月別アーカイブ: 2015年11月

Ⅳ ⅳ 寸法について

私は着物の寸法について危機感をもっている。具体的にどのような危機感かと言えば、一つは「このままでは着物は仕立てられなくなるのではないだろうか」、もう一つは「将来、着物の着易さや形が今までのものとはおよそ違ったものになるのではないだろうか」と言ったものである。

余りに漠然としてお分かりいただけないと思うので、数回に亘って詳しく述べようと思う。

今回は、着物仕立てに関する根本的な要因をお話し致します。

日本の着物は反物と呼ばれる巾3~40cmの布で仕立てられる。3~40cmと言ったのは、反物にも巾の広いものから狭いものまである。現在織られている縮緬の反物は1尺(鯨尺、約38cm)が主流だけれども、1尺5分(約40cm)、1尺1寸(約42cm)の反物も織られている。

昔の反物は巾が狭く、8寸5分(約32cm)の物も見たことがある。

反物の長さは鯨3丈(約12m)。3丈というのは単位で言えば30尺。1尺は約38cmなので3丈は11.4mになるが、普通絹物の一反は13m前後が多い。この辺の事情は、「続きもの春秋7.曲尺と鯨尺」に詳しく書いておいたので、そちらをお読みいただきたい。

この反物を使って着物は仕立てられる。仕立ては直線裁ちが原則で、洋服のように曲線に裁ったり、立体裁断ということはしない。

それともう一つ、洋服と大きく違うのは、着物は形が皆同じということである。夏物でも冬物でも形は同じである。フォーマルとカジュアル(訪問着とゆかた)も形は同じである。男物、女物ですら基本的に形は同じである。

細部まで見れば、男物には身八つ口はなく、おはしょりはしないので丈が違う。フォーマルは袖が長く、カジュアルは短いなどの違いはあるが、基本的には同じである。洋服のようにデザイナーが自由な造形を創る事はない。

洋服は、生地を自由に裁断する為に、広幅の生地が使われる。ヤール巾と呼ばれる巾約90cmのものやダブル巾と呼ばれる約140cm巾の生地である。

着物の反物巾を業界では「一巾(ひとはば)」と呼んでいるが、この反物巾がきものに自由な造形を与えなかった理由の一つでもある。

何故一巾(反物巾)が9寸から1尺程度なのか。それは、日本人の体形に深く係わっているように思える。

昭和の初め頃よりも今の反物の方が巾が広い。徐々に反物巾は広くなり、キングサイズと呼ばれる巾1尺1寸、1尺1寸5分の反物も織られている。これは、日本人の体形が大きくなっているせいである。

戦国時代の甲冑を見るととても小さい。当時の男子平均身長は160cm程度と言われている。着物はその頃から変っていない。当時の仕立て方が現代に生き、これからの世代に受け継がれようとしている。しかし、残念ながら着物はこの事から派生する仕立ての問題を抱えている。

「残念ながら」と言うのは、このまま守り続けたいが、どうなるのだろうかと言う不安を意味している。

これについて、次回から詳しく語ってみたい。

Ⅳ ⅲ 仕立士の後継者

「職人の後継者」「呉服屋の後継者」とくれば、もう一つ心配なのは「仕立士の後継者」である。

呉服屋は多くの場合、着物を仕立ててお客様に納める、いわば製造販売業者である。仕入れた反物をお客様に買っていただいて、それを仕立てる。稀に自分で仕立てる、あるいは知人に仕立ててもらうので反物だけ買って帰られるお客様もいるが多くは仕立を伴う。

仕立は仕立士が行う。仕立士は充分に和裁の経験を積んだ人である。昔は中学や高校を卒業した女性が仕立の師匠に付いて和裁を学び一人前の仕立士となっていた。師匠の元に徒弟制の如く沢山の弟子が付いていた。そういった仕立の師匠のところに反物を持ち込んで仕立をしてもらうこともあった。師匠自身が仕立てたり、充分に修行を積んだ生徒に仕立をさせる場合もあった。

