月別アーカイブ: 2016年1月

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その4)

最近、「きものは安くなりましたね。」と言う話をお客様から聞く。特に昔、親に着物を作ってもらった人が久しぶりに娘のために着物を仕立てる、というような人達からそのような話を聞く。「昔、自分が買ってもらった着物よりも安い」という感覚かもしれない。着物は安くなっているのだろうか、それとも昔は高かったのだろうか。

それを論ずるのは複雑で誤解を生じることも覚悟せねばならないが、私は確かに着物は安くなっていると思っている。きものの価格についてお話ししたように、小売価格は小売店が決める事なので、高い店と安い店では値段が数倍違う。消費者が複数の呉服屋で買い物したとすれば、それは実感できないかもしれない。しかし、きものの製造段階では、間違いなく安くなっていると思う。まじめに仕入れをして、当たり前のマージンで価格を決めているまともな呉服屋で買っていれば、昔と今では価格の違いが分るだろう。

しかし、全く同じものと言う意味では、特に手描の友禅や手織の帯では高くなっているかもしれない。高度な手仕事に対する手間賃は上がっているだろうし、希少性も増している。

きものが安くなっているというのには、次のような事情がある

まず、技術革新が進んだことである。手描友禅であれば、型糸目という技法ができて、今まで職人の手技に頼っていた糸目置を型で、いわば一発で入れることができるようになった。型を使えば同じものが大量に安価にできる。ただし、最近は需要が減り、同じものをたくさん生産することがなくなったので、型を造る手間が嵩み、手描き友禅よりも高くつくといった現象も出てきているらしい。

また型友禅に代わって捺染の技術も進歩してきた。さらに最近はインクジェットの技術も進歩して安価な振袖に用いられている。最近、非常に安いセット販売の振袖が売られているが、ほとんどはこのインクジェットで染めている。

全く同じ柄の着物を染める場合、手描きと型糸目では、間違いなく型糸目の方が安く出来る。ましてインクジェットであれば、遥かに安く染めることが可能である。

帯は機械織りが主流となり、コンピューターの進歩とともに、紋紙を使わずプログラムがそれに取って代わっている。昔はジャガードに使う織機では横糸一本につき1枚の紋紙を打たなければ成らなかった。紋紙はグラフ用紙に描かれた柄を見ながら、ピアノのような紋打ち機械を使って職人が一枚一枚造っていた。しかし、コンピューターに取って代わられ、その手間は要らなくなり、コストも大きく下がっている。

また、海外の生産もきものの価格を下げている。最近中国も賃金が上がり昔ほどではなくなってきたが、一頃信じられないような価格の帯が出回っていた。仕入れた帯に当たり前のマージンで値段を付けると、「これは偽物ですか」「これは化繊ですか」「何か分けあり商品ですか」ともいわれかねないような価格だった。更に作りすぎたのかバッタ商品が氾濫し、仕入れる価格が、あっちの問屋、こっちの問屋がばらばらで、安心して仕入れられなくなり、私の店でも中国の帯は仕入れないようにしている。

このように、技術の革新や流通事情によりきものの価格が下がっている、と云う面は否めない。

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その3)

誇りを持って物創りをしているのは染屋も同様だった。

京染の仕事は特化している。友禅染は、さまざまな工程を経て完成する。図案を起こす、下絵を青花の汁で描く、それに沿って糊を入れる(糸目)。色を挿す、糊で伏せる、地染をする、糊を落とす、蒸して色を定着させる、刺繡や金彩を施す、等など。多くの工程がその専門の職人によって行われている。

糸目を入れる工程を見せてもらったことがある。職人が正座した前の机には下絵が施された白生地がある。先に金口の付いた渋紙の袋に糊を入れて、糊を絞り出しながら糸目を置いてゆく。単純な作業にも見えるし、面白そうにも思える。しかし、糸目は、できるだけ細く、均質に、生地にしっかりと置かなければならない。訪問着一枚分の柄に糸目を置くのにどのくらい時間がかかるだろうか。そして、忍耐のいる仕事である。

たくさんの工程の中のたった一つの職人仕事にこれだけの技術と忍耐がいるのだから、友禅染ができるまでにはどれほどの手間と技術を要するのかがうかがい知れる。

ある時、お客様(小売店)から高級品の注文をいただいた。高級な染物を扱っている染屋に出向いて商品を見せてもらった。その染屋は良い染物を扱っているので有名だが、なかなか足を運ぶ機会がない。行儀のよい番頭さんに迎えられ、箪笥から一枚一枚訪問着を広げて見せてくれた。

ちょうど染屋の主人がいて顔を出してくれた。探している品物について話した後、私が山形の呉服屋の息子で修業に来ていることも話すと気さくにいろんな話をしてくれた。主人が番頭に支持して奥から私の要望にあった商品を持ってこさせた。しかし、出された商品は少なかった。主人は私の顔色を見たのか、「もっとあるやろ。隠さんともってきい。」しかし、番頭は「いや、今商品が少なくて。」と答えた。「なんや、あらへんのか、もっとあったやろ。」「いや、先日売れてしまいました。」

