月別アーカイブ: 2015年8月

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その4)

次に、季節のTPO、季節の着物を考えてみよう。

日本の着物は季節に敏感である。古来、日本では季節により着るきものを替えてきた。「六月は単衣、七、八月は薄物、九月は単衣で十月からは袷」と言われている。その通り着物を着ることが本当の着物のしきたりなのだろうか。

言葉通り受け止めれば、「7月1日午前零時をもつて単衣を薄物にかえる」「9月一日午前零時をもつて薄物を単衣にかえる。」「10月1日午前零時をもつて薄物を単衣にかえる」というのが正しい着物のしきたりである。

一年中着物を着ている人の身に成ってみよう。

五月にはいくら暑くても袷を着なくては成らない。五月にも、うだるような暑さを経験している人は多いだろう。六月には冷たい雨が降る日もある。九月の天気も微妙である。

暑かろうが寒かろうが着物は決められたものしか着てはいけないのだろうか。しきたり?に従って着物を着たばかりに「暑い思い」「寒い思い」をした人は多いと思う。

季節はずれの思いがけない気温に出会った時、人はどうするのか。多くの人は洋服に逃げるだろう。

「暑くて袷など着ていられないから洋服にするわ。」という会話はよく聞く。しかし、着物で一年中通す人はどうするのだろう。洋服のなかった昔はどうしたのだろう。

着物は日本の衣装として洋服その他の衣装の力を借りずとも一年中快適に暮らせるはずである。だとすれば、上述したきもののしきたりはどこかおかしい。「暑いのをがまんして」「寒いのをがまんして」というしきたりはないはずである。

季節の着物を着る意味は、見る者に季節感を感じさせる。それは「他人に不快感を与えない」という原則に則り、相手とのコミュニケーションをよりスムーズにするものである。

6月に袷を着た人の、「いやー、今年の梅雨は寒いですね。肌寒くで私はまだ袷を着ていますよ。」という言葉はどのように受け止められるだろう。「6月に袷を着る非常識な奴だ」と思われるだろうか。それとも「なるほど今年の梅雨は寒いな。」と共感を得られるだろうか。

ロドリゲス・ツヅの著述のところで記したように、日本では儀式においては季節感をことのほか重視していたようである。しかし、それは生理的な暑さ寒さには踏み込まない工夫をしていたように思われる。

しきたりにそぐわない?暑さ寒さというのは天候の不順によるものばかりではない。南北に長い日本列島では天候や気温は地域によって大きく違う。五月の北海道と京都では気温がどれだけ違うだろう。沖縄と東北はどれだけ違うだろう。保温、発汗という意味で、日本全国の人が同じ着物を着るのには無理がある。

しかし、日本全国地域によって季節による着物が異なるという話は聞いたことがない。平均的な気温の地域を標準とした場合、それより大きくはずれる地域の人達は我慢しなさい、ということか。そんなはずはない。

着物の季節感を共有しながら「袷の時季は何が何でも袷」「薄物の時季は何が何でも薄物」という枠を越えて、見る者、コミュニケーションの相手に季節を感じさせる工夫こそきもののしきたりに必要なものではないだろうか。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その3)

きもののしきたりの本質は、早見表を知ることでもなく、画一的な着物を着ることでもない。守るべきことは、その場の人達に不快感を与えない着物を着ることにある。その着物とは、大方早見表に沿ってはいるし、着付け教室や呉服屋が指南する着物とほぼ一致するといってよい。しかしそれらはしきたりの本質に完全に一致していないことを知らない人間が多い。

きものを着る場、シチュエーションは同じ場であってもその性格は微妙に異なる。結婚式であれば荘厳な結婚式から、ごくカジュアルな結婚式まである。葬式でも身内だけで行うものもあれば社葬などもある。同窓会といってもお世話になった先生方をお呼びしてホテルなどで行う同窓会から飲み会のような同窓会まである。それぞれの催す性格によって着てゆく着物は変ってくる。

