月別アーカイブ: 2016年11月

Ⅵ-ⅰ「中華そば屋」のような呉服屋(その2)

 この中華そば屋は何を売っているのだろう。そして、食べに来る人は何を食べに来るのだろう。「食べたいものを売る」「欲しいものを売る」、それは需要と供給の原点であり商売の原点である。その中華そばを「あっさりし過ぎていやだ。」とか、「もっと味の濃い方が好きだ。」と言う人もいるだろう。しかし、「この店の中華そばが美味しい。」と言う人が間違いなくいる事は確かだし、それに応えて商売をしている。

この店の主人は、「今風のラーメンを・・・。」とは考えていない。自分の作る昔からの中華そばを食べに来てくれる人がいる限り店を続け、中華そばを出し続けるだろう。大げさな宣伝もせずに、マスコミにも縁がない。客を呼ぶ手立ては、中華そばの味一つである。客が評価すれば客が集まり、客が「まずい」と思えば客の足は遠のく。

極当たり前のことだが、現代の商売とりわけ呉服業界が忘れているものがそこにある。

呉服屋とは本来どのような商売だったのだろうか。洋服がまだ普及しなかった当時は、普段着であれ晴れ着であれ着る物全て呉服屋で売っていた。もっとも当時は普段着を売る太物屋と晴れ着を扱う呉服屋は区別されていたが、今の洋服屋も同じである。高級ブティックとオバサンの普段の洋服を扱う洋服店があるようなものである。扱う商品は違っていても、反物を売り、誂え仕立てをして納める。また、仕立て替えや加工にも応じていた。

お客様の着物に関するあらゆる要望に応えていたのが呉服屋である。どんな高級な着物でも、ちょっとした普段着でもお客様の些細な要望に応えるのが呉服屋である。しかし、現代の呉服屋はどれほどお客様の要望に応えているのだろうか。

最近、仕立て替えを頼まれることが多くなった。初めてのお客様が風呂敷包みを抱えて来店される。そして、「仕立て替えをお願いしたいのですが。」と、恐る恐る聞いてくる。

「はい、お仕立て替えですね。承ります。」と言うと、「他で買ったものなのですがやっていただけますか。」とまた、恐る恐る聞いてくる。

私の店では、どこで誂えた着物でも、どんなに古い着物でも承っている。中には古くて仕立て替えできない場合もあるし、尺が短かったり反物幅が狭かったりで寸法が採れない場合もあるが、その時は十分に説明してどのようにするか、お客様に判断してもらっている。

「誂えた店でしか仕立て替えしてもらえない。」と思っているのは、お客様の思い込みなのか、それともそういう呉服屋が多いからかどうかは分からないが、少なくとも着物のメンテナンスをどこに頼めばよいか困っている人は多いように思える。

仕立て替えばかりではなく、染み抜きや丸洗いなども同じである。昔はそのような事で困ることはなかっただろう。

最近は東京や九州からも加工の注文を頂戴するようになった。多いのは、母親のきものを仕立て返して娘の嫁入り道具にする為で、5~6枚まとめて送ってくる事もある。幸い今はインターネットという通信手段ががあるので、遠隔地であっても寸法等詳細について簡単に打ち合わせができる。

つづく

 Ⅵ. きものつれづれ  Ⅵ-ⅰ「中華そば屋」のような呉服屋

山形は統計上全国に誇れる?ものがいくつかある。二世代同居率がトップらしい。軽自動車の保有率がトップという話も聞いたことがある。いずれも都会ではないが故の現象と言えるかもしれない。

他にはラーメンの消費量(一人当たり)が全国でトップだと言う。何も誇れることではないが、言われてみれば山形にはラーメン屋が実に多い。斯く言う私も月に何度ラーメンを食べるだろう。店の近くにも数軒ラーメン屋があり、周り順で食べている。

名店と呼ばれるラーメン屋もあり昼時は行列ができている。私は時間が比較的自由なので、そういう店に食べに行く時には時間をずらして行くことにしている。

ラーメン屋どうしの競争も激しいらしく、新しい店が出店したと思ったら、一方で退店する店もある。中には一年と持たずに店を閉めるラーメン屋もある。消費量が多いということは、それだけ競争が激しく生き残りが難しいのかもしれない。

さて、そんな山形のラーメン屋に「四天王」と呼ばれる店がある。「四天王」と呼ばれるくらいなのだから、山形のラーメン屋ナンバー4なのだろう。しかし、この「山形の四天王」という言葉はマスコミ等では聞かない。(私が知らないだけかもしれないが。)人づてに、口コミで広がった言葉の様である。ある会議で仙台市出身の山形駅長さんから「山形のラーメンと言ったら四天王でしょう。」と言う話を聞いた。県外から来た人達にも「四天王」は有名で流布されているらしい。

