月別アーカイブ: 2015年1月

Ⅱ-ⅳ 展示会

展示会という商法は昭和30年代中頃に始まったと思う。私の記憶の限界がそこまでなので、あるいはもう少し前から行われていたかもしれない。

その頃私は小学生だった。学校から帰る途中、お店に寄ることもあり、「お店とはこんなところ」という意識があった。

それまで私の店では、展示会などせずに店頭での販売が中心だった。しかし、その頃から展示会が行われる様になった。

最初、展示会は店内で行われていた。展示会になると大工さん(今でいう内装屋、貸し物屋かもしれない)が入って、土間に畳を並べたり、奥の間も開いて毛氈を引いて衣桁や撞木を並べていた。問屋さんが商品を持ち込んで商品を並べていた。

子供心に非日常的な空間に喜び、土間に敷かれた畳の上を転がって遊んでいたのを覚えている。

展示会が始まったのはどんな動機からだろう。

昭和30年代になると高度成長期に入り、消費者の購買意欲が高まっていた。呉服もよく売れたという。お客様の「日頃の店頭よりももっとたくさんの商品を見たい」という欲求に応えるためだったのだろう。問屋さんもまた、売る機会を喚起するために協力してくれた。五~六軒の問屋さんが段ボール箱数個持ち寄って、店は着物や帯に埋め尽くされていた。

当時の展示会は、店頭販売の延長線上にあった。

「展示会では豊富な商品から選んで頂けます。いつもはお目にかけられない商品もございます。」と言った意味があったのだろう。それに惹かれてお客様もたくさん来店していた。

どんな商品がどれだけ売れたのかは分からないが、ひっきりなしにお客様は来店していた。

その後、展示会はお店を離れて別会場で行われるようになっていった。

店よりもずっと広い、〇〇会館の会議室を借りて沢山の商品が運び込まれて多くの問屋さんが手伝いに来ていた。

展示会は「秋物新作・・・」と称して夏に行われていた。クーラーのない時代である。問屋さんは夜展示会場に泊まっていたが、とても暑く寝苦しかったようだが着物は良く売れたので、そのような事を厭うことはなかった。

夏休みの期間だったので私も姉も子供ながら手伝った。会場に氷柱を建て、お絞りを冷やしてお客様に提供するの役目だった。

「暑いのでどうぞ。」

と言ってお客様に冷たいお絞りを渡すととても喜んでくれた。中には、「あら、汚い手で触られないように手を拭くの・・。」と言うお客様もいて、子供心に複雑な心境だった。

当時はこのような展示会だったが、次第に展示会も変っていった。

いつの頃からか、展示会でお客様に食事を出すようになっていた。最初は弁当程度のものだったが、次第に高級になっていった。会場もホテルや料亭を使うこともあった。

しかし、その頃の展示会もそこで行われる接待も過度といえるものでもなく、経済成長、生活程度の向上に伴っていったものだった。

展示会に招く客も、いわゆる「お得意様」で、展示会における接待も、いつものひいきに対するお礼の範囲を越える物ではなかった。

しかし、昭和50年代中ごろから「展示会」の性質は急速に変って行った。

つづく

Ⅱ-ⅲ 訪問販売

訪問販売という言葉は何時ごろからあるのだろう。言葉は無くても商売の一形態として遥か昔から行われている。

前述した御用聞きや行商、私の祖父が行っていた地主への販売もこれにあたる。呉服のかつぎ屋と呼ばれる商売も訪問販売であった。また、「越中富山の薬売り」は制度化された訪問販売で全国を股に掛けていた。

それらはれっきとした商売として長年行われてきたが、ここ2~30年の間に「訪問販売」と言う言葉のニュアンスに変化が起こっている。

訪問販売法(現・特定商取引法)という法律が昭和51年に制定されたことがそれを如実に語っている。この法律は後に改正され、訪問販売のみならず通信販売、電話勧誘販売、連鎖販売取引(マルチ商法)、語学教室やエステなどの特定継続的役務提供、業務提供誘引販売取引(内職商法)などを含めて特定商取引法となった。

これらの法律は、列記された商法が社会的に害を及ぼすことを抑止する為に制定された法律である。残念ながら呉服の訪問販売が、その抑止すべき対象となった商法の重要な位置を締めていたことは間違いない。

