月別アーカイブ: 2015年10月

Ⅳ-ⅰ 職人の後継者不足(その2)

織や染の仕事にあこがれる若者はいるし、その仕事の深遠さを考えればそういった人たちが増えることも考えられる。しかし、染織に携わる職人たちに与えられている現在の環境は劣悪と言ってもよい。

厳しい修行を重ねて良い染織品を創り、果たしてどれだけ社会が評価してくれるのだろうか。その辺りにこの問題の鍵がある。

博多織の代表的な織物である博多献上帯を例にとって見よう。

博多献上帯はきものが好きな人は誰でも知っている。経畝織と呼ばれる織物で、独鈷柄と花皿柄を縦に配した帯である。数社で織られているが、どれも柄は同じ伝統的な献上柄である。縦柄の本数によって「鬼献」「三献」「五献」と呼ばれる。色は基本的には地色と浮き糸の二色である。問屋さんに注文する場合は、「白赤の三献」とか「黒白の五献」などと言えば商品は大体特定できる。

機械で織られるものは価格は上代で五万円前後。(ただし、まともなルートでまともな商売での話である。これ以上高い場合は、その呉服屋のマージン率が高いか、余計な経費が上乗せされていると思うのが妥当である。)糸の種類によってはもっと安価なものもあるが、通常の一級品であればその程度である。(糸の種類については「フォトトピックス11,12」参照)

博多献上帯は昔からの柄を昔からの織り方で織られている。柄は同じで創作の入る余地はない。変わったのは機械で織るようになったことである。機械で織る技術がなかった昔は手機で織っていた。

今流通している博多献上帯は機械織だけれど、私の母が手織りの博多献上帯を持っていた。柔らかく、とても締めやすいという。私の母は毎日着物を着ているので帯の締めやすさはすぐに分かる。機械織と手織の違いはすぐ分かるのである。

以前、博多織の求評会に行ったとき、博多織の機屋さんに聞いたことがあった。

「今、博多献上帯の手織りはあるのですか。」

答えは、「否」だった。創作的な博多帯はあるが、伝統的な献上帯は手織りでは織っていないと言う。理由は、手織りは高価になること、そして、緻密な縦畝織では難が目立つ(出やすい)ということだった。機械織の博多献上は見ていただいて分かるように、表面は非常に緻密に細かく織られている。杼の飛ばし方、筬の打ち込み方等、手作業の微妙なズレが表面の出来に響いてしまう。

手造りの良さ、手作業の技はそのような微妙なズレが創り出す物なのだけれども、素人目には機械織の均一な出来の方が良く見えてしまう。そして、若干の難があれば、それは難物として評価されてしまうのである。

機械で織れば五万円程度の博多献上帯を手織りでつくれば、いくらになるか分からないが、20万円や30万円はするだろう。そして、手作業の技を難と見られては仕事にならない。

手織りの本来の締めやすさよりも、見た目で判断されてしまう。職人の技術を正しく受け止めてもらえず、自然と博多献上帯の手織りは敬遠されている。

染織職人の技を正しく評価されなくなってしまったことも職人の後継者不足の原因である。

Ⅳ-ⅰ 職人の後継者不足

きものの売上現象に伴って、着物地や帯地の生産が急速に減少している。

工業製品の生産が減少すれば、生産設備は休止し、それに携わる労働者は余剰となるのが常である。反物や帯の生産数は昭和40年代に比べると十分の一、物によっては百分の一に減少したものすらある。

一頃(20年位前)「友禅職人は仕事がなく、タクシーの運転手をしている。」というような話を聞いたものだった。ご他聞にもれず、きものの生産現場でも労働力が現場からはじき出される現象が起きていた。

しかし、最近はまた別の現象が起きている。

西陣の織屋さんと話をすると奇妙な返事が返ってくる。

「最近、景気はどうですか。」と尋ねると、

「いやー、人手が足りなくてこまっていますよ。」と言う。

さぞ景気がよいのかと思うとそうではない。機を織る人が年々減っているという。現在、帯地を織っている人の平均年齢は65歳を越えている。高齢の人は次々とやめて行く。若い後継者がいないので、平均年齢は年を追う毎に高くなってゆく。

何故平均年齢が高いのかと言えば、若い人が入らない。その原因は賃金の低さにある。織職人の給料は十五万円くらいだと言う。職能に対する給料なので年功と共に賃上げされることもない。若い人が夢を持って従事できるレベルではない。年金を貰っている経験者が、小遣い稼ぎでできるレベルである。

「タクシー運転手になった」若い職人を引き戻そうにも、賃金が見合わず、又長い間手仕事の現場から離れた職人の技術も戻ってこないのである。

と言うわけで、きものの生産現場では、人手不足、後継者不足が起こっている。

このような人手不足は単に生産数量の減少を招くだけではなく、その質にも影響してきている。

最近、老舗の織屋でも目を見張るような商品は目立って少なくなった。織屋さんの話では、今までの物を織らせるのが精一杯で、新しい織りの商品や高度な技術を要する織物にはとても手がまわらないと言う。

