月別アーカイブ: 2017年7月

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その17)

古い着物や着なくなった着物の対処法として、ケースバイケースで様々な対応ができる事を述べてきたが、多くのケースとして「呉服屋に相談」と言うキーワードを使ってきた。寸法や技術的なことは消費者には分からないことが多い。是非とも専門的な知識が必要である。

古い着物の加工を呉服屋に相談するのに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれない。

消費者にとってみれば、「呉服屋の玄関をくぐろうものなら着物を買わせられてしまう」と言う感覚が身についてしまっているようだ。

これは、呉服屋の私としても大変頭を悩ませる問題である。呉服屋は本来、着物を売る事、仕立てる事、仕立て替えやしみ抜きなどのメンテナンス、そして着物に関する消費者からの萬相談を受ける商売である。それが何故、消費者が敬遠する対象となってしまったのか。業界の人間として恥ずべきことである。私は、もっと着物に関する相談に消費者がやってもらいたいと思っている。

確かにインターネットを開けば、「呉服屋の悪徳商法」なるものがずらりと並んでいる。そこには、呉服屋にどんなひどい目に遭わせられたかの経験が語られている。私にしてみれば、消費者が何故そのような呉服屋に着物を買いに行くのかが不思議でならないのだが、その類の呉服屋の手練手管は消費者の理性を凌駕しているのだろう。

それでは、うかつに呉服屋に近づこうとしない消費者が増えるのもうなづける。古い着物の加工を頼みに行けば高価な着物を買わせられるといったこともあるのだろう。

しかし、である。私は消費者に冷静な対応をお願いしたい。

着物はメンテナンスによって寿命が延び、使い回しができ、他の着物に仕立て替えることもできる。物を徹底的に使い、リサイクルすると言った実に日本的な性質がある。それを存分に感じてこそ着物の本質が分かり、着物の良さが分かるのである。ひいては着物を好きになってもらえる要因がそこにある。

しかし、その目を摘み取っているのが当の呉服業界である。このままでは、「着物は高価で着られなくなったら捨てる他ない。」「また新しい高価な着物を買わせられる。」と言う印象が定着しかねない。

消費者には冷静な目で呉服屋を判断し、メンテナンスの相談を受け付けない又はろくに相談に応じずに新しい着物を売りつけたがるお店は「呉服屋」ではなく「着物売り屋」であることを自覚していただきたい。

全国にはまだまだ本当の呉服屋は多くあると思う。消費者が本当の「呉服屋」に出入りすることにより、呉服業界は淘汰されインターネットに名を連ねる「悪徳商法の呉服屋」はなくなるだろうし、着物をもっと好きになっていただけるはずである。

きもののメンテナンス、どれだけのことができるのかご存じない方も多いと思う。困ったことがあれば是非「呉服屋」の戸を叩いていただきたい。着物の世界はもっと広がり、身近になると思う。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その16)

次に④について考えて見よう。譲られた着物、特に祖母の時代など昔の着物の場合は寸法が全体的に短いものが多い。これには二つの理由が考えられる。

現代人は昔の人に比べて体格が良く、昔の人は小さかったことが挙げられます。

織田信長の妹、お市の方は身長165cmで、当時としてはとてつもない大女と言われていました。当時の男性でも160cmに満たない人も多かったわけですから今とは大分違います。もっともこれは400年前の話ですが、それでもここ100年位の間に日本人の体格は急激に変わりました。明治生まれの私の祖母は158cmでしたが、その当時は背の高いほうで150cmに満たない人も多かったようです。しかし、今では160cmは普通で170cmを超える女性も珍しくはありません。

165cmの人が155cmの人の着物を着るにはやはり無理があります。

昔の人と着物の寸法差が大きい理由に着物の採寸法が変わっていることにあります。

問題となるのは主に身丈と裄です。身丈は、着る時にお端折を作りますが、昔は腰紐を文字通り腰のあたりに、下に締めたのですが、最近は着付け教室でも腹のあたりに締めさせるところも多いようです。従って同じ身長の人でも、昔の人よりも現代の人の方がお端折を大きく採りますので身丈が長く必要になります。