どちらにしても着物の仕立、和裁は熟練を要する仕事である。

さて、その仕立士が将来どうなるのか、私は心配している。仕立士が減っている、と言っても今のところ私の店では困っていない。困っていないというのは、呉服の需要の減少に伴い仕事が減り、仕立士の減少と歩調を合わせているので困っていないという意味である。

しかし、それもここ十年位だろう。十年経って私の店の仕立がどうなるのか、考えれば夜も寝られない。

問題は若い仕立士がいない。私の店でお願いしている人達は皆60歳以上である。以前、30台の手の良い仕立士がいたが、遠くへ嫁に行ってしまった。仕立士がやめると、仲間を紹介してもらって補充しているが、若い人はいない。いないこともないのだろうが、昔のように根気良く修行をしたような人はなかなか見つからない。折角上手な人を見つけても、結婚でやめてしまったり、また昔ほど経済的な欲求がないために仕立をやめてしまう人もいる。

全国の呉服屋でもさしあたって仕立ができない、と言う声は聞こえてこない。仕立は個人で請け負っている人ばかりではなく、会社組織もあるし、近年は中国やベトナム等海外の仕立も多くなってきている。

私の店にも仕立の会社が営業に来て、海外仕立を勧めてくる。しかし、仕立会社や海外の仕立にはお願いしていない。

私は海外の仕立にはお目にかかったことはないが、扱っている人の話によると、

「そう悪くはありませんよ。国内の仕立と区別が付きません。」

と言った声が聞こえる。海外仕立ては中国で行われていたが、最近はベトナムが多いという。中国人もベトナム人も手先は良く効くという。着物の仕立をするのに充分な素地はあるかもしれない。良い仕立てができるかどうかは、指導の仕方や労働の質により、良いものもあれば、安かろう悪かろうの仕立てもあるのだろう。

どちらの国の人達も賃金を得るという意味では日本人よりも一生懸命に働き、技術を習得するかもしれない。

しかし、労働のその先にある着物、和装に対する想いというのはどんなものだろう。

和裁の仕立は非常に繊細な仕事である。私の店では四~五人の仕立士に専属でお願いしている。それぞれの仕立士の技には微妙な違いがある。得て不得手がある。コートの仕立が巧い人、単衣が得意な人、直しや仕立て替え等応用のきく人等など、それぞれがそれぞれの技を持っている。それを考えて仕事を割り当ててゆく。納めた商品に直しが必要だったりした場合は、それを仕立てた人に送って直してもらう。

しかし、仕立の会社に送った場合、まして海外で仕立てた場合はそういった対応ができない。顔の見える仕立士でなければ和裁の微妙な要求に応えられないのである。

お客様から漠然とした希望が寄せられた時、仕立士と面と向かって話をして対応を考えるときもある。それもこれも熟練の仕立士のなせる業である。

自国の文化である着物の仕立を誇りを持ってできる職人、そういった仕立士がどんどん減っている。果たしてこの先どうなるのだろうか。心配である。

Ⅳ ⅱ 呉服店の後継者(その2)

しかし、私は息子に呉服屋を継いでもらいたいとは思っていない。それは、呉服業界は急速に萎み、この先どうなるのか分からない。呉服屋は儲からないから。呉服屋は大変だから。そう言った理由からではない。

確かに呉服業界はこの先どうなるか分からない。商品の事、仕立の事、売上の事等々考えれば夜も眠れなくなる業界である。そういう意味では、そのような業界は他にも沢山あるだろう。いろんな人に聞いても、「うちの業界は本当に大変ですよ。この先やってゆけるかどうかわかりません。」そういった声が聞こえる。

山形の河北町はスリッパの産地である。かつてはメーカーが20社ほどあり、日本のスリッパの需要の大半を占めていたという。しかし、その数は次第に減り、現在は5社が残るのみである。

原因は中国から安い、所謂「すそもの」のスリッパが大量に入り、「すそもの」を作るメーカーは次々と姿を消していった。

中国の脅威というのも各業界を悩ませている一因である。しかし、河北町の残ったメーカーは、様々な工夫をして付加価値の高い商品を創って生き残っている。私の店でも頼まれて商品を置いているが、それを見たお客様は、中国製とは比べ物にならない創りの良さ、履き心地に惚れて、少々高価なスリッパでも買ってゆく。

