月別アーカイブ: 2016年4月

Ⅴ 呉服の常識と言われていることは常識か?

呉服業界は危機的状況である。何が危機かと言えば、定性的には業界の体質そのものに起因するのは既に述べてきたとおりである。定量的には呉服の販売が減少している。一頃2兆円と言われた呉服市場は3千億円を下回っているといわれている。間もなく2千億円となり、以前の十分の一に減少してしまうのだろう。

何故呉服の販売が減少しているのか。それはズバリ着る人が少なくなっているからである。では何故きものを着る人が少なくなってしまったのか。これも様々な原因が考えられる。ライフスタイルの変化と言ったきものを取り巻く環境そのものにも原因はあるが、きものに対する誤解や偏見など、きもの業界のいわば内部の問題も多くあるように思われる。

「きものは高い」「きものは着る機会がない」「きものはしきたりが難しい」など、きものを着ようとする気持ちを萎えさせてしまうような事柄がきものを着る人達やきもの業界で流布され庶民からきものを遠ざけているように思える。

お客様達から聞こえてくるそれらの事象は、よく考えれば「いや、そんなことはありませんよ」と言えるものが多く、きものに対する誤解がいかに浸透しているかが分かる。

とは言え、巷に流布されている常識は余りにも単純明快で、また津々浦々に浸透し誰でも鵜呑みにしてしまうほど完璧に思えるので、それをあえて真実かどうか深く考えようとする人は見当たらない。それでも心の底ではおかしいと思っている人も多いことと思う。

次回からきものを着ようとしている人達の気持ちを萎えさせている常識と言われている事柄について一つ一つ考察しあらぬ誤解を解きほぐし、一人でも多くの人が気持ちよくきものを着れるようになってもらいたいと思う。

Ⅳ ⅷ 減少する商品(その2)

実際に名古屋帯を仕入れようと問屋に行くと、名古屋帯は本当に少ない。数が揃っていても、せいぜい2~3社の織屋の帯しかない。織屋によって帯の表情には特徴があり、同じ織屋の帯は柄が違えど雰囲気は同じである。同じ山に積んである同じ織屋の名古屋帯を数本見れば、その山の帯が必要かどうかわかってしまう。興味が湧かなければ、同じ織屋のすべての帯の柄を見る気にはなれない。

問屋によって取引している織屋が違うので他の問屋に行って探すこともできるが、どの問屋も商品の数は多くない。

こう言った商品の減少は織の名古屋帯に止まらない。染帯もしかりである。

昔は染帯も織の名古屋帯同様にたくさんあった。染色工芸作家が創った高価な染帯から、普段に締められるような染帯まで、昔は問屋さんに所狭しと並んでいた。しかし今は問屋に行っても染帯はろくろくない。「染帯は・・・。」と尋ねると、「こちらです。」と案内されるが、やはり名古屋帯と同じく同じ染屋の染帯が一山あるだけである。高価な染帯を前に、「もっと安いのは・・・。」と聞いても、「安い染帯は創っていませんよ。」と言う答が返ってくる。

名古屋帯や染帯に限らず小紋や紬、その他の商品についても同じことが起こっている。きものに関するお客様の要望に100%応えたいと思うのだけれど、商品の感性や価格の面においてボロボロになった障子のように、あちこちに商品の空白ができてしまっている。きものを選ぼうとすると、その選択肢はとても偏狭になっている。

初めてきものを着る方やこれからきものを揃えようとする方にとってはそれほど不便を感じないのかもしれない。どのようなきものを薦められても「きものはそんなもの」思うかもしれないから。しかし、きものは本来晴着から普段着まで、高価な工芸品から普段の汎用品まで、夏でも冬でも四季を通して着ていたもので、その場に合う着物や帯があった。

今日着物を取り巻く状況は昔とは大きく変わってきている。数的にもアイテムでも商品が減少した中で、それでもお客様の要望に沿った商品を探し提案するのは呉服屋の使命と思う。しかし、今後益々メーカーの廃業が進み、工芸品のような高価なきものしかなくなったり、「帯は袋帯しか織っておりません」等と言う事態にならないとも限らない。そうなれば、きものはもはや生きた日本の文化とは言えなくなるだろう。