法律改正後、クレジット会社の呉服店に対する締め付けが厳しくなり、事実上着物の販売にクレジットが使えなくなった(オリコ加盟店基本契約第13条禁止事項・5条

等)事は、いかに呉服の訪問販売が社会的に害を及ぼしていたかの証左である。

訪問販売法(特定商取引法)で社会的な弊害として規制されているのは、商品価値や市場価格に比べて異常に高い価格、誇大広告、不適切な勧誘行為、執拗な勧誘を抑止するもので、これらはどの訪問販売の業種にも共通している。

度々訪問して執拗な勧誘によって物を売る、と言うのは商売の本筋ではない。一人暮らしの老人宅に度々訪問し、次々と商品を売る所謂「次々販売」はもはや犯罪の部類に入る。それらの業者は異業種間で連絡を取り合いながら、カモになる老人宅をマークしていたりすると言う。

訪問販売は、他の客とは切り離して客を囲い込むことができるので、一人暮らしの老人は格好の標的にされているのだろう。

現代の訪問販売はグレーゾーンが余りにも大きく、「訪問販売」と言う言葉に嫌悪感を抱く人も多くなっていると思う。

詐欺紛いの訪問販売は論外としても、訪問販売には呉服業界ならではの弊害もある。

特定の客に訪問販売を繰り返すうちに囲い込みを行って情報を遮断してしまう。自分は良心的な呉服屋を装い価格や商品の情報を操作してしまうのである。

以前、店のウィンドウを見ていた高齢のご婦人が入ってきて次のようなことを言った。

「表に小千谷が飾ってありますけど、小千谷ってまだあるんですか。」

そのご婦人は、出入りしている呉服屋から、「小千谷は今は作っていない。」「あるとすると20万円位する。」と聞かされていたという。小千谷縮は今でも十分に織られているし、価格は4~5万円程度である。

その他着物について話をすると、そのご婦人は浦島太郎のようであった。

そのご婦人は訪問してくる呉服屋に囲い込まれて商品の情報や価格の相場等、情報を遮断されているだろうことは手に取るように分かった。

呉服の訪問販売を受ける人の中には、「呉服は高いもの」「業者が持って来る商品だけが手に入る商品」と思い込まされている人も多いと思う。

訪問販売はもともと決して悪い商法ではない。店に出向いて行けない人にとっては大変ありがたい商法でもある。

呉服が売れなくなり、店に買いに来てくれるお客も減り、「積極的にお客様を訪問し、売上を確保する。」のは良いけれども、それがエスカレートしてグレーゾーンからブラックゾーンに足を踏み入れてはならない。

しかし、訪問販売は第三者の目が届きにくく、ブラックゾーンへ入りやすい商法である。

消費者は、訪問販売を受けたときには、自分は囲い込まれてはいないのか、情報を遮断されてはいないのか、他の呉服屋での価格は、など十分な情報と向き合いながら対応することが必要である。

Ⅱ-ⅱ 店頭販売 (その2)

私の店では「店頭販売」をしている。お客様から依頼があれば商品を持って訪問販売をすることもある。しかし、それはお客様の依頼があってはじめて訪問するのである。

店頭販売に拘るのは理由がある。

まず、必要があってお出でいただいたお客様には、より多くの商品を見てもらい納得する商品を買っていただく為である。より多くの商品、と言うのは単に数の話ではない。

「付け下げを・・・・。」とお出でになってお客様と話をするうちに、実はそのお客様が欲しいのは訪問着であった、と言う事もあるし、また色無地で事が足りる場合もある。最近は着物が一般的でなくなりお客様の知識が希薄な場合も多い。お客様の話を良く聞き、どんな着物がそのお客様に奨めたらよいのか判断しなければならないケースも多い。店頭であれば、お客様のどのような急な要望にもお応え出来る。

しかし、昨今の呉服店では消費者が店頭販売に嫌悪感を持っているようにも思える。

「呉服屋さんは敷居が高くて入れない」

という言葉を良く聞く。決して敷居は高くはないのだけれども何故そう言われるのだろう。

高価な商品を扱っている、と言う面はある。しかし、いくら高価な商品であっても消費者は商品を見定めて買うはずである。高価な着物を訪問販売で持参してきた数点の商品から選ぶと言うのは不合理である。

