月別アーカイブ: 2015年9月

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その8)

きもののしきたりは日本のしきたりであり、日本の常識、文化にリンクしている。きもののしきたりが日本の常識を逸脱することはない。もし逸脱していたとするならば、それはきもののしきたりとは言えないだろう。

私は日本の文化が大好きである。そう思う日本人は多いだろう。そして、世界中の多くの人達は自分の国や民族の文化を誇りに思っているだろう。

日本の文化といっても一言で言い表すことはできない。その一つに謙譲の美徳というものがある。相手を立てて自分がへりくだるのが謙譲である。「愚息」「愚妻」いずれもおかしな言葉である。自分の息子を「愚かな息子」自分の妻を「愚かな妻」と呼ぶのはどうしてだろうか。これらは、自分の妻や息子を卑下する為ではなく、相手を持ち上げる為の言葉である。

日本人は常に相手を気遣い、相手と良好な関係を保とうとする。これが日本文化の原点である。それは、島国と言う狭い閉じた空間の中でより良く生きる為の知恵なのかもしれない。

謙譲とは相手に対して謙ることだけれども、その相手は謙った相手に対して居丈高になってはいけない。それは日本のしきたりに反する。

「これは私の愚息です。」という言葉に対して、「なるほどお宅の息子さんは馬鹿息子ですね。」などと言う人はいない。謙譲に対して謙譲で応えるのが日本の常識である。

この謙譲の受け答えは、ただ言葉の上だけでのやりとりのように思えるが、実は更に深い文化を日本人は創り出している。

山形で有名になった外国人タレントの講演で、その奥さんとの次のようなエピソードを話していた。

夫婦で出かけて帰りが遅くなり、奥さんに「遅くなったから○○でも食べて帰ろうか。」と言うと、奥さんは「う~ん。」と言って要領を得ない。「それじゃあ△△を食べて帰ろうか。」と言っても「う~・・・ん。」とはっきりしない。外で食べる気が無いのだろうと思って家に帰って適当に食事をすると、奥さんに怒られたという。「本当は○○を食べて帰りたかった。」と言う。

奥さんの「う~ん。」という言葉を単純に否定と捉えたのである。しかし、奥さんは、本当は自分が家に帰って食事を作らないといけないと言う思いもあり、遠慮もあって「う~ん。」と言う言葉になったのである。

その講演のオチは「日本語ってむずかしいですね。」だった。

日本人の言葉は単純であっても、その奥にあるのは複雑な日本の心のやり取りなのである。

きものの世界では「平服」という言葉がある。「平服でお出でください」というのは、「普段着で着てください。」の意味ではない。(『きもの春秋14.平服について』参照)日本の会話は、その言葉の裏を読まなければならないのである。

私はお茶を習ってはいないが、若い頃、経験にと友人に誘われてお茶の稽古を体験したことがある。謝礼を払うべきかどうか分からなかったので師匠に聞くと、「どうぞお気になさらないで。」という返答だった。

言葉通りに受け取れば「謝礼はいりませんよ。」ということになる。後で友人に聞くと、「気を使わないでください。」と言うのは、何もしなくて良いという意味ではない。「もしも、気を使ってくださるのなら、こちらでも相応の気を使わせていただきます。」の意だという。

その場で私が何もしなければ(気を使わなければ)、その師匠と私の関係はそれまでである。もしも、私が気を使って対応すれば・・・・・その結果が得られるのである。

そういった習慣のない外国人から見れば、まだるっこしい、あるいは日本の不思議な習慣・常識に見えるかもしれない。しかし、それを実践することは人と人のつながりを更に強いものにするのである。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その7)

しきたりや常識は、誰が創って来たものでもない。日本のしきたりや常識は日本人が長い年月を掛けて積み重ねてきたもので、様々なしきたりは麻縄の如く日本の文化に一体となって絡み付いているものである。それは複雑で、とても言葉に表していいきれるようなものではないことはお分かりいただけたと思う。

とても複雑なしきたりを理解しきれずに、または単純化して捉えようとしてクダラナイしきたり論争が生じていることは否めない。

そのしきたり論争に混乱を生じさせているもう一つの原因は業界にある。

業界が、いわば勝手にしきたりを喧伝して消費者に吹き込み、混乱を生じさせている。

ここ数十年呉服業界は下り坂だった。生産量、販売額ともに転げ落ちるように減少してきた。その中にあって、業界では、それまでに無かった商品を次々に開発し、販売額の減少に歯止めを掛けようとしてきた。その努力は必要だし、大変な労苦を伴ったと思う。しかし、それが結果的に業界というよりも着物の文化を混乱させる原因となってきた。

いくつかの例を挙げると、「紬の訪問着(絵羽)」「結城紬の留袖」「大人の振袖」「ゆかたの比翼」等々。いずれも、それまでには無かった需要を掘り起こそうと創られた商品である。

紬の訪問着については何度も書いてきたが、「いつ着たらよいですか」の声が絶えない。消費者は紬の訪問着をいつ着たら良いのか分からない。メーカーや売り手は「結婚式でも着れます」とか「普段でも着れます」とか説明するけれども、その根拠がはっきりしない。というよりも根拠等ない。私には、ただ売らんが為の説明にしか聞こえない。

紬の訪問着を創ることは悪いことではない。しかし、それはいかなる場で着るべきか決めるのはメーカーでもなく、呉服の問屋でもない、まして呉服屋が決めるなどおこがましい。

日本人が日本の文化と向き合いながら決めてゆくことである。それぞれが勝手にしきたりを決め付けてしまうことに問題がある。

ある業界の本に、着物の専門家と称する人が記事を載せていた。現代は着物を着る機会も少なく、着る人も少なくなった。だから着物を着ることそのものが晴れであるから、小紋であろうと紬であろうと晴れの場に着ても構わない、と言う趣旨だった。

