月別アーカイブ: 2016年2月

Ⅳ ⅵ TPOで着物は崩壊しないか

「こんな議論はもう終わりにしよう。」

「いつまでこんな議論を続ける気だろう。」

「こんな議論に私は交ざりたくない。」

私はこのような気持ちでいる。「こんな議論」とは、きもののTPOに関する議論である。

いつどのような着物を着たらよいのか。どの着物にどの帯を合わせればよいのか。これは誰でも気になるし、よく学んでいただかなければならない。しかし、このような議論が着物を崩壊させるのではないかと思うことがある。

次は私の質問コーナーに読者から寄せられた質問の一節である。

「一人の年配の女性が、私の着物と帯のコーディネートを見て、「あら、あなたコレは間違えている。ダメよ、せっかく大島着ているのに、大島が泣くわよ。まだあなたは着物をよく知らないのね紬はね、織の着物だから、染めの帯じゃないと。そしてどんなに高くても紬は普段着扱いよ。」と・・・(初対面で公衆の面前で・・・泣)」(よくある質問513.いわゆるコーディネートについてhttp://www.ykya.co.jp/yokuarusitumon/511-520/513/ys.htm)

着物に関して何故このような言葉が出るのか私にはまったく分からない。見ず知らずの人に説教をするこの方は着物のことを全て知っている人なのだろうか。そうでないだろうことは容易に想像がつく。

「紬には染帯以外締めてはいけない。」と言うのがこの人の主張のようです。そして、それが絶対であるという言い方をしています。果たしてこれは真実でしょうか。紬に織の帯をしている人はたくさんいます。この主張は明らかに間違っています。

この例は極端ですが、これと似たような議論があちらこちらでされています。それらの多くの議論ではどちらにも軍配を上げられないような事で口角泡を飛ばしています。どちらも自分の説が正しいと譲らず、結論が出るはずもありません。

議論をすることは良いことです。真実を探求することは必要で、私もそれは大好きです。

「火星に生物はいるのか。」と言う命題があったとしましょう。「火星に生物はいる派」と「火星に生物はいない派」は、それぞれ証拠を持ち寄りながら議論することになります。最新の観測データを元に自分たちの説が正しいことを主張するでしょう。証拠の如何によりどちらかの説に偏り、また他の証拠によってそれが否定されることもあるでしょう。そして、次第に真実に近づくことになります。そして、その先には確固とした真実が存在します。つまり、真実は火星に生物がいるかいないかのどちらかだからです。

確固たる真実がある場合、議論は大変有用です。お互いに真実に近づこうとして議論しているのですから。

さて、着物のTPOに確固たる真実はあるでしょうか。全国の人が、あるいは日本人、着物を着る人が守らなければならない真実とはなんでしょうか。私は、その真実はあると信じています。しかし、それは、巷で議論されていることとは全く別物です。

つづく

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その7)

現状では、織屋がいくら良い帯を織っても、染職人がいくら丁寧に染めてもその仕事は評価されず安い商品ばかりが売れてゆく結果となる。消費者は安い商品を求めているのだろうか。着物に限らず消費者は、良い商品を求めているはずである。

性能の良い車、デザインの良い車が評価されれば結果的に更なる性能が向上しデザインが磨かれるのと同じように、消費者が良い商品を求めれば、日本の染織は守られ後世に伝えられる。消費者のきものに対する正当な評価が必要である。

きものの場合、他の製品と違うのは、一般人の実生活から離れてしまっている為に製品に対する評価が困難になっていることである。どの染が良い染なのかが分からない。どの織が良い織なのかが分からない。どの白生地が良い白生地なのかが分からない、と言うように、普段余り目にしないきものの評価が難しくなっている。

しかし、私は消費者にきものを評価する目がないとは思っていない。初めて着物を仕立てに来たお客様に商品をお目にかけると、ほとんど良い商品に目が行っている。何も言わずにプリントの小紋と手描きの小紋をお目にかけると(もちろん値段は伏せて)ほとんどの場合、手描きの小紋を選ぶ。ただし、値札をお目にかけると、「やっぱり高いんですね。ちょっとそこまでは・・・。」と言う言葉が返ってくることもしばしばである。