主人の見幕に私は申し訳なくなり、「いや、私の場合、必ず売れるかわかりませんので、あるもののなかから借りてゆきます。しかし、そんなに売れるのでしたらご繁盛ですね。」

そう言うと主人は、「品物があらへんと寂しゅうてしょうがあらへん。」その表情は本当に寂しそうだった。染屋の主人にとって、品物は商いの商品である前に、自分が創った作品であり我が子のような存在だったのだろう。

その染屋も既に店を閉めている。技術を持った職人が仕事がなくタクシードライバーをしているという話も聞く。信用情報には、昔私が出入りした染屋織屋、問屋の廃業の知らせが並んでいる。業者の廃業倒産は、その会社の経営上の問題とも言えるが、果たしてそこで技術を磨き、物創りをしていた人たちはいったい何処に行ってしまったのだろう。そして、その技術は受け継がれてゆくのだろうか。

つづく

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来(その2)

私が京都の問屋に勤めていた頃、三十数年前の話である。ニクソンショック、オイルショックを経て既に呉服業界は下り坂に入った頃である。「昔は良く売れた」と先輩社員から良く聞かされたものだが、それでも今よりは遥かに活気が合った。室町通はいつも荷降ろしする車でいっぱい。室町に用事があれば自転車で回っていた。

問屋の仕事は染屋織屋から商品を買って小売屋に降ろす事である。私は営業として小売店を回っていたが、小売屋から指定された商品がない時には染屋や織屋を訪ねて商品を探すこともあった。また私は修行の身だったので、務めて生産現場で知識を吸収しようと染屋織屋地方問屋をまわっていた。

西陣に行けば機の音が聞こえていた。残念ながら今はあまり聞かれない。西陣の老舗織屋を訪ねたときのことである。その織屋は主に洒落帯を創っていた。織屋の営業マンが店を案内してくれた。別棟の工場に行くと、そこでおばさん(近所のパートのおばさんだろう)

が一生懸命に細く切った箔を一本一本結んでいた。帯を織る為の長い箔の糸を作っていた。それを見て営業マンが誇らしげに説明してくれた。

「うちではこうして箔の糸を作って帯の織りに使っているんです。」

何十メートルも必要とする箔の糸をわずか2~30cmに切ったものを繋いで作るのは大変だろうと思った。箔の糸には結び目ができる。それを使って織るのも大変だろうし、織り上がりがどうなるのかも分からない。営業マンは更に誇らしげな顔で言った。

「この糸で織ってどんな帯ができるのか、それが良いのか悪いのか、それは消費者が判断しますが、うちではこうやって帯を織っています。」

その言葉には西陣の織屋としての誇りが感じられた。

その織屋の店は古い建物で、観光案内にも良く掲載されている。そのお店の二階には手織りの織機が数台並べられていた。当時は機械織が主流と成っていたが、手織りの帯は依然として織られていた。機を織っているのは学卒の女性の職人だった。機織にあこがれて大学を出てからずっと此処で織機に向かっているという。その時は無地の紬帯を織っていた。

無地の帯と言えば同じ横糸で最初から最後まで織る。織るのもそう難しくないと思えるかもしれない。しかし、その職人さんが機織の面白さを教えてくれた。経糸が上下する間を杼を使って横糸を左右に通してゆく。横糸を強く引くのか、緩く引くのかで帯の顔は変ってくる。杼を斜めに通すことでゆったりとした横糸が打ち込まれる。杼を通す角度を変えることによってその表情は微妙に違ってくる。無地の帯だけに、ちょっとした機の操作が帯の表情を変える。そしてその表情は帯に一様でなければならない。帯にアクセントを付けようと思えば、徐々に打ち込みを強く、あるいは徐々に弱くしなければならない。無地の帯とは言え、いや無地の帯だからこそ非常に神経を使う繊細な織り技が求められる。

女性の職人の織った帯を見れば、織屋の主人はその女性が妊娠したのが分かると言っていた。妊娠した女性は無意識にお腹をかばい、それが帯の表情に表れるという。

営業マンが織り上がった二本の無地の帯を持ってきて見せてくれた。一本は機械織り、もう一本はその職人が織った無地の帯である。それは一目瞭然だった。機械織りはとても綺麗に織られている。「綺麗」と言うのは「何の変哲もない」帯と言う意味である。手織りの帯は無地といえども帯に表情が感じられた。ここでまた営業マンは私に言った。

「どちらが良いのかは消費者が判断することです。」

つづく

Ⅳ ⅴ 日本の染織の将来

私は呉服屋である。呉服を商うのを生業としている。呉服とは着物、帯、その他着物に必要な小物などである。それらが売れなければ商売は成り立たない。飯の食い上げである。何とかそれらの商品を売ろうと毎日仕事をしている。

