月別アーカイブ: 2016年8月

ⅴ-ⅲ 良いきものの証(その6)

国産の絹糸の品質はずば抜けている。絹糸の品質と言えば、均質性と細さである。

白生地屋さんが白生地の学術的なシンポジュウムの資料を見せてくれたことがあった。日本の繭である小石丸や新小石丸等日本産の絹は均質性と細さにおいて数値的に証明されていた。

富岡製糸工場が世界遺産となり国産白生地のキャンペーンが行われたが、持ち込まれた白生地は品質の良さが感じられた。どのように感じられたかと言えば、私は反物を巻いた時感じられた。私はこの業界に入ってこの方どの位の反物を巻いただろうか。

反物の巻き方は簡単なようだが難しい。慣れてしまえば簡単なのだが私も最初は苦慮していた。両手の薬指と小指使って反物を送り巻いてゆくのだが、国産の反物の感触は明らかに違っていた。一口で「サラサラ」としか言いようがないが。

さて、国産と一口に言ってしまったが、この定義がまた難しい。繭から白生地になるまでには沢山の工程を経てできる。大きく分ければ四工程である。

1.繭から生糸を採る   ・・・  製糸

2.糸を撚る       ・・・  撚糸

3.生地を織る      ・・・  製織

4.生地を練る(糊を落とす)・・・  精錬

白生地業界では国産の繭からこの全ての工程を国内で行ってできた生地を「純国産」と言っているようだ。全て海外で行うものもあるが、海外の繭を使い一部の工程を国内で行うものもある。

最後の工程である精錬だけを国内で行っているものもある。それらは生地の端に「精錬-日本」と刻印してある。消費者にとっては日本製なのかどうか、またどれだけ品質を保証するものなのか分からない。

現在の白生地は上記の理由で玉石混淆の状態にある。昔の様に「しっかりとした生地」「重い生地」だけでは判断ができなくなっている。消費者が生地の良し悪しを判断するのは難しくなっているのではないだろうか。

私は誤解を恐れずに言えば、消費者には「生地の良し悪しはそんなに気にしなくても大丈夫ですよ。」と申し上げたい。もちろんこれには前提が伴う。

つづく

ⅴ-ⅲ 良いきものの証(その5)

⑤ 生地

きものを選ぶ際に生地の良し悪しは大切である。「良い生地を使っています。」とか、「生地がしっかりしています。」と言う売り口上も聞かれる。

留袖や訪問着、小紋、襦袢また紬、帯も生地には変わりないが、一般に生地の良し悪しが云々されるのは縮緬や羽二重である。紬を手に取って「この生地は良いです。」というのは余り聞かない。その場合は、「これは良い織物です。」とか、「良い紬です。」と言われる。帯も同じである。そういう訳で、ここでは「生地」とは縮緬や羽二重地の事として話を進める。

縮緬地や羽二重地には良い生地(高価な生地)もそうでない生地もある。商品に良し悪しがあるのは他のどのような商品とも同じである。

昔は生地の良し悪しの尺度は量目(重さ)であった。もちろん糸の質等他の要素もあったかもしれないが、絹が貴重品の時代にはどれだけの絹糸が使われているか、すなわち重さがいくらあるかが生地の尺度であった。

縮緬地の量目は「貫六」「貫八」等と呼ばれている。「貫六」というのは十反で1貫600匁、メートル法で言えば6kg、一反あたり600gの意味である。「貫八」は一反675gで「貫六」よりも重い。更に重い生地では「二貫四百」(一反900g)も織られている。

昔は重さを尺度としたために、糊で増量することも行われたという。昔仕立てた着物を広げると、裏地の羽二重に茶色のシミが全体に付いているものがある。これは、今ほど精錬を徹底して行わなかったためである。糊を完全に落とせば同じ生地でも軽くなり、生地の評価が下がったためである。

このように、昔は「これは良い生地です。」というのは、「重い反物です。」とほぼ同義語であった。ここで言う「昔」とは昭和40年頃までと思う。

さて、現代は昔ほど絹は貴重品ではなくなった。「輸出羽二重」と言う言葉が残っているように、絹は当時の日本の輸出花形品の一つとして生産されていた。高価な絹は外貨を稼ぐ貴重な商品だった。しかし、現在絹を生産(蚕を飼っている)しているのは、山形と群馬のみである。(少量生産しているところは他にもあるが。)数少ないそれらの産地も補助金でようやく成り立っている。それも間もなく補助金が打ち切られて国産の絹は姿を消す運命にあると言う。

現在絹は量的には圧倒的に輸入品が多い。中国やブラジルである。価格的に国産品はとても太刀打ちできない。輸入品の胴裏羽二重地は私の店で6,000円である。(十分使用に耐えうるもので、更に安い商品も流通していると思う。)一方純国産の胴裏となると20,000円を下らない。それもこれからはもっと値上がりするという。

量的に十分に絹が供給される今日、昔の様な薄い(量目の少ない)生地は作られなくなった。昔の着物みると、透けて見えそうな表生地も時には見られるけれども、現在そのような生地は見かけない。通常貫六から二貫二百位まであるけれども、いずれも十分に使用に耐えるものである。そして、糊を増量するという話は全く聞かないし、そのような生地にはお目にかからない。

現在の生地の良し悪しは量目だけでは計れない。

つづく

ⅴ-ⅲ 良いきものの証(その4)

➃ 落款

きもの、特に留袖や訪問着などの絵羽物では、落款が消費者の目を曇らせる一因となることがある。

落款(落成款識)は、その作品の作者が署名をする意味がある。作者が責任をもって作品を創ったことを意味している。作家物と呼ばれるきものにはほとんどこの落款が押されている。きものの場合には下前のおくみ。染帯の場合は垂れ裏に押されていることが多い。

