月別アーカイブ: 2017年5月

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その11)

【振袖】

 「この振袖、どうしたらよいでしょう。」そう言って振袖を持ち込まれるお客様がたまにいらっしゃる。格別汚れていたり、古くてどうしようもないわけではないけれども、「どうしたらよいでしょう。」の言葉の裏には、「もう着ないので。」「着る予定はないので。」と言う意味が隠されている。

振袖は二十歳前に仕立てるのが普通である。十七,十八歳で仕立てる人もいるが、振袖の晴の本番は成人式である。最近は、成人式でしか振袖を着ないので、誂えずに貸衣装に頼る人もいる。いや、最近は貸衣装派が多数を占めると言う。

成人式が終わると、正月に着る人もいるが、最近は少数派である。結婚式も振袖の出番なのだが、昔と違って兄弟の数も減り、結婚式自体が減っているようである。そして、本人が結婚すれば振袖を着る機会は永遠に逸してしまう。

そんな状況を考えれば「振袖は、前撮りと成人式の二回しか着ませんでした。」と言う人も出てくる。これでは、お役御免の振袖を持って「この振袖、どうしたらよいでしょう。」と呉服屋に来るのもうなずける。

昔は、今よりもずっと振袖を着る機会はあっただろうし、兄弟も多かったので、姉妹が着まわしたり、従妹に譲ったりと言った使い方もしただろう。昔は「この振袖、どうしたらよいでしょう。」と言う相談はなかったように思う。

さて、そうは言っても目の前にあるお役御免の振袖はどうしたものだろう。

相談にいらっしゃる方の中には、「袖を切って訪問着にできると聞いたのですが。」と言って来る方もいる。確かに形式的には、袖を短くすれば絵羽の訪問着になる。ただし、袖の柄が切れてしまう。

私が京都にいた三十数年前には、訪問着にできるように柄付けされた振袖が創られていた。袖の柄が一尺四寸位のところで柄が一旦切れて、また柄付けした飛柄の袖であった。当時でも振袖の後利用について染屋でも腐心していたようだ。

振袖の袖を切って訪問着にする、と言うのは的を得ているようだけれども私は余り感心しないしお勧めできない。振袖の柄はあくまでも振袖柄であり、訪問着のそれとは全く別物である。振袖の大胆な柄は袖を切ったとて訪問着になるとは思えない。振袖の柄は振袖柄、訪問着の柄は訪問着柄である。

留袖の柄を考えてみても、上に柄を足したとしても訪問着の柄とは異なる。色留袖の袖や胸、背中に柄を足しても訪問着にはなり得ない。

そんな訳で振袖の袖を切って訪問着にするのは余りお勧めできない。

また、振袖をバラして油単や鏡のカバーにしたいという方もいらっしゃる。それはそれで一つのアイデアである。

私の店に持ち込まれる振袖はやや年代物が多い。「母親が着た振袖を取って置いたけれども誰も着ないので」また母親の振袖を娘に着せたけれども「もう取って置いてもしょうがないから」と言うケースが多い。最近新調した振袖を成人式が終わったからと言って再利用を考える人はいない。目の前に広げられる振袖を見ると再利用の方法よりも「もったいない」の気持ちが私の中では起こってしまう。

最近の振袖もピンキリだけれども、プリントやインクジェットによる染が多い。しかし、私の店に持ち込まれる振袖は、れっきとした手描きや本型染、本刺繍の物が多い。今はもう作っていない(作れない)振袖もある。私には「この振袖を着る人がいればどんなに良いことか。」と思える。そのような振袖は、再利用を考える前に手を通した人の人生のモニュメントとして取って置くことをお勧めしたいがどうだろうか。

「古い着物はどうしたらよいか」の題名で結論付けるには余りにも芸がないと思われるかもしれないが、私にはそうとしか言えないのである。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その10)