そこには、織り手の高齢化と高度な技術に目を向けてくれなくなった市場が背景にある。

機織や染色自体は夢のある仕事である。

私が京都にいた三十年前、西陣の老舗織屋で帯地を織っていた女性がいた。彼女は私よりも五つほど年嵩で、機織に魅せられ、機に向かってこつこつと帯を織っていた。

「杼を真っ直ぐに強く通して筬を打つと帯はこんな顔を見せるの。杼を斜めに通して筬をやさしく打つとこんな風合いが出るの。杼を通す角度や筬を打つ力加減で同じ帯でもまるで違った帯になるの。」

彼女は目を輝かせながらそう言っていたのが思い出される。

米沢で機を織っている若い女性が、「もっと本格的に織を勉強したい。」と尋ねてきたことがあった。西陣や琉球などを紹介してくれないか、ということだった。

西陣の織屋はどこも厳しく、新規採用してくれるところはあるかどうかわからない。賃金もどれだけ貰えるのかわからないと説明したが、是非にと言うので、帯の織屋を紹介した。

織屋の主人は、会うだけ会って帰そうと思ったが、余りの熱意に絆されてそのまま採用してもらった。

沖縄で紅型を染めている若い女性が尋ねてきたことがあった。自分の作品を見て欲しいと言う。作品を数反持ってきて見せてくれた。一生懸命に染めたことは良く分かる作品だったが、仕入れるには至らなかった。

彼女らは皆、機織が好き、紅型染が好きでたまらない。他にもっと良い収入の道があることは分かっているが、今の仕事に打ち込みたいと思っている。それほど機織や染色の仕事は夢のある仕事なのである。

つづく

Ⅳ きものを取り巻く問題

呉服業界は、ここ30年で業界規模(売上)が約十分の一に減ってしまった。2兆円と言われていたきもの市場が、今2千億円程度と言われている。業界の人間としては甚だ残念でもあるし不甲斐ないとも思える。

何故ここまできもの業界がしぼんでしまったのかと言えば、様々な問題があるだろう。

業界が生き抜く際の問題点はいくつもある。

また、業界云々ではなくてきものその物、視点を換えれば着物を着る人の立場からの問題も数多くある。

着物を着る人にとって見れば、きもの業界が萎んでしまおうとも、着物を着るのに不都合がなければ良いはずだ。三軒の呉服屋を掛け持ちしていたのが、一軒になろうとも、また出入りの呉服屋が一軒もなくなったとしても他の呉服屋で着物を買えばよいのだが、そういった問題とは別に、着物を着る事自体に様々な問題が出てきている。

私は呉服屋として、業界の問題から着物そのものの問題、その他着物に係わる多くの問題に直面している。

店の売上だけを考えている店にとっては、呉服の売上が減れば、宝石や毛皮、果ては健康器具や健康食品を売るといったことをして店を維持しているケースもある。また、呉服の商売が行き詰まり、商売をやめて他の生業に移る店もある。店が自分の土地であれば、店を閉めて不動産業に徹するなどである。

きものをめぐる問題に面と向かわず、巧くかわしながら生き抜く術もまた賢い生き方である。しかし、次々に起こる着物を取り巻く問題を正面から捉えず、かわしてきてしまった故に今日の呉服業界の姿になってしまったように思える。

斯く言う私も、着物の問題を解決する術などあろうはずもないが、少なくとも真正面からそれらの問題を考えたいと思っている。

問題を解決するには、まずどんな問題があるのか、その問題は何故起こったのかを知らなければならない。呉服業界の問題を一つ一つ一緒に考え、何とか着物を守っていただきたいと思っている。

次回から、思いついたきものの問題について述べようと思う。思いつき順なので、全体としては一貫性のないものになるかもしれないが御了承いただきたい。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その9)

きもののしきたりは日本のしきたりにリンクしている。いや、日本のしきたりそのものであるべきだ。

その観点から考えると、巷でささやかれている着物のしきたりは、なんと浅薄であろうか。

偏狭な決まりで語りつくせるほど日本の文化は単純ではない。きもののTPOの早見表で表せる程きもののしきたりは単純ではない。何が本当のきものの常識、しきたりなのかもう一度広い視野に立って考え直すべきと思う。

「本当のきもののしきたりとは」と言う表題で話を進めてきたが、具体的な結論を期待しておられた方は拍子抜けしたかもしれない。しかし、きものは日本の文化であり、日本の文化、常識とは何なのかを良く考えていただきたいのである。

きもののしきたりを云々して他人の装いを否定するなど日本人の常識に合致するだろうか。

どうしてもきもののしきたり、常識を成文化しなければならないとするならば、私は次の一言だと思う。

「他人に不快感を与えないきものを着る事」

着物には決して型にはまった規則はない。しかし同時に、独りよがりの着物を着てはならない。誰しもが快く受け取ってくれる着物を着て、それでいて自分の趣味、センスが生きるきものを着る。それこそが着物を着る楽しみでもある。

この章「本当のきもののしきたりとは」はこれで終わります。このコラムは『ゆうきくんの言いたい放題』なので、また思いついたら「きもののしきたり」について書くかもしれません。

次回からは、これから呉服業界、きものを取り巻く環境の問題について考えます。