「○○の場では××を着る。」と言う早見表の「○○」の部分がまず変数となる。「○○」がはっきりと定まっていなければ「××を着る。」という命題は成立しないはずなのだが、それを鵜呑みにしている人達が多い。

また、「××を着る。」というのは、以前お話したように地域、地方、家によってそのしきたりは微妙に異なる。加えて前述したように「××」の定義が定まっていない。

従ってそれらを無理やり一つの命題に押し込めるのは無理がある。

帰するところ、きものしきたりは何かといえば「他人に不快感を与えないきもの」を着ることである。

それはそう難しいことではないのだけれども、問題を複雑にしているのはきものを着る人達の意識である。次のような場面を考えてみよう。

結婚披露宴に招かれた人達が着物で出席する。その人達はそれぞれに自分が結婚披露宴に相応しいと思う着物姿で出席する。ある人は昔から着てきたものを着る。ある人は着付け教室で教えてもらった着物を着てゆく。またある人は着物早見表を見て着て行く。

集まった人達の着てきた着物と言えば、訪問着であったり、色留袖、付下げ、また色無地一つ紋付であったりする。さて、それらの内誰が正解で誰がしきたり違反だろうか。

私は全て正解、しきたりに合致していると思う。しかし、こういう場で引き起こされるのは、他人の着物に対する批評合戦である。

「ここでは色留袖はおかしい。」「色無地じゃちょっと失礼じゃない。」「あの人付下げ着ているけど名古屋帯じゃおかしいんじゃない。」などと批評しあうのである。

これこそが「きもののしきたり違反」の最たるものである。自分の知識に照らし合わせて他人を批評しようとする。それは「他人に不快感を与える」行為なのである。

訪問着を着た人と色無地を着た人、それぞれが「他人に不快感を与えない」礼儀として、「立派なお着物でお出でいただき新郎新婦もお喜びでしょう。」「わざわざ着物でお越しいただきましてありがとうございます。」そういった会話が何故出てこないのだろうか。

着物を着る意味は他人とのコミュニケーションをより良くするためである。着物を着たばかりにコミュニケーションが悪くなるとすればそれは着物を着る意味がない。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは(その2)

何時どんな着物を着るべきか、それには一元的な回答はない。この問題に迷っている人は常に一元的な解答を期待している。

きものTPO早見表なるものも出回っている。それを見れば何時何を着れば良いかが即座に分かるという。しかし、これこそきもののしきたりに混乱を与えている。

「結婚披露宴に出席する時は何を着るか」早見表を見ればその回答が書いてある。訪問着や色留袖、付下げ、色無地など、個々の早見表によって内容が異なっているのも問題だが、果たしてその通りに着物を選べば正しいのだろうか。

「結婚披露宴」と言っても一元的ではない。最近は特にその傾向が強い。古式ゆかしい披露宴から、仲人のいないレストランでの披露宴。居酒屋での披露宴もある。それらの披露宴にはそれに相応しい衣装で臨まなくてはならない。

また披露宴におけるその人の立場もある。速見表に「紋が付いていれば色無地でも可」と書いてあったとしよう。その言葉通り色無地で披露宴に出席するのは良いが、主賓であった場合はどうだろう。主賓としてスピーチをする立場であれば色無地と言うわけにはいかないと思うがどうだろうか。

結婚披露宴だけではなく、慶事弔辞あらゆる場合において、その場その場のシチュエーション、自分の立場で着るものを考えなくてはならない。

以前、きもの春秋に書いたけれども、私は結婚披露宴に浴衣で出席したことがある。友人の息子さんの結婚披露宴だったが、それは私の本意ではなく友人(新郎の父親)のたっての頼みだった。我々の属する会の会服となっている浴衣を着て来て欲しいということで仲間数人と共に浴衣での出席となった。