裄に関しては、現代人は昔よりも裄を長く採る傾向にあります。(続々きもの春秋 14.きものの裄丈について 参照) 洋服を着慣れた現代人にとっては裄を長めにしたくなるのはとうぜんかもしれませんが途轍もなく長い裄寸で仕立てをする人もいる。

さて、身丈が短い場合は内揚げがあるかどうかが問題である。内揚げを伸ばして身丈を確保できるのであればそれでよし。足りない場合は着物の鷹揚さで、身丈をいっぱいに仕立ててお端折を短く、すなわち腰紐を下にして着れるかどうか。着てみたい着物であれば少々我慢して着てもらいたい。

裄が短い場合は、これはどうにもならない。長い余り裂があれば、剥ぐこともできるが、古い着物の場合、余り布が残っていることは少ない。

ただし、裄の問題として前述したように着物の裄丈としては以上に長い裄丈を寸法としている人もいる。その場合、裄丈の寸法を再考してみてはどうだろうか。許容できる範囲であれば、裄丈をいっぱいに採り、既成の襦袢で着てみるのも良いでしょう。

ここでもやはり呉服屋さんと納得の行くまで相談して進めることが大事です。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その15)

②の場合(とりあえずシミや破れなどがないものと仮定して)、きものをくれたのが親であれ叔母であれ、また他人であれ問題となるのが寸法である。身長や体形が極端に違う人から貰った着物はそのままでは着られない。しかし、同じ人から貰った着物が必ずしも同じ寸法で仕立てられているとは限らない。一つ一つ寸法を当ってみなければならないのだけれども、それでは時間が掛かる。

まずやるべきことは、寸法に関わらず自分が着てみたい着物かどうかで篩にかけてみることである。着てみたい訪問着や締めてみたい帯、素敵だと思うコートなど、まず自分の目で選んでみる。数が絞られれば寸法の検討は容易である。

身丈や裄の変更は可能かどうか。裄出しや仕立て替え(身丈、身幅の変更)にはいくらぐらいかかるのかを調べて対処すればよい。加工の詳細や金額は呉服屋に相談して、どのようにするか(仕立て返して着たらよいかどうか等)を判断されては、と思う。

篩に掛からなかった着物は、自分が着たくないのであれば無理して加工する必要はない。全て処分してしまうという手もあるだろう。しかし、その前に誰かに(呉服屋さん等)見てもらってはどうだろうか。①で記したように、次の出番を待つべき着物があるかもしれないから。もしも、残してある価値のある着物があれば、丸洗い等の処理をしてタンスに眠らせておくことを進めたい。

次にシミや破れのある③のケースについて。

取れないシミや破れがあるからと言って、直ぐに捨ててしまったり処分するのは早計である。着物は解いて洗い張りをすれば元の反物に戻る。シミや破れのある着物は、元通りに仕立て替えるのは困難だけれども、その着物にとって第二の人生を選択できる場合もある。

まず目の前にあの着物の中から、自分が好きなものを選ぶ。②のケースと違って必ずしも「着たい着物」ではなく、「好きな柄」「好きな生地」という感覚で。

選んだ着物をどのように加工するのかはシミの位置や破れの位置によってケースバイケースである。中には仕立て替えのしかたによっては、そのまま着られる場合もある。

例えば絣や紬の場合、シミが軽度で裏まで通っていない場合は、身頃を裏返しして仕立てられる。身頃だけでなく、袖も同じで、軽度なシミは裏返して仕立てる。また、裏返せば上前は下前となる。従って、上前のシミは、より目立たない下前に移すことができる。袖口近くにある目立つシミを袖付けの目立たないところへ移すこともできる。