この「四天王」なるラーメン屋は、いわゆる「中華そば屋」である。最近のラーメンと言えば、味噌ラーメンや脂ぎったラーメン、辛味噌ラーメンなどが流行っている。いわば今風のラーメンである。息子が美味しいと言うラーメン屋も脂ぎった味の濃いラーメンである。そんな中で昔からある「中華そば屋」をもって「四天王」が語られている。

昔はラーメンと言う言葉はなかったように思う。ラーメン屋という店はなく、そば屋で中華そばを出していた。当時の中華そばと言えば、薄いスープに縮れ麺、トッピングにシナ竹、鳴門、海苔が乗っている。出前の場合は、海苔に胡椒が乗っている。胡椒がいらない人への気遣いだったかもしれない。

子供にとって中華そば一杯は量的に多かった。子供の頃、そば屋から出前してもらうこともあったが、お店で食べるのとは違って少々麺が伸びていた。そして、子供の私は食べるのに集中することなく、遊びながら食べていると麺は益々伸びて、食べても食べても麺が減らずに苦労したことを覚えている。そうは言っても我々の世代には「中華そば」は懐かしい味である。

その「中華そば」が現代のラーメンの間で間違いなく支持を得て生き延びている。

「四天王」と呼ばれる店は食べた事のある店もあったが、改めて女房と食べに行ってみた。昔ながらの「中華そば」の暖簾を掛けた店もあるが、ただの食堂もある。大きな目立つ看板も出ていないので、初めて行く人たちはつい見過ごしてしまう。地味な暖簾を目当てに何とか店にたどり着く。

その店では中華そばがメインと言うわけではなく、定食物や丼物などがメニューに並んでいる。しかし、その店のお客様の注文は圧倒的に「中華そば」である。

それらの店の店員さんは、店の主人と女将さんだったり、ごく普通の前掛けを掛けた店員さんである。はやりのラーメン屋のように、一風変わった井出達だったり、凝った前掛けを掛けているわけではない。店の造りもごく普通である。

接客は大げさではないが、失礼ではない。はやりのラーメン屋のように大きな声で「いらっしゃいませ。」「へい、味噌一丁上がり。」という掛け声も聞かない。

駐車場も十分ではないので、昼時になればすぐ満車になってしまう。それを承知で時間をずらして食べに来る人たちも多い。

客は中華そばの味だけを頼って集まっている。

私は、女房と中華そばを食べながら「うちの店もこの中華そば屋のような店になりたい」と思った。

つづく

Ⅴ-ⅴ 常識あるもの常識を語らず

きものの常識と思われている事、きものを選ぶときに常識と思われている事の中には、案外常識と言えない事も多い。それは、一部の人が常識と信じている事もあるし、時代の変遷とともに所謂常識でなくなってしまったものもある。

本当の常識とは言葉通り、全ての人(日本人)に共通し、時代を越えて認識されることではないだろうか。

時代を越えて認識される常識とは、「何を着るか」という形而下の世界ではなく、きものを着る精神と言ったらよいのだろうか、形而上の話になってしまう。日本人が昔から守り育ててきたもの、謙譲の美徳とか他人に対する思いやりなど、どの時代にも通用するのが本当の常識の神髄である。

時代によって変化する形而下の常識(TPOなど)は、その時々の常識と捉えることもできるかもしれないが、人によって捉え方に時間差が生じる。例えば「入卒は黒絵羽織」の時代に育った人は、「羽織は着ない」と教え込まれた世代の人とは認識に時間差が生じ、一時的に異なった常識が存在することになる。

一部の人達で流布している常識は、それを議論することは諍いの要因ともなる。どちらが正しい常識なのか、それを判定する人もいないし判定のしようがない。本当の常識を考えれば、そのような諍いは起こらないはずなのだが。

そういう意味で私は、きものの常識は何かと問われれば、「他人に不快感を与えない着物を着る事」と答えることにしている。具体的なTPO、「〇〇の時は▽▽を着てください。」と言うような具体的な話は極力避けることにしている。

私に相談する人は歯がゆい思いをしているかもしれないが、地域や人によって違う常識を断定的に強制するわけにはいかない。

「あの人は常識を知らないね。」と言う人は最も常識を知らない人だろうと思う。常識とは何のためにあるのか、日本人が長年掛かって積み上げてきた常識とは何なのか。そこから考えれば、自分の考えが真実であったとしても他人の無知を笑うのは常識人とは言えない。