浴衣で結構披露宴はどんな指南書を見てもご法度であろう。しかし、出席者は事情をよく飲み込み、披露宴は盛り上がった。

「他人に不快感を与えない着物を着る」という原則に当てはめれば、その場で着るべき着物は見えてくる。むしろ巷でしきたりを一元的に決めようとする論争がそれを阻んでいる。

早見表の功罪はまだある。着物用語の定義の曖昧さである。着物の用語は非常に曖昧に使われる。「付下げ」と言う着物の形式は統一されているだろうか。「袋帯」「名古屋帯」はどれも同じだろうか。

「付下げ」を着ていったつもりが、「それは付下げではありませんよ。」といわれる可能性は十分にある。「袋帯」と言っても様々な袋帯がある。「留袖には袋帯」と言う言葉に従い紬の袋帯を締めたらどうなるだろうか。「名古屋帯」にはフォーマル物から洒落物もある。更に名古屋帯には染帯、織帯がある。

早見表に挙げられる着物や帯の種類は特定されているとは言えない。着物を十分に分かっている人であれば、「その場合は名古屋帯と言ってもフォーマル物を指している」と察することはできるが、初心者が早見表に頼ろうとすればそれもおぼつかない。

きもののしきたりは、早見表等一元的に言い表せるものではないことを覚えておかなくてはならない。

Ⅲ-ⅲ 本当のきもののしきたりとは

日本の着物では、格付け(晴れ着、普段着)と季節によるTPOがあると先に書いた。まず、格付けについて考えてみよう。

人は他人とコミュニケーションをとるのに何故「着る物」を選ばなければならないのか。

結婚式場にTシャツ、サンダル姿で出席したらどうだろうか。葬式に赤いワンピースで参列したらどうだろうか。ほとんどの人は違和感を感じるに違いない。具体的なことは別にして、そこには守らなければならないしきたりが存する事は否めない。

結婚式に出席する際の着る物に求められるのは何だろうか。葬式に参列する人に求められるのは何だろうか。結婚式に出席する人であれば、結婚する二人に対する祝福の意、葬式であれば故人に対する弔意が他人に感じられなくては成らない。

それば着る物だけではなく、表情や振る舞い、また具体的な物によっても著される。着る物はそれらと同じ出席する人の心を代弁するものでなくては成らない。

では、何が(どんな着物が)その場の意を代弁するものなのか。それは、日本の着物であれば日本人が長い間かかって築いてきたものである。具体的な着物の種類以前に形而上的な決まり、しきたりと言うものが日本人の中には脈々と受け継がれ育っている。着物の形式が変れども、その真髄は同じ物である。そして、その真髄に合致する着物を着ることこそが日本の着物のTPOであると私は信じて疑わない。

その真髄とは何か。それは誤解を恐れずに言えば「他人に不快感を与えない」事であろう。

結婚式で皆が新郎新婦を祝福しようとするときに、それに反する着物を着ている人がいたとしたならばどうであろうか。葬式で弔意を表す着る物(一般には黒)を着た人の中に赤いワンピースを着た人がいたらどうだろう。

「着る物」は着る人の意を代弁するものであり、それに相応しい着る物を着ることこそがTPOである。

では、「他人に不快感を与えない」着物とは何を指すのだろう。これを説明するにはは単純な着物の指南を超えた日本の文化にも言及していかなければならない。

「他人に不快感を与えない」と言うことは、不快感を与える人と与えられる人がいる。すなわち着物を着る人とそれを取り巻く人である。通常この二者は分けられるものではなく、着る人イコール取り巻く人でもある場合が多い。お互いがお互い着物を着ているからである。

きもののマナーは、ひとり何の着物を着れば良いのかという単純なものではない。着物を着る人とそれを受け入れる人とのコミュニケーションが巧く行くことが大切である。それを理解しないことには、巷で交わされているような論争が繰り返されるのであろう。

つづく