着物を着る人は日に日に減少している。「きものブーム」などと言われることもあるが、日常着物で生活する人は日本の全人口から言えば皆無とも言えるレベルである。

 それでも着物を着るべき時に着物を着る人はまだいる。慶弔時やお茶をする人など、普段洋服を着ていても結婚式や葬儀、お茶会で着物を着る人は見かけられる。しかし、それらの人も減少している。結婚式で着物を着る人は少なくなった。入学式や卒業式でも父兄の着物姿は少ない。

 葬式となれば更に少なくなったように思える。葬式で女性は喪服(黒の紋付)を着るのだけれども、最近は親族以外の人が喪服を着ていると奇異な目で見られることがあるという。「親族でもないのに喪服なんて」と言う目があるらしい。親族でも喪服を着る人は少なく黒のスーツが目立つ。

 お茶をする人の人口も減っているらしい。特に若い人の入門が減っているという。お茶は習い事である。いわば修行であり厳しさも伴う、そう言ったことを若い人たちが嫌がり、また着物を着る事に嫌悪感を感じる若い人もいるという。

 若い人の中にはおしゃれで着物を着る人もいるにはいるが、必然的に着物を着る人達は確実に減少している。

 私の店の目線で見ても着物の需要は激減している

                              つづく

Ⅵ-ⅶ 不思議な下駄(その2)

 昔から日本人が履いてきた下駄や草履の鼻緒は真ん中に付いている。昔は日本人であれば誰しもが履いていたので、何の違和感もなく履いていた。しかし、和装が廃れ洋装が主流となってきた現代、履物と言えば靴、カジュアルな履物としてはサンダルがある。サンダルの中には鼻緒の付いているものもあるが、それらの鼻緒は内側に寄っている。下駄、草履に右左はないが、サンダルには右左がある。

 下駄、草履は鼻緒が真ん中にあるために、外側の小指ははみ出てしまう。また、踵は出るのが普通である。この点が洋式の履物と大きく違う。

 洋式の履物に慣れた人が下駄や草履を履くとまずこの点に違和感を感じる。

 お客様に試しに履いてもらうと、「この下駄小さくて小指がはみ出してしまいます。」「この草履は踵が出てしまうのでもっと大きな草履はないですか。」と言われることが度々ある。お客様足のサイズを聞いたうえで勧めるのだが、このような話はよく聞く。

 鼻緒は、初めて履く時にはきついのが当たり前である。履いているうちに足になじんで緩んでくる。従って新品の下駄、草履は足が入りずらい分余計に踵が出てしまう。それで益々下駄が小さく思えてくるのだろう。
このような事情は、洋装が主流の現代においては致し方のない事だろう。お客様には洋式の履物との違いを説明して履いてもらわなければならない。履いていただければ下駄や草履の良さは分かっていただけるし、着物や浴衣に合ったいでたちで履いていただけるのである。

 しかし、問題なのは、お客様から「小指が出る」と言われれば鼻緒の位置を変える。「踵が出る」と言われれば妙に長い下駄を創る、と言った事が業界で行われていることである。

「お客様の要望に合った商品づくり」のつもりかもしれないが、本当に下駄、草履の事が分かっている人がそんなことができるだろうか。もしも、「訪問着の袖が長いので着ずらい」と言われれば洋服の袖のような訪問着を創るだろうか。初めて着物を着る人、初めて下駄を履く人の意見を聞いて着物や下駄の本質を教えることもなく迎合した商品づくりは何をもたらすのだろうか。

 以前に書いたけれども、裄が2尺3寸位の既成浴衣が問屋に有った。百貨店の担当者からの依頼で創った言う。おそらくこの下駄も大手の流通業者の依頼で創ったものだろう。

 流通業界では沢山売る者の意見が通る。大手の流通業者がモノ作りに介入してくるけれども、果たしてその人達は自分が創らせようとしている商品にどれだけ知識があるのだろうか。

 和装業界はその規模が縮小しているだけ業界に関係のない人達の影響力が増してきている。今後、私の目には「変な商品」が出てくることだろう。それを消費者がどう捉えるのか、業界の人間はどのように扱うのか、着物の将来が案じられる。

Ⅵ-ⅶ 不思議な下駄

先日、お客様が下駄を買いにいらした。閉店も近い時刻で、買い物袋を片手に店に入ってきたそのお客様は、安いスポンジ底の履物を見ていた。足元を見ると下駄を履いている。そのうち、下駄が並んでいる棚に行って下駄を手に取って見ていた。

「下駄はお好きですか。」と言って声を掛けたけれども、先に見ていたスポンジ底の履物に比べて下駄は3~4倍の価格である。私の店の下駄はほとんどが国産の素材を使い、鼻緒は本天、又はそれに準ずるものを使っている。失礼な話だけれども、そのお客様の履いている下駄はそうは見えない。どう見ても南方の柔らかい桐材で、形も何となくおかしい。果たして買っていただけるのか不安だった。

するとそのお客様が、「この下駄〇〇(大手スーパー)で買ったんだけれども、とても履きずらくて・・・。」「私、下駄が好きなんです。」とおっしゃった。そして、「履いてみても良いですか。」と言って、下駄を脱いで手に取った下駄に合わせていた。

さて、その脱いだ下駄を見て私は「アレッ」と思った。

脱いだ下駄の形が何だかおかしい。よく見ると鼻緒が真ん中に付いていない。ツボの位置が左に寄っている。(右足だった)下駄の鼻緒は真ん中に付いているものである。この事情については『続々きもの春秋6. 下駄の鼻緒に関する力学的考察』を参照していただきたい。

日本の履物は鼻緒が真ん中に付いている。西洋のサンダルは足の形に合わせて鼻緒は内側に付いている。日本の履物と西洋の履物の大きな違いである。

最近はサンダルのような下駄?も創られている。サンダルのような形をした下駄であれば、鼻緒の位置が偏っていても合点が行く。しかし、その下駄は右近型(楕円形の下駄)である。更に、その下駄は長さが非常に長い。

結局その下駄は、標準よりも長く、鼻緒の位置が偏っていたので何となく一目で違和感を感じたのだった。

さて、何故そのような下駄が出回っているのか。私が文句を言う筋合いではないかもしれないけれども考えさせられてしまう。
日頃下駄、草履を売っていてお客様から次のような言葉を耳にする。
「この下駄は小指がはみ出してしまいます。」「小さくて踵が出てしまいます。」

特に若いお客様からこのような言葉が聞かれる。それに対して私は次のように説明している。
「日本の履物は鼻緒が真ん中に付いているので小指は出て当たり前です。」

更に、「何故鼻緒は真ん中に付いているのか。」と問われれば、『続々きもの春秋6. 下駄の鼻緒に関する力学的考察』で書いたことを詳しく説明している。

踵が出ることについては、日本の下駄草履は踵が出て当たり前であることを説明している。

西洋の履物に履きなれた人にとっては、小指が履物からはみ出したり、踵がはみ出したりするのは奇異に感じるのだろう。
西洋のサンダル、日本の下駄、どちらの形状が良いのか、あるいは正しいのか、と言った議論は成り立たない。それぞれ長い歴史が創ったもので、それぞれに合理性がある。サンダルはサンダルの形状、下駄は下駄の形状に従って造られ履くことが自然である。

では何故そのような下駄が創られ出回っているのか。私は次のように推察する。

つづく