どんな業界でもいつまでも安泰とは思っていないだろう。常に創意工夫をしながら企業は生き残ってゆくものである。

呉服業界も大変苦しい状態にはあるけれども、座して死を待つばかりではなく創意工夫をしながら商いをする方法もあるだろう。また、同じ死を待つにしても美しい死に方を模索することも出来る。私はどちらかと言えば後者かもしれない。

日本の伝統文化である着物をぎりぎりまで守り人に伝えること。それを心情として呉服屋を続けることに充分に意義を感じている。

しかしながら、現在のこの業界のあり方は、別の意味で将来に希望が持てない。

どんな業界であれ、いくら苦しい業界であっても模範的な店(あるいはメーカー)が存在する。活気があり、商売も巧く行っている(儲かっている)。今こんなご時勢で、何故あんなに繁盛するのか、と思えるような店である。

もしも、自分の息子に跡を継がせるのであれば、「がんばって、あの店のようになりなさい。」「あの店に負けないような商売をして欲しい」、そんな店の存在が希望を持たせてくれる。

そういった店(メーカー)は、消費者の支持を得て商品が売れる。日本中また世界中の人達が喜んでくれる商品を創る。商品管理が行き届いていて、故障車が少ない。他のどの店よりも安くて美味しい。等々、いわば消費者の為の商品を創り、商いが世の為になっている企業である。そんな企業には利益が後で付いてくる。まさに商売の手本である。

しかし、そういう店は呉服業界には見当たらない。沢山売っている店、利益を揚げている店はある。しかし、もしも息子が呉服屋を継ぐとすれば、「あのような店になりなさい」「あの店を手本にがんばりなさい」という店は見当たらない。むしろ、沢山売っている店、儲かっている店に限って、「あんなことはしてはいけないよ」「あういう商法は商いの風上にもおけないよ」、と諭さなければ成らない店ばかりである。

それは私と他の店との商売に対する考え方の違いかもしれない。「商売は儲けること」と割り切れば、「儲ける為には何をやっても良い」ということになるのだろう。

業界で現在行われている商法については既に述べた。業界全体のあり方が、「儲ければ良し」の風潮になってしまっている。そんな業界に息子を飛び込ませることに私は抵抗を感じている。

Ⅳ ⅱ 呉服店の後継者

いわゆる家業店の後継者についてはよく取りざたされる。呉服店だけでなく商店街の小売店の後継者問題は深刻なようだ。

私共の商店街にも「青年会」と言う若い人達の組織がある。商店街の二世経営者で組織して始められたものだが、最近メンバーが減っている。昔は小売店の息子達が十人以上いたけれども、最近は五人位である。それでは会が成り立たないということで、サラリーマン会員を募っている。それでも足りないというので、昔は40歳だった定年を45歳まで引き上げて会員の確保に走っている。

視察に訪れる他県の商店街の人達からも「後継者問題はどのように考えていますか。」と言った類の質問が寄せられる。

商店街や街工場の後継者問題は取りざたされるが、私はそれらはそれ程問題ではないと思っている。零細業者(私もだけれど)は、会社は自分の物と思っている。また、直系が継がなければならないものとも思っている。商店街では自分の店が是非とも必要だとも思い込んでいる。

しかし、小さい会社であろうとも、会社は公器であり、会社が健全であれば後継者は自ずから現れるものである。県外の視察者から質問を受けた時、私は次のように答えた。

「後継者問題というのはありません。商店街が健全で活気があれば、閉店する店があってもそこで誰かが商売を始めてくれるものです。問題は後継者ではなく、いかに商店街に活気を戻すかと言う事です。後継ぎの後継者がいたとしても、活気のない商店街であれば後を継ごうとは思わないでしょう。そんな商店街で後を継げと言われるのは酷な話です。」