お客様に商品を買っていただく以上、お客様に満足いただくのが商売冥利である。

「この前作った着物を着て行ったら皆にほめられました。」

お客様からそういう言葉を聞くと、「呉服屋をやってて良かった」と思える。その為に、商品の仕入れには気を使っている。良い商品をいかに安く仕入れるか、それはお客様からは見えない呉服屋の大きな仕事である。何軒も問屋をまわり、何十枚も商品を見て、私の店で自信を持つて売れる商品を探す。

しかし、最近そういった商品が見つかりにくくなった。以前はどの問屋でも行けば必ず欲しい商品が見つかった。しかし、今は足を棒にして問屋をまわっても中々仕入れるべき商品が見つからない。何故そうなってしまったのか。

呉服業界は三十年前の十分の一にまで縮小している。出回る商品も十分の一になってしまったと考えるのが妥当である。そう言う意味では、市場に出回る商品が少なくなったから良い商品が少なくなってしまったとも考えられる。しかし、問屋も昔に比べれば減っている。十分の一に成っているかもしれない。商品が十分の一、問屋が十分の一であれば、一軒の問屋が扱う商品量は同じはずである。しかし、良い商品が見つからない。

呉服を扱う業者(あえて呉服屋とは言わない)の中には、商品はどうでもよいと考えている業者も多い。私の店だけではなく心ある呉服屋はお客様にできるだけ良い商品を提供したいと思っているはずである。何故良い商品が見つからないのか。それは呉服業を越えて日本の染織が将来どうなってしまうのかと言う不安を誘う。

着物は日本の伝統工芸品である。染織のみならず書画、陶芸、建築その他日本の文化は長い年月を掛けて今日に至っている。原初は稚拙な技術であったものが経験を積み重ね、今日の作品を生んでいる。

陶芸では、縄文土器、弥生土器から始まって今日の多彩な陶芸作品が作られている。染織も同じで、友禅の歴史も試行錯誤を重ねながら今日の着物を創っている。しかし、今日の呉服業界の在り様を見ていると、そういった今まで積み重ねてきた日本の染織が退歩、あるいは消滅してしまうのではないだろうかとも思うことがある。

今後、日本の染織はどうなるのか、どこへ行くのかを考えてみたい。また、日本の染織を守り発展させるにはどうしたらよいのかも合わせて考えたい。

ちょっと一休み「正月に思う」

あけましておめでとうございます。

いつも堅苦しい話をしていますので、今回は「ちょっと一休み」正月についての薀蓄を語ります。

今年も正月になりました。私は今年還暦を迎えます。早いもので、これまで60回正月を迎えたことになります。あっという間のことのように思えます。最近は一年がとても速く感じます。子供の頃は一週間さえも長く感じられましたが、最近は一月が瞬く間に過ぎてしまいます。時間の経過が速く感じられるのは、地球が高速回転し始めたわけではありません。歳をとるにつれて時間の経過が速く感じられるのだそうです。

人は時間の経過をそれまで生きてきた時間と比べるらしいのです。10歳の子供にとって1年は、それまで生きてきた時間の10分の1ですが、60歳の人にとっては60分の1にしか過ぎません。これから私の時間ももっと速くなるのでしょう。

さて、正月と言えば・・・・昔はもっと楽しかったように思えます。子供の頃、年末のクリスマスから正月にかけてはとても楽しみでしょうがなかったように思えます。子供にはクリスマスプレゼント、お年玉と言った物理的な楽しみもありましたが、そればかりではありません。大晦日の夜は遅くまで起きていられる特別な日でした。

そう、昔の正月は特別な日でした。一年の最初のハレの日として誰しも感じていました。一部の人を除いて皆が休日です。商売をしていた私の家では祖父、祖母、父母が一緒に休日を享受するのは正月だけでした。

正月はハレの日として着物を着る人も多く、仕事始めでは振袖を着るデパートの店員や銀行員にもお目にかかれました。なんとも待ち遠しい正月でした。

しかし、今はどうでしょうか。正月は只の休日になってしまったようです。正月が楽しかったのは私の子供心のなせる業だったのでしょうか。いや、そうではないでしょう。

昔は、年末年始といっても休みはそう長くはありませんでした。お役所は28日に仕事納め、そして4日に仕事始め。民間では年末ぎりぎりまで仕事をする会社も少なくはありませんでした。しかし、最近は8連休、10連休といった大型連休の会社もあり、正月を迎える頃にはもう休み疲れなのでしょうか、正月の緊張感はなくなってしまいます。

国民が厳粛に迎えてきた正月も、大手の流通業が正月営業を始めるに至り、その傾向は一気に広がっていった様に思えます。厳しい経済戦争を勝ち残る為とは言え、日本人の大切な処まで切り込んで失うものはないのでしょうか。

正月には振袖を着て歩く若い女性を見たいと思うのは私だけでしょうか。