破れや擦り切れも同じである。裏返して目立たない場所に移すことができる。そして、破れや擦り切れの場合は補修することも可能である。襟の裏から生地を掻いて破れや擦り切れを補修する。
これは、染物では難しいが、普段着として着る紬類であれば、妥協できる選択肢もふえるので、検討する余地は十分にある。
染物やしみの目立つ紬の場合は、解いて他の物に仕立て替えを考えなければならない。シミのある使えない部分を除いてどのくらい用尺が残るかで判断しなければならない。小紋を解いて染帯に仕立て替える。紬を羽織や茶羽織に仕立て替える等。様々考えられる。ただし、長着を羽織にする場合は、衿に剥ぎが入る場合もある。「完璧に仕立て替える」と言う気持ちを妥協させれば考えるのも楽しいし、昔の人はそうやって着物を長く大切に扱ってきたのである。

好きな染物や織物であれば、バックや小物を作るのも一興である。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その14)

【まとめ】

古い着物や着なくなった着物の対処法として具体的なことを書いてきたが、ここでまとめてみよう。一口に「古い着物」「着なくなった着物」と言ってもケースは様々だけれども、次のようなパターンに分類できる。
① 今自分は着物を着ないのに、昔親が作ってくれた着物や親の形見の着物がタンスに眠っている。
② 譲られた着物が沢山あるけれども、多過ぎてどれを着てよいのか分からない。
③ 着たい着物があるけれども、シミや破れがありそのままでは着られない。
④ 譲られた着物があるけれども、寸法(特に身丈、裄)が合わないので着られない。

まず①のケースについて考えて見よう。

着もしない着物がタンスに山ほど眠っているのは珍しいことではない。昔と違って、着物を着なくなった今日、着物に興味のない人にとっては、親のきものなど何の興味もない。このような方々にとっては、タンスを占めている着物をどのように処分するかは頭を悩ませる問題のようだ。しかし、このような方々は私どものような呉服屋にいらして相談されることは余りない。時折「古着は引き取ってもらえますか。」とやってくる人はいるが、引き取ってもらえないと分かると早々に帰ってしまう。

中には、ごみ同然に処分してしまう人もいると聞くが、処分するにしても手間が大変だろうと思う。

また、古着屋さんに二束三文で処分してしまう人の話も聞く。どのような着物を処分したのかは分からないが、作った時の価格からすればただ同然と言えるものも多いだろう。しかし、いらないものを
「置いていてもしょうがない」
と思えば持って行ってもらうだけでもありがたいのだろう。
以前、東京の方から相談されたことがあった。
「着物には興味があり、その内に着たいと思うのだけれども、今は忙しくて着る時がない。叔母からたくさんの着物を貰ったけれども、どうしたらよいか分からない。」
と言うものだった。どうしたらようか教えてほしいとの事だったので、とりあえず全部送ってもらって私の所見をお伝えすることにした。

送ってきたのは段ボール箱四箱分だった。紬から訪問着まで、羽織、コートから既成の防寒コートまであった。私は、それらを一つ一つ点検して分類していった。

全て取っておくことはできないだろうから、仕立て替えや丸洗いをしても取っておくべき価値のあるものをまず選び出した。中には少々古いけれども、手描友禅の訪問着もある。

それから、それらにはシミや破れなどの瑕疵がないかどうかを調べた。古いだけに、シミや汚れは取れない可能性が高い。良い物でも、目立つところに大きなシミがあっては着る事はできない。
そうして選び出した着物を今度は寸法の面から分析した。そのお客様は以前浴衣を仕立てたことがある。仕立て替えをした場合、その寸法が確保できるかどうかを調べた。

特に検査するのは、身丈、裄である。寸法が短ければ、内揚は採っているか、反物幅は十分にあるのかなどである。また、染物の場合はヤケていないか。変色していないかを調べる。裄を出したり身幅を出したりすると色に差が出てしまうからである。

そうして数着(三着だったと思う)選び出して、加工して取って置くようにアドバイスした。結局、その三着を仕立て返して納めさせていただいた。もちろん他の着物はお返しした。加工して納めた着物は、今頃次の出番を待ってタンスで眠っているはずである。あるいはもう活躍しているかもしれない。

タンスに眠っている着物の中には、捨てるには惜しい、すばらしい着物も含まれている。「着ないから捨ててしまう」のは簡単だけれども、捨てる前に呉服屋さんに相談してみたらいかがかと思う。自分が着なくても次の世代に伝えられる着物も含まれているかもしれないから。