織屋さん染屋さんをはじめとするメーカーの方には頑張っていただきたいと思うと同時に、小売店も商品の仕入れに対する努力を重ねなければならないと思うのである。

Ⅳ ⅷ 減少する商品

きもののメーカー、すなわち織屋染屋が減っている。利益が出ない、後継ぎがいない等の理由で廃業するメーカーもあるが、倒産破産するメーカーも少なくない。

先日、西陣の老舗織屋「北尾織物匠」が店を閉じた。「北尾織物匠」は高級袋帯の織屋として有名だった。高価な帯なので、私の店でも中々買い取ることはできなかったが、お客様に注文を受け、いくつかの織屋の中から同織屋を指名して袋帯を取り寄せることもあった。伝統的な織を守った本当の老舗織屋だった。

西陣織協同組合では加盟する織屋に番号を付与している。(「フォトトピックス10. 西陣の証紙が変わりました」参照)「北尾織物匠」の織屋番号は7番。組合設立の時のチャーターメンバーは三十数件だったらしく、そこまでは五十音順に番号が付与されている。今まで織屋番号は二千数百付与されているが、廃業した織屋番号は欠番となっている。1~6番までは既に廃業している。「北尾織物匠」の7番が現在最も若い番号だったが、これも欠番となり、今筆頭は8番の「泰生織物」である。その「泰生織物」も数年前規模を大きく縮小して帯を織り続けているという。

既に多くの織屋が姿を消してしまった。生産量も激減している。呉服業界の販売額の激減を考えれば、ある意味適正な縮小と見れなくもない。しかし、問題はもっと深いところにある。

西陣の帯は織屋によって全く違った顔を見せる。帯にはその織屋が織る作品に特徴があり、他の織屋とは違った雰囲気の帯が織られている。見慣れた織屋の帯であれば、見ただけでどの織屋の帯かが分かる。着物に合わせる帯を探すとき、昔は多くの織屋の帯の中から最も似合う帯を選ぶことができた。

しかし、今は織屋の数が少なく、選べる帯の数は限られてきている。仕入れする時にも、あらゆるお客様の要望に対応できるように、できるだけバラエティに帯を仕入れようと思うけれども、最近は難しくなってきた。私が仕入れてきた帯を見て、「また同じような帯を仕入れてきたの。」と女房に言われることもしきりである。織屋の減少は、帯の生産量の減少のみならず、帯の選択肢の範囲が狭まる一因となっている。

それでも、袋帯の場合は、需要の減少にリンクして量的に不足感はない。京都に仕入れに行けば、高級品から安価な帯まで山積みされている。しかし、名古屋帯は品不足が否めない。

昔から大手の織屋は袋帯から名古屋帯、織屋によっては角帯や半幅まで織っていた。織屋の中には、黒共帯専門の織屋や子供用帯(丈二)を織っている織屋もあったけれども、ほとんどの西陣の織屋は袋帯、名古屋帯織っていた。

しかし、最近、名古屋帯を織る織屋が急速に減ってきたように思える。ある問屋さんの話では、「今、まともな名古屋帯を織っているのは○○と××だけですよ。」と言う。

Ⅳ ⅶ きものが分かるきもの屋はどれだけいるのか(その3)

寸法は呉服屋がお客様にきものを納める時もっとも気を遣う。実は私は採寸に余り自信がない。自信がないと言ってしまうと呉服屋として不合格と思われてしまうかもしれないが、きものの寸法は着る人の好みに左右されるために、如何に最新の注意を払って採寸したとしても、「ほんとうにお客様に着易いと言ってもらえるだろうか」と言う思いが消えない。

「この前仕立ててくれた着物、寸法がぴったりでした。」と言った言葉を聞くまでは落ち着かないのである。

「この前の着物、寸法はいかがでした。」とお客様に聞くと、「あの着物まだ着ていないんです。」などと答えられると、裁判の判決が先に延ばされたような気にもなってしまう。

きものの商品知識や仕立てについて、消費者が頼れるのは呉服屋である。しかし、知識のない呉服屋が増えれば、呉服屋の言うことを金科玉条と受け止める消費者はどうなるのだろう。誤った知識が消費者の間に次第に広まってしまう。自分が聞いた知識が全てと他の人の言うことを顧みない人同士が益々きものの世界を歪めてしまうのではないだろうか。

良心的にきものを守ろうとしている人たちが逆に異端視されることさえも考えられる。

きものは日本人が長い年月をかけて築き上げてきてものである。先人たちの知恵と努力で今日のきものがある。それを全て理解することはとてもできないことではあるが、呉服業を生業とする人たちは、少しでも正しく理解する努力をして、それをお客様に伝える義務を帯びているのではなかろうか。売る為だけの技術を磨き、きものの行く末をないがしろにする呉服屋は猛省してもらいたいと思う。