しかしながら、消費者は展示会や訪問販売などで着物を購入する事がが多い。これらについては後に別項で詳しく述べるけれども、これらは大変問題が多い。

店頭での購買は、前述したとおり消費者が自分で選んだ店で、自分の目で商品、価格を確認して、他店の商品とも比較できる。消費者にとっては文字通り王道であるはずなのだが、何故敷居が高いといって展示会や訪問販売で着物を購入してしまうのだろうか。

ひとつの問題として、呉服店の店頭が健全ではなくなっているせいがある。

「呉服屋に入ると高価な着物を買わせられそうで」

という言葉も聞こえてくる。

「買わせられる」とはどういうことだろう。着物を買うのは消費者である。買う買わないの主導権は消費者にある(はずである)。その消費者が「買わせられる」のであれば、その店頭は明らかに狂っている。そのような店は全てではないにしても、多くの消費者が「買わせられる」あるいは「買わせられそうになる」経験を持っているのだろう。

もっと具体的に次のような話も聞いたことがある。

「何気なく呉服店に入ったんだけど、店員に囲まれて思わぬ買い物をしてしまった。」

次々に商品見せられて、試着までさせられる。「買えない」と言えば「ローンがあります」と迫られる。そして、いつの間にか高価な着物を買って(買わされて)しまった。」

着物を買うつもりでもなく呉服店に入ったところが、高価な着物を買わされる。それを業界の一部の人は、「商売の上手な呉服屋」と褒め称えるかもしれない。はたしてそうだろうか。

買い物の主導権は消費者にある。それを捻じ曲げる店頭は狂っているとしか言いようがない。呉服店は商売の原点に立ち戻るべきである。

私が若い頃パリでの話である。初めての海外旅行、一人旅だったので余りきれいな身なりをしていなかった。パリの中心部であるメゾンに入った。かばん屋だった。少し太ったオバサンが店番をしていたが、私がカバンを見ていると近づいて来た。フランス語で何か話してきたが私はフランス語は分からない。すると人差し指を自分の目に当てながら何か言ってきた。

「あなたは見るだけですか。」

と言っているようだったので、私は

「Yes,I am just looking.」

と言うと、納得して離れていった。

また、オペラ通り近くの紳士服店にスーツを買おうと入った時、オーナーと思われる年配の男性がいたが、話しかけてくる様子もなかった。

私が、スーツをオーダーしたいと告げると、その男性はあれこれとスーツを持ってきて奨めてくれた。わざわざ店の奥からもスーツを出してくれたが私はどれも気に入らず、「店頭に飾ってあるスーツが良い」と伝えた。

その男性はちょっと渋い顔をした。店頭のディスプレイに手を掛けるのがいやだったのかもしれない。それでも店頭のスーツをはずして試着させてくれた。

私が、「これがいい」と言うと、ウエストと丈を計ってくれて「あさってにはできる」と言ってくれた。私はそのスーツが気に入って擦り切れるまで着ていた。

上記、パリの二軒のメゾンの対応は店頭売りの王道ではなかろうか。もちろん日本の感覚とは違うので、日本人の私には違和感もあったけれども、来店されたお客様の要望を十分に尊重しているのである。

私は来店されたお客様にはできるだけ自由に商品を見てもらうことにしている。何かを探しているようなお客様には、

「何かおさがしですか?」

と声を掛けるようにしている。最近は、突然着物を着ることになり、小物や着付け用品を買いに来る客も多いけれども、中には自分で探している商品が分からない客もいる。

「何かおさがしですか?」

と言う問いに、

「はい、着物を着る時に使うゴムでできた、クリップのようなものが付いている道具。」

見たことも無く名前もわからない商品を探している。

「はい、コーリンベルトですね。コーリンベルトはこちらにございます。」

そう言って商品をお勧めすることもある。

お客様が、

「何かおさがしですか?」

の問いに、

「いえ、きれいなお店なので入ってきたんです。見るだけでも良いですか。」

と言う方には。

「ええ、どうぞごゆっくりご覧ください。」

と応えることにしている。

お客様が自分の欲しい商品を自由に見ることのできる店内。お客様が困った様子を見せればすぐに対応できる接客。何でもお客様の相談に対応できる店員。これらが店頭販売には必要であり、それを越えてはならない。

商品を買う買わないの主導権は自分にあると言う事を消費者には自覚して欲しい。そして、それに反するような接客であれば、その店はおかしいと判断すべきだと思う。

呉服業界を正常な姿に戻す為にも消費者の店頭販売に対する適切な判断と対応をお願いしたいところである。