消費者の無垢の目には良い物を見分ける力は備わっている。その力で着物を評価していただければ日本の染織の将来も明るいのではないかと思うことしきりである。そういう意味で、日本の染織を育てる力は消費者には備わっているし、私は期待している。

しかしながら、問題は業界にある。消費者の目を正しく育てる環境を創っていない。あらゆる雑音が消費者の目を狂わせてしまっている。着物の本質とは関係のない接待や勧誘、法外な価格の設定など。真摯に着物に向き合おうとする消費者の目をそらそうとしているかのようである。

消費者は間違いなく良い物を求めている。それに応えるのは着物業界であり、消費者と織屋染屋をつなぐ着物の流通を担う呉服屋であり問屋である。着物業界のなりふり如何によって日本の染織の将来は左右されるだろう。

織屋染屋、そしてそこで働く織職人、染職人がこれまでに培ってきた日本の染織をより良い物として生み出し、それを消費者に如何に正しく伝えられるのか。着物業界に与えられている責任は重い。ただし、それを受け取る消費者にも是非とも心していただきたいことがある。現在の着物業界がまことにおかしな状況にあることを認識したうえで、冷静に着物の将来を見つめてもらいたいと思うのである。

着物業界に蔓延しているあらゆる雑音を払いのけて、「本当に自分が欲しい着物は何なのか。」「どの染織品を本当に素晴らしいと思っているのか。」「価格は妥当なのか。」等々、着物に真剣に向き合っていただけば、自然に雑音は消え去り日本の染織の将来を照らす光が見えてくると思えるのである。

着物は、それを創る人達だけのものではなく、着る人達だけの物でもない。まして、それを流通させる人達のものではもちろんない。日本人皆が着物、日本の染織に真摯に向き合うことが大切である。

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その6)

きものは、技術革新や手間を省くといった手法で安くなっている。それは工業製品が安くなるのとはわけが違う。工業製品は、技術の革新、大量生産によって同じものがコストダウンで安くなっている。車や電気製品は昔に比べればはるかに良質の物が安価に売られている。かつて昭和30年代、テレビはサラリーマンの月収の数か月分と言われていたが、現在はハイビジョン、液晶、大画面のテレビがわずか数万円で買うことができる。

工業製品のコストダウンは我々の生活を豊かにしてくれている。きものの場合はどうだろうか。きものが安くなったことは我々にどのような影響があるのだろうか。

染織の歴史は太古の稚拙な技術から今日に至るまで創意工夫を重ね、多種多様で高度な染織品を数多く生み出してきた。染物では、天平の三纐と呼ばれる稚拙にして非常に高度な染物(変な表現だけれども私にはそう思える)から友禅染にいたるまで。織物では、単純な平織りに始まり多種多様な織物が生み出されてきた。それは技術の積み重ねであり、日本の歴史の積み重ねでもある。その歴史を集積したような日本の染織が今退歩しているように思えてならない。

生産は需要が伴わなければ成り立たない。どんな高度で精緻な技術で造られた物でも需要がなければ生産する意味もない。

さて現在、日本人が長年積み上げてきた染織の数々は需要が伴っているのだろうか。熟練職人の技を凝縮したような染織品の需要がないとしたら日本の染織はこの先次第に退歩してゆくのだろうか。

市場は安価なものを求めている。それは間違いない。それ故に織屋は安価な帯を織り、加賀友禅作家は柄の軽い訪問着を染める。しかし、それは消費者が本当に望んでいるものなのだろうか。日本の染織技術の逸品を望んではいないのだろうか。