長い年月を掛けて創り上げてきたきものの文化、しきたりを個人が勝手に変えられるものと思っているのだろうか。私はその記事をみてあきれ果てるのを通り越して憤りさえ覚えていた。

確かに着物を着る人は減少し、着物の生産数自体も激減している。しかし、着物は日本の文化であり、いくら縮小して標本のようになったとしても、そこには晴れの着物、普段着のきものがあり、慶事の着物、弔辞のきものが厳然として存在し、またそれを守るのが我々の務めではないだろうか。

メーカーや問屋、呉服屋をはじめ着物の専門家と称する人達がありもしない着物のしきたりを吹聴コントロールすることによって益々きもののしきたり論争は混乱の渦に巻き込まれることだろう。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その6)

焼肉屋の主人に次男がほめられた後、我が家ではしばらくその話題が続いた。長男が次男をからかったせいもあるが、作法についての話題が食卓にのぼり、子供達も礼儀作法についていくらか関心を持ったようだった。

その中で私は子供達に次のようなことを言った。

「礼儀作法を知るのは大切だけれども、礼儀作法は他人にひけらかすものではなく、もしも他人が作法を知らないのをばかにしたりすれば、その人は一番礼儀作法を知らない人なんだよ。」

手袋をはずして缶ジュースを受け取った子供が、他の子が手袋のまま缶ジュースを受け取ったのを見て、「お前は礼儀知らずだな。」と言ったとすれば、その子は最も礼儀を知らない人間なのである。

礼儀作法は何のためにあるのか。それは、きもののしきたりと同じく、他人とのコミュニケーションを良くするためである。自分の礼儀作法をひけらかし、他人を卑下するものはそれに最も遠い人間といえる。

きもののしきたりに当てはめて考えてみよう。

きもののしきたりは日本の文化に絡みついた一筋の道である。日々着物を着て、着物に触れる生活をしていれば、自ずからきもののしきたりは身についてくるはずである。紬ばかり着ている人が、友禅の訪問着を見れば、誰に聞かなくてもそれは普段着ではないと思えるだろう。

日本人が日常きものを着なくなってしまったことがきもののしきたりを難解にしていることは否めない。今、きもののしきたりを経験で体得してゆくのは至難の技かもしれないが、きもののしきたりとはそういうものであることを覚えておかなくてはならない。

きもののしきたりは、複雑で感覚的なもので、早見表などでとても表されるものではない。その事を忘れ、自分が聞いたしきたりだけが本当のしきたりであると思い込むことに問題がある。

さらに、自分の思い込んだ偏狭なしきたりを是として、それに違う人に対して卑下するような態度はしきたり、作法、常識の論外といえる。まさに子供が手袋のまま缶ジュースを受け取ったのを見て「お前は礼儀知らずだなぁ」というようなものである。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その5)

「本当のきもののしきたりとは」と言う表題で話を進めているが、「きもののしきたりは○○である。」という言葉が出てこないことに歯がゆさを覚える人も多いと思う。しかし、きもののしきたり、常識というものは一言で言い表せるような成文化できないものと私は思っている。

次に書くのは、私の親バカ話である。

私の息子が小さい頃、家族で焼肉を食べに行ったことがあった。私には息子が二人いる。長男は中学生、次男は小学生の頃だったと思う。

煙の充満するような焼肉屋でカルビやロースを食べて勘定をしていた時のことである。焼肉屋の女将さんが息子達に缶ジュースをくれた。サービスのつもりだったのだろう。冬の寒い時期で、息子達はコートを着て手袋を付けていた。

缶ジュースが差し出された次男は、手袋をはずしてジュースをもらった。それを見ていた主人が、「おっ、手袋はずしたね。」と言った。そして、「今時、手袋をはずしてもらう子は余りいないよ。」とほめてくれた。

手袋をはずして缶ジュースを受け取った息子を私は少し誇らしく思ったが、さて、息子は何故手袋を脱いで缶ジュースをもらったのだろう。

「人から物をもらう時には手袋を脱いで受け取りなさい。」などとは私も女房も言い聞かせたことはない。それでも息子は礼儀にかなった振る舞いをしたのである。

思うに日本の礼儀作法(他の国の礼儀作法も同じだけれども)は一本の筋が通っている。礼儀作法の一つ一つはまるで違ったもののように思えるけれども、実は皆繋がっている。

私の息子は親のすることを見ている。私が格別礼儀正しいわけではないけれども、少なくとも商売をしている。私をはじめ店の人間がお客様にどのように振舞っているかを息子は見ている。

いらっしゃったお客様に「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と言って頭を下げる。お客様との商品の受け渡し、お金の受け渡し、またお茶の出し方など様々な日本の作法を目で見て焼きついていただろう。

「いらっしゃいませ」と言うことやお金の受け渡しは、手袋をはずすことと直接は関係がないようだけれども、実は一本の筋で繋がっている。日本の礼儀作法を十分に知る者は、いままで出会ったことのない場であっても礼儀に即した振る舞いをするだろう。

それらの礼儀作法は成文化されたものではない。いや、その場その場に合わせて振舞う作法は、複雑すぎて成文化するなどとてもできないものだろう。

きもののしきたり作法もこれと同じである。結婚式では何故○○を着るのか。葬式ではなぜ××を着てはならないのか。など、それらには一本の筋が通っている。しかし、それを成文化しようとすれば無理が生じ、作法は作法でなくなってしまう。

きもののしきたり、作法は誰が決めたものでもないし、誰が決めるものでもない、長年築き挙げた日本の文化に絡みついた一筋が自ずと我々に提示してくれるものなのである。