月別アーカイブ: 2016年7月

ⅴ-ⅲ 良いきものの証(その2)

②箱入れ、桐箱

呉服に限らず、日本の文化には(日本だけではないかもしれないが)、大切なものは箱に入れる、特に大切なものは桐箱に入れる、と言う慣習がある。

お菓子は袋にバラ詰めするよりも紙箱に入れた方が体裁が良く、より高級感がある。茶の湯に使う茶碗は高級なものは桐箱入りである。より高級(高額)な茶碗は四方桟の桐箱に、そこまでではない茶碗は二方桟の桐箱に入れられる。それより安い物は紙箱に入れられたりもする。

四方桟の桐箱を見ただけで、「高価な名碗が入っているのだろう。」と想像してしまう。

さて、呉服の場合、袋帯は箱に入っている場合がある。私の店でも袋帯を仕入れるとボール箱に入って来る場合と透明のポリプロピレン(OPP)の袋に入ってくる場合がある。

どういう帯がボール箱に入ってくるのかと言うと、高額なものが多い。しかし、織屋によっては、価格に関わらず織屋の名前が入ったボール箱に入れてくる処もある。また、安価な帯でも帯の名前が印刷された立派な桐箱に入ってくる物もある。

しかし、仕入れではなく問屋から帯をたくさん送ってもらった時には高額な帯でもOPPの袋に入ってくる事もある。

「箱入」「桐箱」と言う文化は、物をより大切に保存するといった動機から起こったものと思うが、果たしてそれを逸脱している例が見られる。

以前、お客様同士の会話で次のようなものを聞いたことがある。

「箱に入った帯は良い良い帯なんだって。」

消費者が帯の良し悪しを一目で判断するのは難しい。帯の良し悪しを判断する拠り所の一つが『箱入り』なのだろう。必ずしもその判断は誤りとは言えないが、そうではない。上述したように企画物の袋帯の中には、そう高価でもない袋帯が立派な桐箱に入っていることもある。

帯ばかりではなく次のような話を聞いたことがある。

全国で展示会販売ををする小売屋さんは、立派な桐箱に仕立物を入れて納めると言う。それも肉厚でかまぼこ型の桐箱という。さて、それ程の商品なのかと言えば疑問が残る。受け取るものとすれば、仕立物が桐箱に入れられ納められるのは、高級品ならではのサービスと喜ぶだろう。

しかし、そこに落とし穴がある。きものや帯に限らず、箱入り、桐箱入りの商品はしても高価に見える。中身はどうあれ、とても高級品、高額品に見えるのである。消費者にとって価値の分かり難いきものはその効果抜群である。

桐箱に入ったお菓子が不味ければ、「なんだ、こんな菓子を桐箱に入れるのか。」と思えるけれども、きものの場合は全て美味しく(高価に)思えてしまう。

箱入り、桐箱入りの価値を正しく評価すれば、

「良いきものは、箱入り、桐箱入りの場合がある。」

「箱入り、桐箱入りのきものは、必ずしも良い物とは限らない。」

そして、最後に

「箱入り、桐箱入りの着物は消費者の目を曇らせてしまう場合がある。」

そう考えては如何だろうか。

ⅴ-ⅲ 良いきものの証

きものを着る人は誰でも良いきものを求めたいと思っている。きものに限らず買い物をする人はより良い商品を求めている。

牛乳を買う時、より良い鮮度のものを求めるために棚の奥にある牛乳を引っぱり出したりするのは私だけではなかろう。牛乳パックには賞味期限が刻印されている。牛乳だけではなく食品一般、消費者はより賞味期限の長い商品を選ぼうとする。

それが為に賞味期限の迫った商品が廃棄される、と言った食糧事情にとっては悲劇が生まれているが、消費者がより良い商品を求めることは悪い事ではない。

では、きものを選ぶ際、消費者は一体何を頼りにより良いきものを選ぼうとしているのだろうか。牛乳パックの賞味期限の刻印を確かめる如く、きものの何をもってその判断材料としているのだろうか。

実際にきものを選ぶ時には、様々な観点からきものの良し悪しを判断する。同じ牛乳であれば賞味期限で選ぶといった単純な選択にはならない。私も長い事きものを商ってきた。問屋の修行時代にはよその商売も数多く見てきた。その中で、消費者がどのような事を判断材料にしているのか分かっているつもりである。以下、その一つ一つを解析してみたい。