もちろん手織りの帯は高価だし、手描きの逸品は高価である。所得水準の低下がきものの需要に陰を落としているとも言えるかもしれない。しかし、繰り返すが着物の価格は小売屋が決める。プリントを型染めと偽って高額で販売する例も聞こえてくる。機械織を手機と言って売っている例も聞く。着物は高いものだとは言われるが、正規のルートで常識的な価格設定であればそれほど高いものではない。

問題は、同じ商品であっても高安混在するきものの業界にあって、消費者が本当に良い商品を見分けられなくなっているからに他ならない。価格に惑わされて着物の価値判断が育たなくなっている。

捺染の小紋が30万円で売られる。一方で良心的な呉服屋は本型染、手描きの小紋を20万円で売る。これでは、消費者は何が良くて何が安いのか判断できなくなってしまう。消費者が本物を見分ける目を持ち、また呉服屋は正当な価格を設定するならば着物はそれ程高くはならないし、商品は淘汰され日本の染織も良い方向へとゆく思うのだが。

つづく

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その5)

最近、仕入れに行くと、帯の値段が安くなっているように感じる。帯を仕入れる場合、お客様の注文であったり、在庫の不足分であったりする。どちらにしても、「どのような帯」とはっきり意識して仕入れをしている。仕入れたい帯のイメージに合う帯を選ぶ為に織屋を指定することもある。

「〇〇織物の袋帯はありますか。」そういうと、

「はい、ありますよ。〇〇織物でしたらあの山です。」と言って問屋ではその織屋の帯を見せてくれる。

しかし、どの織屋の帯も昔イメージしていた物とは微妙に違ってきている。

「もう少し良い帯はないですか、〇〇織物でしたら昔△△が合ったでしょう。そんな帯ですよ。」私はもっと高級な帯をイメージして探すのだけれど、

「ああ、あれはもう織っていません。あの織屋は、今はそこにあるような帯が主流ですよ。」

目の前に積んである袋帯は、価格も安く高級感もない。かつては高級な帯が看板の織屋である。なぜそのようになってしまったのだろうか。問屋に聞くと、一言で言えば織屋はもうそんな力はないのだという。

第一に、昔売れていた織屋も今は生産が十分の一、あるいはそれ以下に落ちて高級品を創る力がなくなっている。消費者の求める安い帯など目先の商品を作るのが精一杯。回転の悪い価格の高い帯には手が回らない。高級な帯を織るには研究開発が必要である。研究開発と言えば大げさだが、帯のコストは織る手間だけではない。図案を起こし、色糸を決め、紋紙(今はプログラム)を起こす。糸を発注して機に掛けて織る。まだまだ細かい工程があるが大まかに言っても織る前に多くの手間を要する。しかし、今はその手間を捻出できない。従って、昔織っていた帯の紋紙を使い色糸を替えたりしてより安価な帯を織っているらしい。

第二に人手がなく新しい帯の開発ができない。西陣の織手の平均年齢は65歳を越えていると言う。今更新しい帯を織るのに挑戦するような若い力は少なくなっているらしい。

西陣の織屋は長い歴史を経て充分に蓄積された技術と創造力を持っているはずだが、安い売れやすい帯を無難に織ることを余儀なくされているようだ。

加賀友禅でも同じようなことが言える。加賀友禅を仕入れに行くと100枚以上の加賀友禅を見て仕入れる。しかし、昔のイメージの加賀友禅は少ない。なぜそうなのか。

一つの理由として、新進の作家が伝統的な加賀友禅の手法に拘らずに創作している。加賀友禅には、加賀五彩と呼ばれる加賀友禅独特の彩色。虫食いと呼ばれる加賀友禅ならではの柄があったけれども、最近はそれに捉われない彩色や柄付がなされている。それらは、時代の変遷ととらえることができるけれども、もう一つの大きな理由は、柄の重いものが少なくなっている。柄の少ない附下程度の加賀友禅が山積みされている。

「これらは主にナショナルチェーン向けです。」と問屋さんが言う。高額品が売れなくなり、「加賀友禅」という名前で売るために買いやすい価格の作品が多いのだろうと思う。