月別アーカイブ: 2015年6月

Ⅲ-ⅰ 常識・しきたりとは何か(その6)

さて、実際に市民は季節に対してどのように衣類を着ていたのだろうか。

上述した例は、サムライの例である。つまり身分の高い男性のしきたりである。女性も高位の人達、殿中の人達や奥女中などは凝りに凝った季節の衣装を身に着けていただろう。しかし、一般の庶民はどうだったろうか。

江戸時代、一般の庶民も季節を感じ、季節を楽しんでいただろうことは想像に難くない。庶民の間でも単衣→袷→綿入れといったサイクルがあっただろう。

「今月は衣替えだな。単衣を出しておいてくれ。」と言うような会話が長屋から聞こえてきたかもしれない。しかし、庶民が普段着として着物を着る場合、厳格に着替え、そして他人の衣装を批評したりしただろうか。

単衣の時季でも季節はずれに寒い日は、「おい、今日は寒くて堪らんな。もう仕舞っちまっただろうけど袷を出してくれよ。寒くって風邪ひいてしまう。」と言った会話も聞かれたのではなかろうか。

日本人は身分の高い人から庶民まで季節感を大切にしていたことは間違いない。その為に衣替えの時季を決めて、それに従って着物を換えていた。皆大方それに従っていたとは言うものの、それを厳格に守っていたのは言わば儀式などの公式の場であり、公式の場であっても最低守るべきものは上に着るものであり、無理に上から下まで着ていたとは限らないのではないだろうか。

現代巷で言われている着物のしきたりは、季節によって厳格に衣替えしなくてはならないかのように言う向きがある。しかし、身を守る衣装として着物を考える時、余りにも不自然ではないだろうか。「暑いので中に着る着物は単衣に」「寒いので襦袢を袷に」と言ったことは季節に対する十分すぎるほどの配慮である。

「5月は袷の時季だから袷を着なくてはならないが、袷では暑くてたまらないから洋服にしよう。」

そういう会話がでるとしたら、洋服は合理的で和服は非合理的であることを示している。和服はそれほど非合理的なのだろうか。それほど非合理的な衣装を我々日本人は古来身に纏ってきたのだろうか。

現代の着物のしきたりは本来あるべきしきたりとはかけ離れてきているように思える。

つづく

次回は、「きもののしきたりは誰が決めるのか」

Ⅲ-ⅰ 常識・しきたりとは何か(その5)

古来日本人は、着物と季節をどのように受けとめてきたのだろうか。

古来とは言っても、縄文時代や奈良時代は言うに及ばず、平安時代や室町時代も現代の着物とはかけ離れていただろうから、現代の着物の原型と言えば江戸時代であろう。その意味で、江戸時代の人達がどのように季節を感じていたのかが現代のきもののしきたりを知る上では重要だろう。

江戸の直前、戦国時代に日本に渡って来たイエズス会士ロドリゲス・ツヅがその著書「日本教会史」に、当時の日本の風習を事細かに書いている。

私は日本の文化を知る上で、外国人の書き残した資料はとても重要だと思っている。彼らは始めて見聞きする日本の文化風習を驚きの目を持って事細かに観察し、客観的な目で見たことを書いている。

同じイエズス会士であるフランシスコ・ザビエルやルイス・フロイス。シーボルト、明治時代のイギリスの旅行家イザベラバードが、またイギリスの写真家ハーバート・ポンティングが見事なまでに当時の日本の様子を我々に書き残してくれている。

中には、現代日本人が忘れ去っていること、己の文化を誤解していることなどを解き明かしてくれている。

さて、話はそれてしまったが、ロドリゲス・ツヅは日本人の衣更えについて次のように書いている。

日本人およびシナ人の間における主な訪問は、一年の四季、すなわち春夏秋冬に、それぞれの時季の一定の変わり目において行われ、季節と習慣に従い、その季節にあった別の衣類に着更える。それは、それぞれの季節における自然の気候に応じて、単衣を多くしたり少なくしたりするのである。

身分の高い人か同輩の者かを訪問する場合は、常にその季節に用いられる衣類を着てゆくのが、たとえ他の衣類の上に着るにしても、よい身だしなみであり、礼儀にかなうとされる。これを下に着ては使い途が誤っている。