①価格

価格を良いきものの判断材料としている人は多いだろう。「価格の高い商品は良い商品」と言う判断である。

確かにこの道理は一脈ある。どんな商品でも高い物は良い物、と言うのが一般的である。良い商品は高価な材料を使い、高度の技術によって創られている。従って価格は高価になる。しかし、この道理が消費者の目を曇らせる一因ともなっていることを忘れてはならない。

きものの価格形成については繰り返し繰り返し述べてきた。仕入れの仕方、販売の仕方によって小売り価格は数倍の差が出るのである。A呉服店で10万円のきものが、Bでは30万円という事は珍しくない。全く同じ商品で30万円の方が良い商品ということはない。しかし、他よりも高額で買ったきものを、それだけの価値があると信じ切っている消費者もいる。

かつてバブルの頃、アパレルの関係者が次のような事を言っていた。

「今、安い物は売れませんよ。毛皮なんか安く(値段を)付けると売れないんです。高く付けると飛ぶように売れるんです。」

バブルの時代、「高ければ良い物」の信仰が絶頂だったのかもしれない。しかし、消費者の心理を良く突いている。バブルが去った今日、他の多くの業界では「商品価格が高ければ消費者が良い物と判断して購入する。」と言うような方程式はもう通じてはいないだろう。しかし、呉服業界ではまだまだ通用しているように思える。

「良い商品は高価である。」これは、業界の如何を問わず真である。しかし、「高価なものは良い商品である。」とは言えない。数学的に言えば、必要条件十分条件の関係である。

きものを購入するにあたっては、「高価に売られているきものは、必ずしも良いきものではない場合もある。」という事を頭に入れておかなければならない。

Ⅴ ⅱ きものは高い?(その5)

紬と言う織物が全てそうであるように、昔は商品としてではなく自分たちが着るために織ったものです。絹糸に限らず、麻や綿その他の糸を家庭で織り夫や子供の為に織ったのが普段着です。相当に手間暇が掛かったでしょう。農作業や家事の合間に織って何日も掛けて反物を織り上げたのでしょう。

現代の労賃で考えればとてつもなく高価かもしれません。そうして織られた生地で普段に着る着物を仕立てて着ていました。そして、それは大切に着られました。何度も仕立替えをして、擦り切れて着れなくなれば、解いて子供の着物を仕立てるといった工夫もされました。

自分で機を織り、自分で仕立て、そして完全に使えなくなるまで使用する。それは現代の感覚では計り知れないようにも思えます。

労賃を金で換算し、現代の流行りの洋服のように一時しか着ない、もしも破れたり汚れたりしたら簡単に捨ててしまう、そういった感覚で言えばきものは大変高価かもしれません。

日本のきものの神髄を良く考えていただきたいと思います。

きものを全く持っていない人で「きものは着たいけど高くて」とおっしゃる方に私は次のようにアドバイスしています。

女性の場合は、「お母さんやお婆さんのきものはありませんか。」、男性の場合は「親父さんやお爺さんのきものはありませんか。」そして、「あればお仕立て返致します。」と。

仕立替えであれば、洗い張りと仕立て代だけで済む。そして、古着を着るのと違い自分の寸法で仕立てられる。とても安く済むのである。

しかし、そう言われて奇異に思う人も多い。洋服の感覚で言えば、母親が来た古い着物を自分が着るというのは受け入れられないのだろう。母親のきものを仕立て返して着てきものの良さを知ってもらうというのは、とても良いことだと思うのだがいかがだろうか。

現代の洋服の感覚を離れて、日本のきものの神髄を理解すれば単純に高い安いの議論とは違った位置にあることを感じられると思う。

しかし、「そんなこと言ったって・・・。」と思う人が多いだろう。呉服屋の店頭には高価なきものが並び、きものを作ろうと思うと結局大枚をはたいてしまう。

きものを着たい人に仕立替えを勧める呉服屋はまずないだろう。お客にはいかにして高いきものを売ろうかと腐心している。中には、その気もないお客にきものを売る為にあの手この手で店や展示会に誘い出す。そう言った呉服屋の所業が、益々きものを高いものと消費者に思い込ませ、消費者をきものから遠ざけていることに呉服屋は気が付かなければならない。また、消費者は賢明にきものの神髄を知っていただきたいと思うのである。