後継者問題といわれるものの多くは、その人自身の問題である。

「代々続いてきた商売を自分の代で途絶えさせたくない。」と言う気持ちの現れなのだろう。

さて、私が問題にしている「呉服店の後継者問題」と言うのは、上記のような問題ではない。呉服屋といえども他の小売店と何も変ることはない。老舗の呉服屋が自分の代で店を閉めることに抵抗があるのも良くわかる。

しかし、それは時代の波であり、業界が急速に萎んでゆく中で、全ての呉服屋が息子に後を継がせること等出来ないことは容易に分かることである。

では、呉服屋の後継者の何が問題なのか。

私には息子が二人いる。二人とももう就職している。呉服業界とは全く違う業界である。二人とも自分で考え自分で選んだ道である。私は息子達に自分の職業を押し付ける気もないし、自分の生き方を押し付ける気もない。息子の人生は息子のものなのだから。

しかし、斯く言う私も「息子が継いでくれたら」と思うこともある。それは「呉服業を」と言うような具体的な願望ではなく、「店を継ぐために戻ってきてくれたら自分も女房もらくになるのにな。」という、打算的な願望である。

多くの家業店のオヤジは、少なからずそう思うことがあると思う。まして、活気のある商売、儲かっているお店であれば尚更の事。息子と一緒に仕事をして暮らしたいと思うのも人情である。

つづく

Ⅳ-ⅰ 職人の後継者不足(その3)

博多献上帯を例に採ったが、そのような例はいくらでもある。例えば浴衣地。今の浴衣地は捺染、プリントが主流である。昔ながらの型染や注染でも染められているが、量的には圧倒的に捺染、プリントが多い。捺染やプリントでは型染や注染の味は出せない。染を良く知る人であればプリントの出来は評価できない。

しかし、型染や注染ではどうしても若干の染めムラができる。軽微なものであれば、それが型染や注染の特徴であり、味でもあるのだが、プリントを見慣れた人達にはそれが難と映ってしまう。

注染の浴衣地のわずかな泣き(型の折り返しで生ずるムラ)を難物として返品してくる例が後を絶たないという。

染織職人が今後生き残り育ってくれるのかは、それを評価する人達に掛かっている。コンピューターの仕事をありがたがり、手仕事の妙を難物としか評価しないのでは職人の生きる道はない。

今の世の中で、染織にしろ陶芸にしろ本物に接する機会はなくなっている。多彩に染められたプリントの浴衣を好む若者は、染織の妙が分からないのではなく、知らないといってよい。昔に比べれば、経済的には遥かに裕になっているのだが、文化的には退歩しているように思えるのは残念である。

さて、何が悪いかにが悪いと言ったところで問題は解決しない。これからも職人が育ってくれること、牽いては伝統的な染織技術が後世に受け継がれるにはどうしたらよいのだろう。

それには消費者が理解してくれることが前提となる。消費者に一番近いのは小売屋である。着物を商う小売屋である呉服屋が消費者に対して染織の正しい知識を伝えるべきだと思う。

商売は利益を目的とする。その為には売れる商品を揃えなければならないし、価格的にも消費者が受け入れられるものでなければ売れない。商品を選ぶのは消費者であり、安いものを選ぶのも消費者の判断である。呉服屋がすばらしい染織品を消費者に奨めたとて消費者に買ってもらえなければ商売にはならない。

しかし、消費者が好むもの、売れる物を追求してきた故に、安価な商品が市場を席巻し職人達の居場所を奪ってきたように思える。

呉服屋は無理に職人が創った物を消費者に押し付ける必要はまるでない。ただ、消費者には染織品を扱うプロとして正しい知識を消費者に伝える必要があるのではないだろうか。まして、捺染の染物を「手描きです。」とか、ただの型染のきものを「人間国宝の作品です。」などと消費者に説明するのは言語道断である。

消費者には、高価であれば何故高いのか、安価であれば何故安いのかをきちんと説明して販売することが寛容である。そして、次第に消費者の理解が得られれば消費者の好みも職人技の妙を洗濯するようになり、商売としても為に成るのではないかと思う。