書画ではこの落款は原初の意味を越えて美的価値を高める役割もしている。白い紙に黒い墨で書かれた書画の片隅に陽刻と陰刻の二つの朱印落款が押されることによって作品はより引き立つ。書画の作品では、大家の作品ならずとも本気で趣味としている素人作品にも落款が押され、作品の一部ともなっている。

しかし、染織の世界で落款は、作品の一部ではなく、むしろ目立たないところに押されている。きものでは人目に触れない下前のおくみに押されている。染帯の場合は、垂裏に押されている場合が多いけれども、帯の場合仕立て方によっては垂に出すこともできる。落款を垂に出してほしいと言う人もいるが、人の目につく場所に落款を出すのはどうも抵抗を感じる。

きもの、染織の世界で落款は、あくまでも作者証明の為に押されるものであり、書画のような作品の一部とは成り得ない。

加賀友禅は全て登録された加賀友禅作家の作品で必ず落款が押されている。私が仕入れする場合は、落款を見て、「ああ、やはり○○さんの作品ですか。」と作者を確認する目安となるが、作品そのものに影響するわけではない。

しかし、その落款がすばらしい価値があるかのように流布されている帰来がある。

「この作品は○○先生のものです。」と説明する為ならよいが、「これは落款入りです。」と、落款が押してあるきものは高価であるかのような説明である。絵羽物(留袖や訪問着)に落款を押したものが多い。作家の落款が押してあるのが本当なのだが、中には作家の落款ではないものもある。作家の落款でないものは落款とは言えないのだけれども、落款のような朱印が押してある。聞いてみると、染屋や工房の印である。

染屋や工房が落款?を押すことは問題はない。むしろ染屋や工房が作品の出所を明らかにするものとして責任を明確にする意味がある。それだけなら良いのだけれども、落款の押されたきものは消費者がありがたがるといった背景はないのだろうか。いや、消費者がありがたがるのではなく、売り手が消費者をありがたがらせる道具となってはいないのだろうか。

きものの価値は落款にあるのではない。落款は出自をあきらかにするものであって、きものの本当の価値はその作品そのものである。きものを購入する場合、落款があるかないかではなく、そのきものが自分にとって価格に見合う価値あるものなのかどうか、それだけである。

ⅴ-ⅲ 良いきものの証(その3)

③作家物

「これは作家物です。」

こう言った商品説明を受けた経験はないだろうか。そんな時は、その商品に対してどのような印象を抱くだろうか。「この商品は高価だな。」と思うかもしれない。

「作家物」とは、「作家が創ったもの」の意である。では「作家」とは何だろう。

「作家」とは、その作品を作った人である。染織の世界のみならず、芸術や文学の世界でも使われる。その作品を創った人が特定できる場合、その人がその作品の作家である。

きものの場合、「作家物」と言っても、作家一人で作品を仕上げるというのは稀である。

加賀友禅は協会に加盟している作者は全て加賀友禅作家とされている。加賀友禅作家は、図柄を創作し、糸目を入れ、指し色を考える。ほぼ作家のオリジナルであるが、弟子やその他専門職の手を借りている。それでも、加賀友禅作家は作家としての地位を得ている。

江戸小紋には作家物もある。しかし、伊勢型紙を彫る作家、型染作家両方の手を借りている。染織においては、絵画のように作家本人全く一人で仕上げるのとは少々違うかもしれない。

きものの世界では、この「作家」が頻繁に使われる。冒頭に記したように「これは作家物です。」と言う様に。

きものの世界では何故それ程「作家」という言葉が飛び交うのだろうか。

私もお客様に、「これは作家物です。」と説明することがある。その言葉の裏には、「この商品は高価です。」「この商品が高価なのは・・・。」と言う意味があるのは否めない。

私が「作家物」と説明する商品は、私が「作家物」として認められる商品のみである。私の「作家物」の尺度はどの程度のものか、その保証の限りはないが、私が常日頃商品を仕入れ、問屋にその商品の説明を受け、その商品が明らかにその作家の手になるものであり、作品として秀でていると思われるものである。

「私が、作家物である、と思う商品以外は作家物ではない。」などと大仰に言うつもりは全くないけれども、「作家物」の範疇はどこかで線を引かなければ大変なことになってしまう。

きものの世界では「作家物」が氾濫している。その結果、「これは作家物です。」の乱発となるのである。

私が、「これは作家物です。」と説明する場合は、少なくともどのような作家であるかも説明している。説明できなければ、「これは作家物です。」とお客様に説明することはできない。

問屋から「これは○○先生の作品です。」と言われて仕入れたとしても、自分が納得できなければ作家物としてお客様に勧めることはできない。

ある有名な作家の作品とされているものが、問屋に山積みされている。果たしてそれ程の数の作品をその作家は創れるのだろうか。

きものの業界で「作家物」が氾濫していることは確かである。小売店は「作家」の意味をよく理解し、消費者への説明責任があるが、実際にはそうは行っていないのが現実である。いや、むしろ作家はどうでもよく、「これは作家物です。」の一言で消費者を惑わせようとしているように思える。

「これは作家物です。」の説明を受けた時には、その作家がどのような作家で、どのような作品を創っているのか、詳しく説明を受け、自分が作家として評価できるのかどうかを考えてみる必要がある。もっとも、その前に、その商品が作家物であろうとなかろうと、自分が好きな商品(着たいと思うきものなのかどうか)の判断が大切である。