【染替の裏技】

若い時に着た着物を持ち込んできて、「これ派手になっちゃったのよ。なんとかならないかしら。」と相談されることがある。訪問着、小紋、紬など、着物であれば何でも歳とともに派手になるのは道理である。その着物に愛着や思い入れがあれば誰でも何とかしたいと思う。

染替については、すでに書いたように無地染め以外は中々難しいところがある。

訪問着の場合、地色を替えようと思えば色留袖以上に手間がかかるし、地色を替えた場合、指定した色に地色を染め替えしたとしても、柄の色との組み合わせがイメージした通りにならない場合がある。

小紋の場合、地色を替えるのはまず難しい。無地染めにしようと思っても柄が邪魔して余程濃い色でなければ染替は困難である。先染めの紬に至っては、色を抜くことはできない。何とも困り果てるのであるが、実は最後の手段がある。

この方法は邪道であり、呉服屋として余りお勧めできないのでお客様の同意を要する。

その方法とは、全体に色を掛けるのである。つまり、派手な着物に色をかけて地味な着物にする。

実際に、どのようにするかと言えば、着物を解いて洗い張りをする。格別シミがあればしみ抜きをする。古いシミのしみ抜きで少々色が抜けたとしても、掛ける色が濃いければあまり問題はない。(本人が気にするかどうかの問題だけれども。)羽縫いした反物に色を掛ける。仕立てて出来上がり。

 ここで問題は、どんな色を掛ければどんな色になのかである。この予測は大変難しい。例えば赤い着物にグレーを掛ける。果たしてどんな色になるのか。私も的確に予想はできない。しかし、地味な着物になるのは間違いない。

今までに数人、このような加工をしたが、今のところ皆に喜ばれた。染の紬に色を掛けたり、鮫小紋に色を掛けたりした。

赤い鮫小紋にグレーの染料を掛けたが、白い地色だった鮫小紋がグレーの地色に渋い鮫柄になり、何とも面白い鮫小紋に仕上がり、お客様にも喜んでいただいた。

この方法は、どのような仕上がりになるか分からないというリスクがあり、あくまでも裏技である。私も積極的にお勧めする方法ではないけれども、着物は色々な可能性を秘めているということだけはお伝えしたい。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その9)

三つ目の事情として、染替をする職人が減っていること、加工代が上がっていることがある。職人の減少は染職人に限ったことではなく、呉服業界全体で言えることだけれども、染替えに従来よりも時間がかかるようになった。白生地を単純に無地染めしてもらう場合でも、従来であればはっきりとした納期があった。しかし、最近は仕事が少ないために注文が貯まらないと仕事をしないという。職人にしてみれば、いつも窯を温めているわけにはいかない。注文が貯まった時点で窯を温めて染めるらしい。一見悠長に見えるけれども、ここにも呉服業界の問題がある。職人の年齢が上がっているために年金を貰いながら片手間の仕事の人が多いと聞く。この先後継者はどうなるのだろうかと心配するのは染職人だけでなく、織職人仕立て職人も同じである。

当社でも染の加工をお願いする業者が少なくなっている。中には職人としての資質が問われるような処も出てきている。それまで無地染、紋入れをお願いする時には、指定の色(色見本)と仕立て上がりの寸法を記載すれば無地の紋付を染めてくれた。ところが、ある加工先では、「紋をどこに入れたらよいのか指定してください。」と言ってくるようになった。プロであれば寸法が分かれば紋の位置はわかるはずなのだが、どうなっているのだろう。それ以来、その加工屋には頼まず昔取引があった加工屋に頼んで何とか加工先を確保した。