夏季、それは日本人の間では、六月(陽暦)にあたる第五の月(陰暦)の五日(端午)に始まって、第八の月の最後の日、すなわち九月までの四ヶ月間であるが、その間は単衣すなわち帷子catambiraを着る。秋の初めに当る第九の月の最初の日から、同じ月の八日まで、袷avaxeと呼ばれる裏地をつけただけの衣類を着る。そして、第九の月の九日(重陽)から、次の新年の第三の月の最後の日まで、すなわち十月から三月までの、秋の一部と冬全部と二月の五日(立春)に始まる春の一部とを含めた間は、詰め物をした衣類を用いる。第四の月の一日から、六月にあたる第五の月の五日 - この日に単衣を着始める - までは再び袷avaxeすなわち裏地をつけただけの衣類を着る。そしてこれらの儀式はきわめて正確に守られる。
(ジョアン・ロドリゲス著 日本教会史 岩波書店より)

この文章からは次の事が読み取れる。

① 日本人は季節によって衣装を正確に更える。
② 着物の種類は三つあり、単衣、袷、詰め物をした衣類(綿入)。

これらは十分にうなづける。①は現代のきもののしきたり(と言われるもの)に通じている。②は現代とは違い、薄物がなく代わりに詰め物をした衣類が入る。現代の薄物が単衣にあたり、単衣は袷、袷は詰め物をした衣類にあたる。

しかし、私は冒頭の文章に注目している。

身分の高い人か同輩の者かを訪問する場合は、常にその季節に用いられる衣類を着てゆくのが、たとえ他の衣類の上に着るにしても、よい身だしなみであり、礼儀にかなうとされる。これを下に着ては使い途が誤っている。』とはどういう意味だろうか。

ロドリゲス・ツヅは、当時の身だしなみとして、その季節の衣類を他の季節の衣類の上に着る場合があると言っている。

つまり、単衣の時季に袷の着物の上に単衣の羽織を羽織る、または袷の時季に単衣の着物の上に袷の羽織を羽織る場合があったと言うことだろう。

私は次のように解釈する。

日本では暦に従って正確に着る物を変える。しかし、暑い日もあり寒い日もある。そうした場合、公式の場(身分の高い人か同輩の者かを訪問する場合)では上に着る物だけをその季節に用いられる着物を着れば礼儀に反しない。そして、その反対は礼儀に反する。

当時の人間は、季節の衣類を厳格に守る一方、暑いときには涼しく、寒い日には暖かく着る術を身に付けていたのではないだろうか。そしてそれは公式の場に限っていたのではないだろうか。

思うに暑い日に暑い衣類を着、寒い日に寒々とした衣類を着る人達が世界中にいるだろうか。昨今の着物姿を見るに、袷の時季だからといって汗だくになっているご婦人はさぞ着物を着ることに嫌悪感を抱くだろうと心配になるのである。

つづく

Ⅲ-ⅰ 常識・しきたりとは何か(その4)

さて、もう一つのきもののしきたりである「季節のしきたり」はどうだろうか。

日本の着物は季節に敏感である。南国で一年中アロハシャツと言うのとは違い、季節によって微妙に着るものが変る。

季節により袷、単衣、薄物と変り、柄も季節によって選んでいる。何故日本の着物は季節に敏感なのか。そしてそれは何がそうさせたのか。

それは、四季がはっきりしているという日本の気候が係わっていることは否めない。そして、日本人はその季節の移り変わりを生活に取り込み、生活をより豊かにしてきたという背景がある。

衣装のみならず、食べ物、住まいでも同じである。旬の物を口にして季節を感じ、季節に応じて簾をしつらえたり炬燵を掘って季節に合った住まいに変える。日本人と季節は切っても切れないものがある。

季節のTPOは其処から生まれてきたものである。決してTPOが先にあったわけではない。

さて、季節のTPOは、袷→単衣→薄物(夏物)→単衣→袷のサイクルで変るのはご承知の通りである。そして、その時期は、袷が10月から5月、単衣が6月と9月、薄物が7月8月と言われている。

袷から単衣に変れば、「いよいよ春本番」と言う感じがし、薄物になれば「夏だなぁー」と感じる。袷になれば、「だんだん寒くなるな。」と思える。人の装いを見て季節を感じるのも日本の着物の良さかも知れない。

しかし、教科書通りのTPOは困惑をもたらすこともある。

地球温暖化のせいばかりではないけれども、春夏秋冬気温は連続的に変化するとは限らない。夏は暑く冬は寒いことは誰でも知っているけれども、4月でも30度を超える日もある。6月でも冷たい雨が降る日には20度を下回ることもある。冬だからと言って寒い日ばかりが続くわけではないし、夏は暑い日ばかりとは限らない。