きものを着る常識は、皆がきものを心地よく着るためにある。もしも、まかり間違って誰の目にも常識からかけ離れた人がいたとしても、その人を如何にして恥をかかずに皆と心地よくきものを着る事ができるかを考える方が常識ではないだろうか。

「常識あるもの常識を語らず」と思うけれども、如何だろうか。

Ⅴ-ⅳ 常識は変わる?(その2)

同じようなことは他にもある。私が子供の頃、入卒式の父兄(母親)は決まって色無地に黒の絵羽織だった。今よりも着物を着て式に参加する母親が多かったので、皆黒の絵羽織を着ている姿は、制服なのかと思える程だった。

しかし、これも最近は見かけない。私が京都にいた頃(35年前)にはまだ黒の絵羽織は売り場の片隅にあった。しかし、既に黒絵羽織を着る習慣はなくなり、わずかに昔の習慣にこだわる人が娘の為に仕立てる程度だった。その後、黒絵羽織は全く見かけなくなった。

戦前は、婦人の正装は縞お召に黒羽織だった言う。しかし、今はその姿にはお目にかからない。更に時代を遡ると、戦国時代に武将は辻が花染の華やかな柄物の小袖を着ていた。現代は、男性は基本的には染物の着物は着ない。着るとすれば地味な江戸小紋やその類の柄の細かい小紋で色は単色である。今時戦国時代の辻が花のような大柄で多色遣いの着物を着るのは、芸能人かよほどの変わり者だろう。

着物の常識は時と共に変わってきたと言えるだろう。では、何を切っ掛けに常識は変わるのだろう。

それまでの常識に反する、または全く新しい着物の着方は度々散見される。ここ二~三十年の間にも様々な反常識ともいえる着物が登場している。

「紬の絵羽物」、もともと紬や絣は普段着として扱われてきた。そして絵羽という形式は主にフォーマルの演出でもあった。しかし、紬の絵羽物は三十年位前から生産されている。どう言った時に着るものなのか、私は未だに分からない。それでも問屋ではよく売れているという。間違いなく着る人がいるのだろう。今までの常識にはない着物である。

「浴衣の伊達衿」、伊達衿は重ね着の演出である。おそらく十二単衣に源を求めることができるのかもしれない。伊達衿は暖かさの表現である。衿元にもう一枚重ねることによって見る人に暖かさを感じさせる。そして、衿に色を重ねることによってお洒落にもなる。しかし、暖かさを表現する伊達衿を夏のゆかたにするのか。私には理解できないのだけれども、ゆかた用の伊達衿も売られている。

浴衣と言えば、浴衣に帯締めや帯揚げをする人がいる。私の店にも「浴衣用の帯締めはありますか。」と言って来店される方もいる。浴衣に足袋を履いて帯締、帯揚げをするというのは一昔前にはとても考えられなかった。

このような例は他にもまだまだあるが、それらは常識の域に達しているとは言えないものの新しい試みとして常識を揺さぶっているのは間違いない。このような試みが着物の常識を変えてゆくのだろうか。

こう言った試みは、全て受け入れられるわけではない。メーカーや若い人の思い付きで始まったものもあるが、日本人の感性に反するものは淘汰されて消えている。丈の短い浴衣や背が大きく開いた浴衣などが売れ出されたことがある。しかし、それらは直ぐに姿を消している。

二部式の着物と称して紐で止める上着と巻スカートを組み合わせたものが一時出回った。こちらは相当普及していたが、結局姿を消した。流行りに乗じて作った商品が、最後には山積みでバーゲンに付されていた。

結城紬の留袖をメーカーが売込に来たことがあった。普段着の代表格である結城紬の留袖など考えもしなかったし、受け入れるべくもない。しかし、メーカーの人は結城紬の留袖の正当性を説明し、これから普及させるつもりだったようだが、それ以後聞いたことがない。

いろいろと新しい試みが行われているが、やはり日本人の感性に合わないものは自然に淘汰され消えている。突拍子もない若者の試みやメーカーの販売戦略ありきの商品は簡単に受け入れられるものではない。

いくら着物が縁遠くなり、着る人が少なくなったとは言っても、日本人には日本人の感性があり、それに反するものは受け入れられない。形式的な常識は、時と共にこれからも変わってゆくかもしれない。しかし、長い間に育まれてきた日本人の感性は、そう簡単に変わることはない。その日本人の感性こそ、日本人の常識であり、着物の常識なのではないだろうか。