ただの無地染、染め替えならばまだ十分に対応できるが、複雑な染替になると果たして受けて良いものかどうか心配になってくる。

二十年位前に色留袖の染替を頼まれたことがあった。色留袖の地色を染め替えるのである。色留袖は裾に模様がある。地色を染め替える時には、模様の部分を糊伏せして地色を染め替える。非常に手間と技が必要な加工である。当時は受けてくれる加工屋があったのでお願いして染替ができた。お客様にも喜んでいただいた。当時としても加工代は10万円以上かかったと思う。しかし、今同じような注文を頂いた場合どうだろうか。まず請け負ってくれるところがあるかどうか。技術的には可能なことなので探せば何とかなるだろうと思う。さて加工代はいくらになるかと言えば、即答できない。お客様に注文を受ければ、すぐに価格の見積もりをしなくてはならないのだけれども、まことに難しくなったものである。

 染替は昔に比べてやりにくくなったことは確かである。しかし、大切な着物、思い入れのある着物であれば遠慮なく呉服屋に相談していただきたい。必ずしも満足できる回答ができるかどうか分からないが、呉服屋の使命としていくつかの選択肢は用意できるはずである。実際に染替するかどうかはそれから決めればよいのである。

Ⅵ-ⅵ 古い着物はどうしたらよいか (着物のメンテナンス) (その8)

 二つ目の理由に、以前できた染替も、着物を取り巻く環境の変化で困難になっている事情がある。技術的には染替が可能でも、コストを考えると実際には踏み切れないケースもある。
その裏には、絹に対する日本人の価値観と絹そのものの価格の変化がある。昔、絹は大変貴重品だった。日本産の絹は、その品質から世界中でもてはやされ日本の主要な輸出品だった。「輸出羽二重」と言う言葉があるように外貨を稼ぐ手段として大量に輸出されたためかどうか、国内でも絹は貴重品だった。「正絹」と言う言葉が「貴重品」と同意義に用いられていたように思う。絹の生地は、わずかな切れ端さえも大切にとって置かれた。
それほど貴重に扱われた絹だけに、仕立てられた着物は、仕立て替えたり染替えたりして大切に扱われた。しかし、絹の価値は下がってきている。若い人の中には「正絹」と言う言葉を知らない人もいるし、その重みを解さない人も多い。その裏には、絹がそれほど貴重に扱われなくなくなってしまった事情がある。
今、日本産の絹は大変な危機に直面している。かつて全国で生産された絹は、今では群馬県と山形県のみになってしまった。それも補助金を受けながら生産してきたが、その補助金も打ち切られてこの先どうなるかは分からないという。補助金なしで生産を続けた場合、価格は三倍にもなるという。高品質を保持し続けてきた日本産の絹は、今でもこれからも貴重品であり続ける。
しかし、一方で中国やブラジル等から外国産の絹が非常に安い価格で入ってきている。当社でもお客様の要望にお応えするために、数種類の胴裏地を用意しているが、外国産の胴裏地は6,000円。標準品で12,000円。純国産品は20,000円以上になるが、この先もっと値上がりするという。
海外の絹は大量に輸入され、アパレル業界でも使われている。シルクのブラウスやシルクのジーンズまでも見かけたこともあるが、それほど高い価格ではない。アパレルだけでなく、シルクのタオルやハンカチなど日常品に使われるようになっている。それは絹が安い価格で流通するようになったからに他ならない。
国産の絹と海外の絹では品質に決定的な差があるといえども、全体としては輸入品が圧倒的に多く、平均的な価格は昔よりもはるかに安くなっている。
絹の話になってしまったが、生地の価格が下がったために、絹に対する意識と扱いが変わってきた。
染替をする場合、洗い張り、しみぬき、ハヌイ、色抜き、染代がかかる。その加工代と新しい白生地を比べてコスト的にどうなるかを考えなくてはならない。もちろん国産の生地で染めたきものであれば、染替えたほうが安くつくけれども、海外の安い白生地であれば、出来合いの色無地との価格差はそれほどなくなってしまう。
お客様に染替を頼まれた時には、そう言ったことを含んでアドバイスしている。やはりお客様には、生地や染替について良く理解していただく必要があると思う。