どちらかと言えば地球温暖化のせいか平均気温は上がっているように思える。

5月の暑い日に袷の時期だからと言って汗を流しながら袷の着物を着ている人を良く見かける。聞いてみると、「まだ袷の時期ですから。」と言う答えが返ってくる。

着物のTPOのサイクルに従うのは大変だな、と言う気もしてくる。

この季節のTPOは着物のしきたりなのだろうか。そうだとしたら何時頃からそう決まったのだろうか。それは『古くから決まって行われるやりかた。ならわし。慣例』なのだろうか。

着物の歴史を紐解いてみる。確かに日本には衣替えの風習があり、季節ごとに着る物を変えていた。

日本の伝統を色濃く残す京都の舞妓さんは、年に4回衣替えをする。袷、単衣、薄物に含み綿という要素を取り入れて季節をより細かく表現している。

ふくみ綿と言えば、綿入れという着物がある。綿入れと言うと綿を入れた半天、綿入半天を想像するかもしれないが、昔は長着にも綿を入れていた。お客様に古い着物を見せてもらったら綿入れの振袖があった。北日本ならではかも知れないが、暖房の完全でなかった昔は綿入れで寒さから身を守ったのだろう。

そうすると昔は、袷、単衣、薄物の他に綿入れもTPOのサイクルに入っていたかもしれない。

季節によって着るものを変える、と言う大前提は昔からあったにしても、綿入れの例を見れば分かるように時代と共に微妙に変化してきたようにも思える。

つづく

Ⅲ-ⅰ 常識・しきたりとは何か(その3)

例を挙げればきりがないのでここまでにするが、着物のTPOは、いわばコロコロ変ってきたといえる。それは数十年単位ではあるが、『古くから決まって』いるものとは言えない。

時代と共変遷してきた、ということは悪いことではない。しかし、それは誰が決めたのだろうかという疑問は残るのではないだろうか。

時間軸に沿ってしきたりは変っている事実と共に、もう一つ空間の広がりによるしきたりの違いと言うものも考えなければならない。何かアインシュタインの論文のようになってきたが、そんな難しいことではない。地方により地域よりしきたりは異なるということである。

日本国内を見渡せば、地方によってしきたりは異なる。着物のTPOに限らずあらゆる儀式を考えていただければ分かると思う。結婚式、葬式など地方によって異なることは経験していることだと思う。

昔のように隣近所から嫁をもらう時代とは異なり、東北の人が四国や九州の人と結婚することも珍しいことではない。その地方地方で大切に守ってきたしきたりは違って当たり前かもしれない。その地方の気候、風土、歴史があるのだから。

さて、着物に限ってみても様々なしきたりが存する。

きもの春秋でも再三書いてきたけれども、山形のある地方では葬式の時に、孫娘は振袖で参列する。巷のTPOでは考えられないことかもしれない。

何故葬式で振袖を着るのか。祖父や祖母を孫娘はできるだけ美しい姿で送ることが故人への供養となるのだろうと私は考えていた。しかし、ある方の話によると、葬式で独身女性が振袖を着るのは「この家にはこのようなきれいな娘が居ます」と言うアピールの為だったという。コミュニケーションの少ない昔は、葬式は娘を披露する場でもあり、孫娘の行く末を心配する祖父母への供養でもあったという。

そのようなしきたりは筋が通っているし、聞かされれば誰しもうなずけることと思う。

しかし、このようなしきたりは山形でも珍しく、小さな地域に点在している。山形と言う狭い地域の中でも様々なしきたりが存在するのである。まして、日本全国では思いもよらないしきたりがあっても不思議でない。

地方や地域と言うコミュニケーションの単位ごとにしきたりは存在すると言えるが、もっと小さな家という単位でもそれぞれのしきたりは存在する。

「結婚式の時には黒留袖を誰まで着るのか」と言う話を聞く。

黒留袖は既婚の親族女性の正装だけれども、それでは誰が着るのか。母親は当然、祖母、兄弟も着る。それでは叔母は、となると意見が分かれるようだ。最近は母親しか着ない場合もある。そのルールはその家その家で決まっているように思える。

山形の商家で身内の結婚式では色無地しか着ない家がある。質素を旨としているのだろう。それはその家に長く伝わる尊重すべきしきたりである。

きもののTPOは時と共に、また地域により違っていると解釈するのが妥当ではないだろうか。

つづく